血管運動性鼻炎とは

【注目】血管運動性鼻炎とは?原因・治療・セルフケアの対策を伝授!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻炎になると鼻水が止まらなくなったり、鼻の下が赤く荒れてしまったりして嫌ですよね。鼻炎にもさまざまな種類がありますが、アレルギー検査をしても陰性なのに鼻水が止まらない・季節の変わり目になると症状が出るなどの場合は、血管運動性鼻炎の可能性があります。そこで、今回は、血管運動性鼻炎について知りたい人のために、詳しく解説しましょう。原因は何かを知り、治療やセルフケアの方法を理解してください。

  1. 血管運動性鼻炎の基礎知識を学ぼう
  2. 血管運動性鼻炎の症状と原因について
  3. 血管運動性鼻炎とそのほかの鼻炎の違い
  4. 血管運動性鼻炎の影響とは?
  5. 血管運動性鼻炎の治療について
  6. 血管運動性鼻炎のセルフケアを学ぼう
  7. 血管運動性鼻炎についてよくある質問

この記事を読むことで、血管運動性鼻炎について詳しい知識が身に付き、効果的な治療を受けることが可能です。原因を除去し、速やかに治療を開始することで不快な症状を軽減できるようになります。一刻も早く適切な対応をするためにも、記事をしっかり読んでみてください。

1.血管運動性鼻炎の基礎知識を学ぼう

最初に、血管運動性鼻炎の基本を学びましょう。定義やメカニズム、なりやすい人や患者数について解説します。

1-1.血管運動性鼻炎の定義

血管運動性鼻炎は、アレルギー性鼻炎ではありません。似たような症状を持ちますが鼻汁の中に好酸球(アレルギー反応によって生じる物質)を認めることができず、判断が付かないからです。実際にアレルギー検査をしても陰性との結果が出ます。しかし、何らかの原因によって鼻粘膜の自律神経が乱れ、アレルギー性鼻炎に似た症状が起こっているのは事実です。

1-2.血管運動性鼻炎のメカニズムを学ぼう

血管運動性鼻炎は、寒暖差が激しい環境を行き来したときに発症しやすいことが特徴です。

そのため、「寒暖差アレルギー」と呼ばれることもあります。たとえば、以下のようなときに発生しやすいものです。

  • 夏に冷房の効いた屋内から暑い屋外に出たとき
  • 冬に暖房の効いた屋内から寒い屋外に出たとき
  • 寝起きにふとんから出たとき
  • 冬に風呂場で衣類を脱いだとき(室温が低い場所で)

寒暖差が激しい場所を移動することで、鼻の粘膜の自律神経が過剰に反応してしまうことで起こります。周囲の環境に慣れると症状が消えるのも、血管運動性鼻炎の特徴です。

1-3.血管運動性鼻炎になりやすい人は?

以下のような人は、血管運動性鼻炎になりやすいので注意しましょう。

  • 冷房・暖房の効いた室内と外部の行き来が激しい
  • 不規則な生活をしている
  • 睡眠不足
  • 大きなストレスを抱えている
  • 飲酒の機会が多い
  • タバコを吸う
  • 強い匂(にお)いの香水を使う
  • 激辛料理を好む