耳管狭窄症の原因

耳管狭窄症とはどのような病気? 原因や治療方法を紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

耳管とは、鼓膜の内側と鼻の奥をつないでいる3センチほどの短い管状の器官です。この器官を開けたり閉じたりすることで、中耳の中の圧力は調整されます。この耳管が、何らかの原因で閉じたままになってしまうのが、耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)という病気です。

今回は、耳管狭窄症になる原因や治療方法をご紹介します。

  1. 耳管狭窄症の基礎知識
  2. 耳が詰まった感じの怖さ
  3. 耳管狭窄症の治療方法
  4. 耳管狭窄症に関するよくある質問

この記事を読めば、病院を受診する目安なども分かるでしょう。最近耳の調子が悪いという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.耳管狭窄症の基礎知識

はじめに、耳管狭窄症とはどのような病気かということをご紹介します。症状や原因はなんでしょうか?

1-1.耳管狭窄症とは?

耳管狭窄症とは、前述したように何らかの理由で耳管が閉じっぱなしになる病気です。こうなると、中耳の中と外側で圧力に差が生まれます。電車や車でトンネルに入った時や飛行機が離着陸する際、耳が詰まったような感じになったことがあるという方は多いことでしょう。耳管狭窄症はこの「耳が詰まったような感じ」がずっと続く病気です。人によっては、目まいや耳の奥の痛みといった症状が伴うこともあるでしょう。一般的に、耳が詰まったような不快な感じが1週間続いた場合は耳管狭窄症の可能性があります。

この状態でスキューバダイビングをしたり飛行機に乗ったりすると中耳に大きな負担がかかり、中耳炎を発症することもあるでしょう。
 

1-2.耳管狭窄症の原因とは

耳管狭窄症は、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などによる、耳管付近の粘膜の腫れによって起こります。鼻が詰まっていると耳も詰まる感じがすることも多いでしょう。鼻炎になると鼻水が出るだけでなく、鼻の粘膜も腫れます。特に、副鼻腔炎の場合は鼻の周辺にある副鼻腔というところに細菌が感染して炎症を起こす病気なので、粘膜も腫れやすいでしょう。耳管は細いものですから、粘膜が腫れると塞がれてしまいます。

また、鼻と喉の境にある上咽頭に位置するアデノイドという部位が腫れたり、大きすぎたりしても耳管狭窄症を発症することがあるのです。

アデノイドはリンパ組織の一種で、幼少期に活発に活動し、10歳を過ぎることには急速に小さくなります。このアデノイドが何らかの原因で腫れたり、生まれつき大きかったりすると粘膜の腫れと同じように耳管をふさいでしまうのです。アデノイドが原因の耳管狭窄症の場合は、アデノイドを切除することもあります。

1-3.耳管開放症との違いとは?

耳管狭窄症が、耳管が閉じっぱなしになる病気なのに対し、耳管が開きっぱなしになる病気が耳管開放症です。こうなると、自分の声が耳の中に反響して聞こえたり、呼吸音が大きく聞こえたりします。これも不快感が強い症状なので、日常生活に影響が出ることもあるでしょう。