萎縮性鼻炎の症状

萎縮性鼻炎の症状や治療法とは? 悪臭を放つ萎縮性鼻炎の基礎知識

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「鼻の中が乾燥しやすい」「鼻腔内にかさぶたができている」などの症状に当てはまる方は、萎縮性鼻炎の可能性があります。萎縮性鼻炎は、副鼻腔炎の1つで、鼻の粘膜に異常が起きる症状です。鼻の粘膜が機能しなくなるため、不衛生な環境となり、鼻の中から悪臭が発生します。症状が軽いうちに、適切な治療を受けなければなりません。そこで、本記事では、萎縮性鼻炎の基礎知識・そのほかの鼻炎との違い・治療方法などについて詳しく説明します。

  1. 萎縮性鼻炎の基礎知識
  2. 萎縮性鼻炎とそのほかの鼻炎について
  3. 萎縮性鼻炎の治療方法
  4. 萎縮性鼻炎に関してよくある質問

この記事を読むことで、萎縮性鼻炎の症状をやわらげるために必要な情報と治療方法を知ることができます。症状で悩んでいる方や知りたい方は、ぜひチェックしてください。

1.萎縮性鼻炎の基礎知識

萎縮性鼻炎の症状をやわらげるためには、基礎知識を身につける必要があります。まずは、萎縮性鼻炎とはどのような症状か、鼻のメカニズム、原因、主な症状についてチェックしておきましょう。

1-1.萎縮性鼻炎とは

鼻の粘膜は、花粉やホコリを取りのぞく大切な役割を担っています。しかし、萎縮性鼻炎になると、鼻の粘膜が萎縮してしまい、乾燥するのです。鼻の粘膜の乾燥によってかさぶたができるのを、萎縮性鼻炎といいます。鼻の粘膜が正常に機能できなくなってしまう症状です。萎縮性鼻炎は、症状が現れない種類があります。そのため、気づかずに進行するケースもあるので注意が必要です。

1-2.鼻のメカニズム

鼻の中は粘膜の機能によって、適度に潤っている状態です。粘膜は粘液を分泌し、外部から吸いこまれる異物を排出する細胞があります。この細胞が鼻腔内を適度に潤しているのです。異物が入り込んだときは、細胞が働き、異物を外部へ排出しようとします。くしゃみや鼻水は、異物を体外へ排出する症状なのです。しかし、萎縮性鼻炎になると機能が低下し、異物を排出する働きが衰えてしまいます。その結果、かさぶたなどができてしまうというわけです。

1-3.原因

萎縮性鼻炎が起こる原因は、未(いま)だハッキリとしていません。考えられる原因としては、ホルモンの異常や過剰なストレスによる自律神経の障害が挙げられます。自律神経は、リラックス状態へと導く副交感神経と、緊張状態へ導く交感神経のバランスで成り立っているのです。しかし、過剰なストレスを感じることで、交感神経が発達してしまいます。常に、身体が緊張状態になり、鼻の粘膜の機能が低下しがちです。ほかにも、貧血やビタミンA・ビタミンDの欠如と中毒症状、細菌感染などが挙げられます。また、副鼻腔炎の手術で鼻の粘膜を切除した方にも、発症する可能性が高まっているようです。

1-4.主な症状

萎縮性鼻炎は、単純性萎縮性鼻炎と真性萎縮性鼻炎の2種類があります。それぞれの種類によって、症状が異なることを知っておかなければなりません。単純性萎縮性鼻炎の場合は、症状が現れないケースがほとんどです。一方、真性萎縮性鼻炎は、かさぶたができる・鼻づまりや頭痛が起きる・悪臭が発生するなどの症状が現れます。起きている症状によって、種類が判明できるでしょう。