副鼻腔とは、鼻の周辺にある空洞のことです。ここに鼻水に含まれる雑菌が入りこみ炎症を起こすと、副鼻腔炎という病気になります。副鼻腔炎は決して珍しい病気ではありません。黄色がかった粘度の高い鼻水が大量に出るのが特徴で、性別にかかわらずすべての年代に発症します。しかし、カビ菌が原因で炎症が発生する副鼻腔真菌症になると、最悪の場合は骨が溶けたり破壊されたりするのです。

今回は、副鼻腔真菌症の症状や原因・治療方法などをご紹介しましょう。

  1. 副鼻腔真菌症の基礎知識
  2. 副鼻腔真菌症の治療方法
  3. 副鼻腔真菌症に関するよくある質問

この記事を読めば、副鼻腔真菌症の怖さや症状が分かりますので、早めに対処もできます。副鼻腔炎にかかったことのある方や良く鼻がつまる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


鼻づまりは、不眠の原因になることもあるほど、不快でつらい症状です。時には、鼻の奥が痛むこともあります。続く症状を放置し、副鼻腔(ふくびくう)炎など治しにくい病気になることもあるでしょう。こうした鼻の異常は、粘膜の腫れが原因であることも少なくありません。長引く鼻づまりで生活しにくいと感じることもあるため、早期治療が重要です。

そこで今回は、鼻づまりや鼻粘膜の腫れに関する情報をご紹介します。鼻のトラブルが続いている方は必見です。

  1. 鼻の粘膜はどんなもの?
  2. 鼻粘膜の腫れについて
  3. 鼻の粘膜が腫れるとどうなる?
  4. 鼻粘膜の腫れに関するセルフチェック
  5. 鼻粘膜の腫れに関するセルフケアや予防法
  6. 鼻粘膜の腫れを治療する方法
  7. 鼻粘膜の腫れに関するよくある質問
  8. まとめ

この記事を読むことで、鼻粘膜とはどのようなものか、腫れた場合に考えられる病気などが理解できます。たかが鼻づまりと安易に捉(とら)えず、深刻な病気に移行する前に正しく治療しましょう。

続きを読む


風邪が治ったのに咳の症状だけが長引いている。風邪でもないのに咳が止まらない。こんな症状に悩んでいる方はいませんか? 咳は風邪の代表的な症状ですが、風邪以外にも咳が出る病気はたくさんあります。中には、放っておくと症状が悪化するだけでなく、他の人に感染する病気もあるのです。

そこで、今回は咳が続く原因となる病気とその治療法についてご紹介します。

  1. 咳の役割や咳が出る原因とは?
  2. 長く続く咳の治療法
  3. 咳のセルフケア
  4. 咳が続いている方のよくある質問

咳が続く病気についての知識が深まれば、いざという時にすぐに対処できるでしょう。咳が続いて困っているという方や咳が続く病気について知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

続きを読む


鼻水がたくさん出ると、風邪かなと思う方は多いでしょう。しかし、鼻水が出る原因は風邪だけではありません。たかが風邪、と放置していると厄介なことになるケースもあります。鼻水が出る原因は、鼻水の色によってある程度分かるのです。色の付いた鼻水というと緑色のどろりとしたものをイメージする方もいますが、色付きの鼻水はそれだけではありません。そこで、今回は色付きの鼻水が出る原因と対処法をご紹介しましょう。

  1. 鼻水に色が付くのはなぜ?
  2. 鼻水が原因で発症する病気
  3. 鼻水の色に関するよくある質問

原因が分かれば、いざという時にもすぐに対処することができます。最近鼻水がよく出るという方や、色付きの鼻水が出る原因を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

続きを読む


毎年冬になると流行するのが、風邪とインフルエンザです。この2つの病気には、咳・熱・鼻水・喉の痛みといった共通の症状もあります。しかし、インフルエンザは重症化すると脳症などの合併症を起こす可能性があり、命が危なくなることもあるのです。

そこで、今回はインフルエンザの初期症状や対処法・予防方法などをご紹介しましょう。

  1. インフルエンザの基礎知識
  2. インフルエンザの初期症状
  3. インフルエンザになったら
  4. インフルエンザの予防方法
  5. インフルエンザを予防したい方のよくある質問

インフルエンザの対処法や予防法を知っていれば、いざという時に役に立ちます。インフルエンザについて知識を深めたい方やインフルエンザの初期症状について知りたい方はぜひこの記事を読んでみてください。

続きを読む


風邪の症状は改善したのに、しつこい咳がいつまで続く。咳と共に微熱や食欲不振が続いている。このような症状に悩まされている方は、気管支炎の可能性があります。気管支炎は、文字どおり気管支が炎症を起こす病気です。細菌やウィルスの他、大気汚染などの外的要因でも発症します。代表的な症状が咳なので、風邪と見分けがつきにくいことも多いのです。

そこで今回は、気管支炎の症状や原因・治療方法などをご紹介しましょう。

  1. 気管支炎とはどのような病気?
  2. 気管支炎のセルフチェック
  3. 気管支炎の治療方法について
  4. 気管支炎の予防方法
  5. 気管支炎についてのよくある質問

気管支炎の症状が分かっていれば、発病した際にすぐに適切な処置を取ることができます。気管支炎の症状が知りたい方や気管支炎らしい症状で悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


「耳の詰まりが気になって仕方が無い」「耳の詰まりのためか集中力が無い」など、耳の詰まりで悩みを持っている人は多いです。実際に、耳の詰まりがあることで気分がスッキリしないだけでなく、集中力が低下して学業や仕事に影響することもあります。不快な症状は、1日も早く治してしまいたいものですよね。そこで、今回は、耳の詰まりを解消したい人のために知っておくべき知識をあらゆる点から解説することにします。

  1. 耳の詰まりについて
  2. 耳の詰まりで考えることができる病気
  3. 耳の詰まりの治療法について
  4. 耳の詰まりのセルフケアをやってみよう
  5. 耳の詰まりにかんするよくある質問に回答

記事を読んだ人は、耳の詰まりが起きる原因や主な症状を理解するだけでなく、治療法やセルフケアの方法についても学ぶことができます。耳の詰まりを治したい人には、必読です。また、耳の詰まりから考えることができるほかの病気の知識も身に付けることができます。とても有益な情報が満載ですから、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


鼻茸とは、鼻ポリープとも呼ばれる鼻腔内に生ずる良性の腫瘍です。粘膜が変形してできるものであり、ぶよぶよとしていて形がきのこに似ています。鼻の奥の方にできるために、ごく小さいうちは鼻の中を覗いても見えません。大きくなってくると鼻から出てくることもあり、取り除くには手術が必要です。鼻茸はひどい鼻づまりの原因となり、嗅覚障害を引き起こす可能性もあります。
そこで、今回は鼻茸の原因や治療方法をご紹介しましょう。

  1. 鼻茸とは?
  2. 鼻茸ができているかどうかのセルフチェック
  3. 鼻茸の治療方法
  4. 鼻茸を予防するためにできること
  5. 鼻茸で悩んでいる方のよくある質問

鼻茸がどういうものかという知識があれば、鼻茸を予防することもできます。鼻がつまりやすいという方や鼻茸がどのようなものか知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


耳が詰まった感じがして耳が聞こえにくい。耳の不快感や違和感を覚えている。こんな症状に悩まされている方はいませんか? 耳が詰まった感じは、多くの方が一度は悩んだことがある耳の不調です。医学用語では「耳閉感」といい、一時的なことですぐに治る場合もあれば重篤な病気の症状であるケースもあります。

そこで、今回は耳の詰まった感じや耳が聞こえにくい原因や対処法をご紹介しましょう。

  1. 耳が詰まった感じとはどういうこと?
  2. 耳が詰まった場合のセルフチェック
  3. 耳が詰まった感じがする場合の治療方法
  4. 耳の詰まった感じが気になる方のよくある質問

「耳が詰まった感じがする」という症状が出る病気についての知識があれば、すぐに耳鼻咽喉科を受診して早めに治療を始めることができます。最近耳が詰まった感じを覚えることが多いという方や、耳が聞こえにくいという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


ものの匂いが分からなくなった。ほかの人と同じように匂いが感じられない。このような症状に悩んでいる方は意外と多いものです。匂いは鼻にある神経が、匂い分子をキャッチすることで感じます。そのため、鼻がつまっていると匂いが感じにくくなるのです。また、ストレスなどでも一時的に匂いが感じられなくなることがあります。鼻もつまっておらず強いストレスを感じている自覚もないのに匂いがうまく感じ取れない場合は、嗅覚障害の可能性があるのです。

そこで、今回は嗅覚障害の原因や治療方法をご紹介しましょう。

  1. 嗅覚障害とは?
  2. 嗅覚障害のセルフチェック
  3. 嗅覚障害の治療法
  4. 嗅覚障害で悩んでいる方のよくある質問

嗅覚障害がどういうものか分かれば、いざという時に役立ちますし早めに治療を始めることもできます。最近匂いが感じづらくなったという方や自分は嗅覚障害なのかもと悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む