アデノイド増殖症

アデノイド増殖症とは? 放っておくと危険な理由と耳鼻科での治療法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

アデノイド増殖症という病気をご存じでしょうか。アデノイドとは、鼻の奥に存在している扁桃(へんとう)の一種です。通常、幼小児期に働きが活発になるアデノイドが、極端に肥大したり炎症を起こしたりすることを、アデノイド増殖症と言います。この病気の特徴は、症状がさまざまで個人差があることです。そのため、病気に気付かずに何年も不快な思いをしている人もたくさんいます。子どもに多いと言われているこの病気は、一体何が原因で起こるのでしょうか。そして、治療法にはどのようなものがあるのか、知っておいてください。

この記事では、アデノイド増殖症という病気について、その原因や治療法などをまとめてご紹介しています。

  1. アデノイド増殖症とは?
  2. アデノイド増殖症の原因
  3. アデノイド増殖症をセルフチェックしよう!
  4. アデノイド増殖症の治療法
  5. アデノイド増殖症にかんするよくある質問

この記事を読むことで、アデノイド増殖症を治すための方法が分かります。早めに治療を検討して、不快な症状を取り除きましょう。

1.アデノイド増殖症とは?

まずは、主な症状や放置するとどうなるのかなどをまとめてみました。

1-1.どんな病気なのか?

アデノイドとは、鼻の奥に存在している扁桃(へんとう)の一種です。通常、口を開けた時に見える扁桃は口蓋扁桃と呼び、アデノイドはのどちんこ(口蓋垂)の裏でその上方に存在し、正確には咽頭扁桃と呼びます。乳幼児期から学童期にかけて免疫に関係する重要な機能になります。思春期になるとほぼ消失するはずのアデノイドが、病的に肥大したり炎症を起こしたりする病気です。そのため、この病気は主に子どもがなりやすく、症状がひどいようであれば手術によってアデノイドを摘出することも検討されます。

1-2.喉のメカニズムを知っておこう!

病気のことを知る上で、まずは喉のメカニズムについて理解しておきましょう。喉には「扁桃(へんとう)」と呼ばれるリンパ組織の集合体が存在しています。この集合体は、外部から細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぐ役割を果たしており、その代表的なものが「アデノイド」です。通常、3歳ごろから増大し始め、6歳ごろにピークを迎えた後は次第に萎縮していきます。大人になると表面から見てもほとんど分からないくらいの大きさになり、その存在意味も特になくなるのです。

1-3.主な症状

アデノイド増殖症では、さまざまな症状が確認されています。主に、鼻や耳・全身に症状が出ることが多いため、それぞれ詳しくまとめておきましょう。

1-3-1.鼻

アデノイドが肥大することで鼻腔(びくう)と咽頭の間がふさがり、鼻詰まりが起こりやすくなります。副鼻腔(びくう)炎の原因にもなるでしょう。鼻呼吸がしにくくなるため口呼吸になり、普段から口を開けた状態になってしまうこともあります。

1-3-2.耳

中耳と咽頭はつながっているため、アデノイドが肥大することで滲出(しんしゅつ)性中耳炎を引き起こしやすくなります。中耳に滲出(しんしゅつ)液がたまることで起こる中耳炎です。放置しておくと難聴になることもあるため、早めに治療する必要があるでしょう。滲出(しんしゅつ)性中耳炎は痛みや発熱を伴うことが少ないため、小さな子どもだと気付かないことも多くなっています。

1-3-3.全身

鼻腔(びくう)と咽頭の間がふさがると、睡眠時のいびきが大きくなります。睡眠の質が低下することから日中の眠気や睡眠時無呼吸症候群など、睡眠障害の原因になるでしょう。特に学童期においては、日中の注意力散漫、行動に落ち着きがないなどの症状も現れる場合が多くなっています。

1-4.アデノイド顔貌(がんぼう)との関係について

口呼吸の状態が長期間続くことで、顔の筋肉が衰え骨格がゆがんでしまった結果、アデノイド顔貌(がんぼう)になってしまうことがあります。つまり、アデノイドが肥大している人に起こる、特有の顔つきのことなのです。特徴としては、以下のようなものがあります。

  • 顎が小さい
  • 顔が長い
  • 歯並びが悪い
  • 顔つきがたるんでいる
  • 唇がめくれたようになる
  • 鼻が低い

1-5.放っておくとどうなるのか?

アデノイド増殖症を放っておくと、難聴や副鼻腔(びくう)炎の原因になります。子どもの場合は「聞こえにくさ」に気付かないことも多いため、放置しておくと学校生活にも支障が現れるようになるでしょう。難聴と睡眠障害が重なり、日中の集中力低下なども起こりやすくなります。また、顔つきや歯並びにも影響してくるため、身体の成長が妨げられてしまうのです。