耳の腫れは中耳炎や外耳炎かも? 耳鼻咽喉科の受診で治療しよう

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

耳はまれに腫れることがあります。腫れとともに痛みを感じ、しこりのようなものが現れることもあるでしょう。特に痛むのは、耳の後方です。目立つ場所ゆえ、気になることも多いと思います。痛みがあれば、日常生活でも過ごしにくさを感じるはずです。

「耳の中に異常があるのでは?」「どうしたら治るのだろうか?」など、不安になることがあります。耳が腫れるのは、原因となる病気があり、きちんと治療することで腫れは引いてくるのです。また、腫れは、耳たぶ・内側・外側・後方など、さまざまな部位があり、特徴や症状などは知っておくといいでしょう。
今回は、耳の腫れや治療についてご紹介します。

  1. 耳の腫れについて
  2. 耳の腫れから考えられる病気とは? 
  3. 耳の腫れに関するセルフチェック
  4. 耳が腫れたときの治療方法
  5. 耳が腫れたときのセルフケアについて
  6. 耳の腫れに関するよくある質問
  7. まとめ

耳が腫れても痛みがない場合、放置してしまう方もいます。しかし、何らかの病気である可能性も視野に入れ、適切な処置をしておきましょう。適切な治療で耳の腫れは改善します。セルフケアなども覚えておき、早期回復に向けたポイントとしてください。 

1.耳の腫れについて

耳そのものが異常を起こしている場合や、隣り合うリンパ節に異常がある場合もあります。耳の腫れにはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

1-1.耳の腫れとはどんな症状なのか?

部位別に耳の腫れについてご紹介します。

1-1-1.耳たぶが腫れる

耳たぶは、耳で最も柔らかい場所です。しこりのようにコリコリしたものができ、痛みを生じます。ピアスの穴空(あ)けがきっかけで発症する場合や、粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれる老廃物の蓄積が原因となっている場合もあるでしょう。

1-1-2.耳の外側が腫れる

耳の外側は、耳介と呼ばれる軟骨組織です。軟骨膜に炎症を起こし、腫れや痛みを起こしています。赤みや熱っぽさを感じる場合もあるでしょう。

1-1-3.耳の内側が腫れる

耳の内側には、外耳・中耳・内耳といった組織があります。内側が腫れた場合、引っ張ると強い痛みを感じるでしょう。外耳炎や中耳炎などの可能性もあります。耳かきをやり過ぎて、耳の中に炎症を起こす場合もあり、自然治癒が多いものの、中には膿(うみ)や出血を伴って、炎症が広がる可能性もあるので注意が必要です。

1-1-4.耳の後ろや周囲が腫れる

耳はリンパ節とつながっているため、リンパ節の炎症で耳の後ろが痛むことがあります。耳周辺が痛むのは、耳下腺の腫れによるものです。おたふく風邪などが原因となっている場合もあります。