鼻中隔湾曲症が原因でいびきがひどくなる

鼻中隔湾曲症が原因でいびきがひどくなる? その対策方法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻中隔湾曲症とは、鼻の穴を左右に分けている軟骨が日常生活に支障が出るほど曲がっている状態のことです。鼻中隔湾曲症になっていると、鼻づまりや鼻血が出やすいといった症状のほか、ひどいいびきが症状として現れることもあります。ひどい場合は、自分のいびきで夜中に目が覚める、というケースもあるのです。ひどいいびきを家族から指摘されて悩んでいるという人の中には、鼻中隔湾曲症の人もいるでしょう。
そこで、今回は鼻中隔湾曲症の症状や原因、対策方法などを解説します。

  1. 鼻中隔湾曲症の基礎知識
  2. ​鼻中隔湾曲症といびきの関係
  3. 鼻中隔湾曲症の治療方法
  4. 鼻中隔湾曲症といびきに関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、鼻中隔湾曲症といびきの関係もよく分かるでしょう。いびきに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.鼻中隔湾曲症の基礎知識

はじめに、鼻中隔湾曲症の症状や原因などを解説します。どのような症状が現れるのでしょうか?

1-1.鼻中隔湾曲症とは?

前述したように、鼻中隔湾曲症とは鼻の穴を左右に分けている軟骨が左右どちらかに大きく曲がっている状態のことです。人間は成長するにしたがって頭が大きくなるので、その重みで鼻中隔が曲がることは珍しくありません。しかし、曲がりが大きくなりすぎると片方の鼻の穴が異様に狭くなり、日常生活にも支障が出るために治療が必要です。

1-2.鼻中隔湾曲症の症状

鼻中隔湾曲症は、鼻中隔が曲がることで片方の鼻の穴が極端に狭くなっている状態です。そのため、片鼻だけの鼻づまりや、鼻血が出やすいといった症状が現れます。また、鼻の通りが悪いので、一度風邪等の感染症にかかると副鼻腔に細菌が感染しやすく、副鼻腔炎を発症しやすくなるでしょう。
鼻中隔湾曲症の正常な患者数は把握されていませんが、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎に悩んでいる人の1割程度は鼻中隔湾曲症という説もあります。また、親や兄弟が鼻中隔湾曲症の人は、自分も同じ症状で悩みやすいでしょう。

1-3.鼻中隔湾曲症の危険性

鼻の穴が片方でも狭ければ、鼻呼吸が十分にできません。口呼吸になれば、ドライマウスや口臭などに悩まされることもあるでしょう。また、鼻づまりも起こりやすく、副鼻腔炎に移行すれば、問題のない鼻までつまりやすくなります。さらに、いびきは自分だけでなく、家族にまで迷惑がかかるでしょう