風邪に効く食べ物

【保存版】風邪に効く食べ物って何? おいしく食べて風邪を徹底退治!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

すぐに風邪を引いてしまう人と、引きにくい人の差はどこにあるのでしょうか。普段の生活習慣に何かヒントがあるはずです。たとえば、⾵邪を引きにくい人やすぐに治ってしまう人は、⾵邪に効く食べ物をたくさん食べている可能性があります。今回は、⾵邪に効く食べ物は何かについて詳しく解説しましょう。食べ物で⾵邪を退治したい人や、⾵邪に効く食べ物を知りたい人には特に必見ですよ。

  1. ⾵邪の基礎知識を学ぼう
  2. ⾵邪と食べ物の関係を理解しよう
  3. ⾵邪に効果があると言われる食べ物は?
  4. ⾵邪予防になる食べ物は?
  5. ​⾵邪に効く食べ物についてよくある質問

この記事を読むことで、⾵邪に効く食べ物についての知識が身に付きます。⾵邪を引いたときだけでなく、予防に効くものもわかるので役に立つことでしょう。⾵邪は、食べ物を工夫することによって体内からも予防・治療は可能です。薬に頼らない方法として、安心して子どもや高齢者にすすめることもできます。まずは、記事をじっくり読んでみてくださいね。

1.⾵邪の基礎知識を学ぼう

まずは、⾵邪についての基礎知識を学びましょう。意外と知らないことがあるものですよ。

1-1.⾵邪とは

⾵邪とは、ウイルスが上気道に感染して急性炎症を起こした状態を言います。ウイルスの種類や、感染した人の体質などにより現れる症状もさまざまです。いずれにしても、ウイルスに抵抗しようとして各種症状が現れるのだと覚えておきましょう。なお、⾵邪の治療にかんしては、症状を緩和することが主になります。

1-2.⾵邪の種類について

⾵邪は主にウイルス感染により起こりますが、細菌によっても起こることが確認されています。細菌が原因の⾵邪は、長引きやすいことが特徴のひとつです。また、鼻⾵邪・のど⾵邪・胃腸⾵邪など、部分的に症状が出ている⾵邪を種類分けすることもあります。インフルエンザも⾵邪の種類とする見方もあり、⾵邪の種類はとても多いのです。

1-3.⾵邪の主な症状

⾵邪の症状は、非常に多く存在します。主なものについては、以下をご覧ください。

  • 咳やくしゃみが出る
  • 鼻水が出る
  • 発熱
  • 頭痛
  • のどの痛み
  • 関節の痛み
  • 筋肉痛
  • 全身のだるさ
  • 悪寒

⾵邪を引くと、通常、複数の症状が同時に現れます。

1-4.⾵邪の主な原因

⾵邪の主な原因は、上気道がウイルスに感染することです。ウイルスは、空気感染・飛沫(ひまつ)感染・接触感染などで、人から感染します。感染した人の免疫力が弱く、ウイルスを撃退することが十分にできないと上気道の粘膜から増殖し、⾵邪を引いてしまうのです。

1-5.⾵邪と季節の関係

⾵邪の主な原因となるウイルスは、乾燥した空気を好みます。日本では、特に冬場に⾵邪が流行しやすいのは空気が乾燥していることが大きいのです。反対に、梅雨(つゆ)など湿気が多い時期は⾵邪を引きにくくなります。⾵邪と季節の関係を理解して、効果的な予防につなげましょう。

1-6.⾵邪を引きやすい人の特徴

  • 不規則なライフスタイルの人
  • 食事の栄養バランスが偏っている人
  • 学校や会社に通うなどで大勢の人の中にいる人
  • 外出から帰っても手洗い・うがいをしない人
  • 気温に合った服装をしていない人
  • 睡眠不足の人
  • 病み上がりで体力や免疫力が落ちている人
  • 子どもや高齢者

⾵邪は、体内の免疫が下がっているときに引きやすくなります。