自覚症状|川村耳鼻咽喉科クリニック

副鼻腔炎に対する内視鏡下副鼻腔手術(ESS)の短期入院手術成績

これは平成14年〜15年に私が行った副鼻腔炎に対する短期入院手術の成績です。副鼻腔炎は症状が安定するまで術後数ヶ月を要するため、術後1年以上経過し、CTにて術前後に評価し得た30例を対象としました。一般的に手術成績の評価方法としては患者さんの自覚症状がどの程度良くなったかをアンケートで評価し(図1・表1)、客観的にはCTなどで各副鼻腔の改善度を検討します(図2・表2)。

副鼻腔炎に対する短期入院手術の成績

A: 自覚症状の変化(図1・表1)
自覚症状の変化では症状がなくなったものを「消失」、すごく良くなったものを「著明」として両者を合わせたものを有効率としました。(まあまあ良くなったものを「改善」として3者を合わせた改善率で評価する方法もありますが厳しめの基準を採用しました。改善率、有効率の結果は表1を参照して下さい。)結果を症状別に見ると鼻閉(鼻づまり)が90%、頭痛が97%、嗅覚障害が81%と良好な成績でした。一方、鼻汁や後鼻漏はそれぞれ66%、76%とやや低めの有効率でした。その原因としては30例中の7例が喘息(アスピリン喘息含む)合併例、9例がアレルギー性鼻炎合併例であり5割以上に好酸球性炎症の関与が存在したことが一因と考えられます。

自覚症状の変化

「特殊な副鼻腔炎」で説明したように好酸球性副鼻腔炎は難治性、易再発性ですが、それでも術後1年で66〜76%の有効率は決して悪い成績ではないと思います。この図で注目していただきたいのは生活支障度です。近年よくQOL(quality of life)と表現されますが患者さんの苦痛度が端的に反映される項目であり、これが90%と高率であったことは1〜2泊の短期入院手術でも十分に根治性の高い手術が行えることを示しています。以前に1週間の入院で行っていた頃の成績と比較しても遜色のない結果でした。

他覚所見の変化

B:他覚所見の変化(図2・表2)
手術成績を客観的に評価するにはCT上の粘膜病変の変化を手術の前後で比較します。すなわち、手術前の各副鼻腔の病変を正常の「0」から高度病変の「3」まで4段階に分類し、術後に病変が消失したものを「消失」、2段階良くなったものを「著明」として両者を合わせたものを有効率としました。
(1段階良くなったものを「改善」として3者を合わせた改善率で評価する方法もありますが厳しめの基準を採用しました。改善率、有効率の結果は表2を参照して下さい。)

他覚所見の変化

患者さんの満足度
手術を受けられた患者さんにはアンケートの最後に満足度を答えていただいています。これは、単に手術の効果のみではなく、手術前後の治療、医師の説明、看護などを総括したものですが、今回ご協力いただいた30名の平均は96%でした。

患者様の声 BACK

サイトマップ