いびきを治す方法

いびきを治す方法が知りたい! 自分でできる対策方法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

いびきは、自分では気づきにくいものです。家族から指摘され、初めて自分がひどいいびきをかいていることに気づくことも珍しくありません。いびきは単に人の迷惑になるだけではなく、重大な病気の症状である可能性もあります。では、いびきは治すことはできるのでしょうか?
そこで、今回はいびきの原因や対策方法などを解説します。

  1. いびきの基礎知識
  2. 治療が必要ないびきとは?
  3. いびきを治す方法
  4. いびき対策に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、いびきの治し方や、治療してくれる診療科などもよく分かるでしょう。いびきで悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.いびきの基礎知識

はじめに、いびきのメカニズムやいびきをかきやすい人、いびきが原因の病気などについて解説します。なぜ、いびきが出るのでしょうか?

1-1.いびきのメカニズム

いびきは、鼻や気道など呼吸をするための空気の通り道が狭まることによって起こります。笛は、細い管の中に空気を吹き込み、内部で共鳴させて音を出しますが、いびきのメカニズムもそれと同じです。睡眠中、狭い隙間から、勢いよく空気を吸ったり吐いたりすることで、いびきが出ます。仰向け(あおむけ)になると立っているときに比べて気道が狭まりやすく、さらに筋肉が弛緩すると舌が気道に落ちこむこともあるでしょう。すると、気道が狭まっていびきが出やすくなります。

1-2.気道や鼻が狭まる原因とは?

私たちが呼吸をするとき、鼻や気道を空気が出入りします。前述したように、眠っている間は筋肉が弛緩しやすく、舌が喉の奥に落ちることで気道が狭まりやすくなることもあるでしょう。このほか、以下のような原因で気道が狭くなることがあります。

  • 過度の疲労
  • 飲酒
  • 肥満
  • 鼻中隔湾曲症
  • あごが小さい
  • 舌が大きい
  • 鼻づまり

などです。

1-3.いびきの男女比

いびきは男性がかくもの、というイメージを持っている人は多いでしょう。実際、いびきに悩んで病院を受診する人のほとんどが男性です。しかし、女性がいびきをかかないというわけではありません。女性の場合は女性ホルモンの影響でいびきをかきにくいのですが、50代以降になると女性ホルモンが減少するため、いびきをかきやすくなります。また、1-2.でご紹介したように、ひどく疲労している場合や、飲酒量が多かった場合は筋肉がより弛緩しやすくなり、女性でも大きないびきをかくことがあるでしょう。

1-4.治療が必要ないびきとは?

いびきをかくということは、空気の通り道が狭まっている証拠です。軽いいびきや短時間で止まるいびきは問題はありません。しかし、家族の睡眠が妨げられるほど大きないびきをかいている場合や、いびきが途中でピタッと止まった後で目を覚ますことが頻繁に起こる場合は、「睡眠時無呼吸症候群」という病気を発症している場合があります。この病気は文字どおり睡眠中に気道が狭まって呼吸が止まる病気です。呼吸が止まれば苦しくて目が覚めます。そのため、慢性の睡眠不足になり日常生活に深刻な影響が出るでしょう。早急な治療が必要です。鼻の穴を左右に分ける軟骨が大きくゆがんでいる鼻中隔湾曲症の場合も、ひどいいびきが症状としてあらわれることもあり、治療が必要なこともあります。