後鼻神経切断術とは?

後鼻神経切断術とは? 日帰りは可能? 皆様の疑問を徹底解明します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻水やくしゃみはよく起こりがちな体の不調ですが、長期間続くとつらいものです。ちょっとした刺激で長期間鼻水が出続ける方や、ひどいアレルギー性鼻炎の方は、後鼻神経という神経が人よりも敏感になっている可能性があります。そのため、上記の症状が続き、日常生活に支障が出てしまう方はこの神経を人並みに鈍化させる後鼻神経切断術をすすめられることもあるでしょう。この手術はひと昔前までは大がかりなものでしたが、今では1泊2日の入院や日帰りでも行えるようになりました。

そこで、今回は後鼻神経切断術の方法や改善できる症状などをご紹介しましょう。

  1. 鼻水や鼻づまりに関する基礎知識
  2. 後鼻神経切断術の方法や改善できる症状
  3. 手術を受ける病院の選び方
  4. 後鼻神経切断術に関するよくある質問

この記事を読めば、鼻水やくしゃみの治療方法の選択肢がより増えるかもしれません。鼻水やくしゃみに長年悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.鼻水や鼻づまりに関する基礎知識

後鼻神経切断術についてご紹介する前に、鼻水やくしゃみ・鼻づまりに関するメカニズムなどの基礎知識を説明します。なぜ、鼻水が出たり鼻づまりが起こったりするのでしょうか?

1-1.鼻水の役割

鼻水は鼻の粘膜に潤いを与え、外から入ってきた細菌やウィルス・異物をキャッチして体外へ排出する役目を担っています。また、鼻の粘膜を極端な温度変化から守る役割もあるため、温かい部屋から急に寒い戸外へ出た場合や温かい湯気を吸いこんだ場合は、鼻水が大量に出ることもあるのです。

健康な方でも鼻水は毎日1リットルくらい作られますが、そのほとんどが鼻の奥から体内へ流れ込むため、鼻の穴から出てくることはほとんどありません。

1-2.鼻水が大量に出る原因

鼻水が大量に出る原因として

  • 風邪をはじめとする感染症
  • アレルギー性鼻炎
  • 副鼻腔炎

などが上げられます。感染症や副鼻腔炎になるとウィルスや白血球の死骸が鼻水に混じるので、粘度の高い緑がかった鼻水が出るでしょう。鼻水の粘度が高くなると鼻づまりも起こるのです。アレルギー性鼻炎の場合は鼻の粘膜がアレルゲンに反応し、防御反応で大量の鼻水を出します。そのため、水のような鼻水が大量に出るのです。風邪以外は病院で治療しないと症状が改善しませんので、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

この他、急な温度変化で鼻水が出ることもありますが、これは一過性のもので心配はいりません。

1-3.後鼻神経と鼻水の関係

後鼻神経とは、鼻の奥にある知覚神経と分泌神経からなる神経のことです。この神経は涙の分泌神経と一緒になって脳へとつながっており、温度の変化や鼻の中の異物を感知して鼻水やくしゃみを出します。鼻水の8割、くしゃみの5割がこの神経が異物や気温の変化を察知することによって出るのです。

後鼻神経の敏感さは人によって異なりますが、まれにとても敏感な方がいます。そのような方は、他の人では感じない気温の変化や異物を感じ取ってくしゃみや鼻水が止まらなくなることもあるのです。また、重度のアレルギー性鼻炎の方はこの神経が敏感になっている可能性があります。神経の敏感さが原因で鼻水やくしゃみが止まらない場合は、投薬などでは症状がとても改善しにくいのです。