蓄膿症

【必見】蓄膿症の改善方法とは? 原因・治療法など徹底解剖!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

蓄膿症(ちくのうしょう)とは、慢性の副鼻腔炎(ふくびくうえん)のことです。炎症によって鼻の奥や副鼻腔に膿(うみ)がたまる病気となります。息がつまったり、嫌なにおいがしたりなど、不快な症状が起きるため、日常生活に支障をきたしかねません。蓄膿症を改善するためには、原因や適した改善方法をきちんと把握することが大切です。そこで、本記事では、蓄膿症の基礎知識・発症の流れ・改善方法・治療方法などについて説明します。

  1. 蓄膿症の基礎知識
  2. 蓄膿症発症の流れ
  3. 蓄膿症の改善方法について
  4. 蓄膿症の改善方法~病院について
  5. 蓄膿症に関してよくある質問

この記事を読むことで、蓄膿症を改善するために必要な基礎知識を深めることができます。悩んでいる方は、ぜひチェックしてくださいね。

1.蓄膿症の基礎知識

蓄膿症の改善方法について知る前に、まずはどんな病気か把握しておかなければなりません。ここでは、メカニズム・主な症状・原因・なりやすい人・患者数・ほかの鼻炎との違いについて説明します。

1-1.どんな病気か

副鼻腔(ふくびくう)粘膜が炎症を起こし、膿汁(のうじゅう)が腔内にたまる病気です。副鼻腔とは、鼻の穴のまわりにある、顔の骨に囲まれた空洞のことを指しています。とても小さな穴で、鼻腔とつながっている部分です。鼻の粘膜がウイルス・細菌に感染すると、この穴がつまり、副鼻腔に膿(うみ)がたまります。急性副鼻腔炎が完治せずに慢性化した状態が慢性副鼻腔炎です。慢性副鼻腔炎を蓄膿症と呼びます。

1-2.メカニズム

蓄膿症が起こるきっかけは、副鼻腔炎です。鼻の周囲にある副鼻腔という空洞部分が炎症を起こし、膿がたまります。炎症を放置すると膿がさらにたまり、蓄膿症に発展するのです。蓄膿症を未然に防ぐためには、炎症が起きた時点ですぐに処置しなければなりません。

1-3.主な症状

蓄膿症の主な症状は、鼻汁(びじゅう)・鼻づまり・頭重感(ずじゅうかん)です。すぐに鼻がつまり、呼吸しにくくなるでしょう。同時に、鼻汁が止まらず、頭が重く感じることもあります。また、炎症によって鼻がむくんだり、鼻声になったり、声がうまく出せなくなることもあるでしょう。炎症がひどい場合は、痛みの症状が目の奥・奥歯に現れることもあります。

1-4.主な原因

蓄膿症の原因として、1番に考えられているのが風邪などのウイルス・細菌感染です。副鼻腔がウイルス・細菌に感染して炎症が起きます。最も多いのはウイルス・細菌感染ですが、ハウスダスト・花粉によるアレルギーや、喘息(ぜんそく)がきっかけとなって蓄膿症へ発展することもあるのです。

1-5.どんな人がなりやすいのか・患者数

免疫力が低下している人・アレルギー性鼻炎を持っている人・鼻の骨が曲がっている人などが、蓄膿症を起こしやすいといわれています。免疫力が低下していると、ウイルス・細菌が体内に侵入しやすくなるため、炎症が起きやすくなるのです。
また、アレルギー性鼻炎を持っている人は、鼻水が止まらなくなるでしょう。その鼻水が副鼻腔にたまってしまい、蓄膿症へと悪化します。風邪とは異なり、気づかないうちにたまることが多く慢性化しやすいので注意が必要です。
さらに、事故や成長の過程などで鼻の骨が曲がってしまっていることがあります。鼻の真ん中にある軟骨(なんこつ)が曲がっている場合、蓄膿症になりやすいので注意しなければなりません。

1-6.ほかの鼻炎との違い

鼻炎は鼻の中の粘膜で起こる過敏な反応のことで、蓄膿症とはまったく異なります。鼻炎の反応が花粉であれば花粉症と呼ばれ、透明の鼻水が止まらなくなるでしょう。一方、蓄膿症はアレルギー反応ではありません。ウイルス・細菌の感染によって起こる炎症なので、鼻水は透明ではなく色がつきます。