インフルエンザの初期症状

インフルエンザの初期症状は? 風邪との違いや対処法を紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

毎年冬になると流行するのが、風邪とインフルエンザです。この2つの病気には、咳・熱・鼻水・喉の痛みといった共通の症状もあります。しかし、インフルエンザは重症化すると脳症などの合併症を起こす可能性があり、命が危なくなることもあるのです。

そこで、今回はインフルエンザの初期症状や対処法・予防方法などをご紹介しましょう。

  1. インフルエンザの基礎知識
  2. インフルエンザの初期症状
  3. インフルエンザになったら
  4. インフルエンザの予防方法
  5. インフルエンザを予防したい方のよくある質問

インフルエンザの対処法や予防法を知っていれば、いざという時に役に立ちます。インフルエンザについて知識を深めたい方やインフルエンザの初期症状について知りたい方はぜひこの記事を読んでみてください。

1.インフルエンザの基礎知識

はじめに、インフルエンザの基礎知識をご紹介します。通常の風邪と何がちがうのでしょうか?

1-1.インフルエンザとはどんな病気?

インフルエンザは、インフルエンザウィルスに感染することによって発症します。高熱や咳・鼻水・腹痛・関節痛などが代表的な症状です。通常の風邪は複数の細菌やウィルス感染によって発症しますが、インフルエンザはインフルエンザウィルスに感染した時だけ発症します。ですから、ワクチンの接種による予防ができるのです。

1-2.インフルエンザ感染のメカニズム

インフルエンザは、インフルエンザに感染した人の唾液や鼻水に触れることによって感染します。インフルエンザに感染した人が、くしゃみや咳をするたびに、無数のインフルエンザウィルスが周囲にまき散らされるのです。そのため、学校や職場など大勢の人が一か所に集まって長時間過ごす場所で感染が拡大しやすい傾向にあります。

1-3.インフルエンザの種類

インフルエンザには、A型・B型・C型の3種類があります。時折話題になる新型インフルエンザは、A型インフルエンザの一種です。

この3種類のうちA型は最も感染力が強く、広い地域で流行します。B型は特定の地域で流行することはありますが、広範囲に流行することはあまりありません。C型はほとんど普通の風邪と変わらないため、感染しても気づかないケースがたくさんあります。

1-4.インフルエンザが冬に流行する理由

インフルエンザウィルスは、乾燥して冷たい場所を好みます。ですから、冬季に感染が起こりやすいのです。しかし、その他の季節にまったくインフルエンザが発症しないというわけではありません。条件がそろえば、春や夏もインフルエンザは発症します。

1-5.インフルエンザに感染しやすい人

インフルエンザは感染症ですから、免疫力が低下していたり抵抗力が弱っていたりする人が感染しやすい傾向にあります。赤ちゃんや幼児・高齢者・疲労がたまっている人・大病をして療養中の方は要注意です。また、気管支ぜん息などの持病がある方も感染しやすいでしょう。

インフルエンザは毎年約1千万人が発症し、そのうち合併症による死亡者も含めると多い年には約1万人が死亡しています。死亡率に直せば0.05%ですが、命の危険がある恐ろしい病気には変わりありません。