花粉症対策や治療法

春に起こるアレルギー疾患は? 花粉症対策や治療法などをご紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

スギやヒノキによる花粉症は、春に起こる代表的なアレルギー疾患です。「くしゃみが止まらない」「鼻水や目のかゆみで仕事にならない」など、春のアレルギー疾患で悩みを抱えている方は多いことでしょう。アレルギー症状がひどくなるほど、日常生活におよぼす悪影響も大きくなります。ツラい生活から抜け出すためには、春に起こるアレルギーの基礎知識を身につけておかなければなりません。

そこで、本記事では、春のアレルギーの基礎知識やセルフチェック・花粉症のメカニズム・対策・治療方法などについて詳しく説明します。

  1. 春のアレルギーにはどんなものがある?
  2. 春のアレルギーセルフチェック
  3. 春の花粉症について
  4. 春のアレルギー対策方法
  5. 春のアレルギー予防法
  6. アレルギーの治療について
  7. 春のアレルギーに関するよくある質問

この記事を読むことで、春に起こるアレルギー症状から身を守るための情報を得ることができます。アレルギー症状で悩んでいる方や治療したい方はぜひチェックしてください。

1.春のアレルギーにはどんなものがある?

症状を緩和したい方や治療を始めたい方は、最初に春のアレルギーについて詳しく把握しておかなければなりません。春のアレルギーとは一体どのようなものなのか詳しく説明します。

1-1.アレルギー・季節性アレルギーとは?

アレルギーとは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に反応することです。体を守るための免疫反応が何らかの影響で刺激され、体の中にあるものを外へ追い出そうとする症状を指しています。アレルギーにもさまざまな種類がありますが、花粉症など特定の時期にだけ出現するアレルギーものが季節性アレルギーです。

厳密にはアレルギーは自分以外の生き物(花粉もダニも生き物です)の主としてタンパクを異物と判断して反応します。それに対して、生き物意外の薬物や温度変化、気圧変化などに対する反応は非特異的過敏症と言いますが、ただ、広い意味でこれらもアレルギーと呼びます。

1-2.どんなアレルギーがあるか

現在、日本人のおよそ2割以上の方が何かしらのアレルギーを持っているといわれています。春のアレルギーは以下の種類が代表的です。

  • 花粉症:スギやヒノキの花粉が原因でくしゃみ・鼻水・目のかゆみなどが起きるアレルギー性鼻炎
  • 黄砂:中国内陸部にある砂漠の砂が偏西風に乗って日本に飛来し、のどの痛みや咳(せき)などが起きる
  • 寒暖差アレルギー(非特異的過敏症の一つ):温かい場所から寒い場所へ移動したときなどに起こるくしゃみ・鼻水・鼻づまり

1-3.春にアレルギーが多い理由は?

アレルギー症状が春に多くなる原因は、花粉の飛散量が増えるからです。春先から5月にかけて、スギやヒノキの花粉が飛び始めます。花粉症患者のおよそ7割がスギ花粉が原因といわれているため、春になると悩まされる人が増えるのです。

1-4.主な症状

春のアレルギーで見られる症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみがほとんどです。特に、くしゃみ・鼻水・鼻づまりに悩む方が多いのではないでしょうか。症状が悪化すると、頭痛やめまいが起こる可能性もあります。

1-5.ほかの季節との違い

春のアレルギーと呼ばれるものには共通する症状があります。それは、くしゃみと鼻水です。ほかの季節でも花粉症は飛んでいますが、飛散量が違います。春の花粉飛散量はほかの季節よりも最も多く、風に乗ってさまざまな場所へ飛来するのです。ブタクサやヨモギなど秋に飛散する花粉もありますが、春の花粉飛散量よりも少なく、範囲も狭い特徴があります。そのため、秋よりも春にアレルギー症状を起こす方が多いのです。

1-6.どんな人がなりやすい?

アレルギー体質の人は抗原(アレルゲン)が体内に入ると、IgE(アイジーイー)という抗体をつくります。抗体が一定の水準に達してしまうとくしゃみや鼻水などのアレルギー症状が出るというわけです。つまり、小さいころから花粉を吸う機会が多い人は春のアレルギーになりやすいといえます。また、家族がアレルギー疾患を持っている人は、持っていない人に比べてなりやすいと考えられているのです。さらに、食生活や不規則な生活習慣も関係しています。不規則な生活を送っている人ほど自律神経が乱れやすく、アレルギー症状が起こりやすいのです。

1-7.子どもの場合

子どもの場合、自分で症状を訴えにくいという特徴があります。症状が悪化していても、本人はケロッとしていることが多いのです。そのため、大人がきちんと様子を見て、春アレルギーの対策を立てていかなければなりません。放置しておくと、症状がどんどんすすんでしまいます。