気管支炎の症状や原因

気管支炎の症状や原因・対処法を知りたい! 風邪や肺炎との違いは?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

風邪の症状は改善したのに、しつこい咳がいつまで続く。咳と共に微熱や食欲不振が続いている。このような症状に悩まされている方は、気管支炎の可能性があります。気管支炎は、文字どおり気管支が炎症を起こす病気です。細菌やウィルスの他、大気汚染などの外的要因でも発症します。代表的な症状が咳なので、風邪と見分けがつきにくいことも多いのです。

そこで今回は、気管支炎の症状や原因・治療方法などをご紹介しましょう。

  1. 気管支炎とはどのような病気?
  2. 気管支炎のセルフチェック
  3. 気管支炎の治療方法について
  4. 気管支炎の予防方法
  5. 気管支炎についてのよくある質問

気管支炎の症状が分かっていれば、発病した際にすぐに適切な処置を取ることができます。気管支炎の症状が知りたい方や気管支炎らしい症状で悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.気管支炎とはどのような病気?

はじめに、気管支炎の症状や原因・種類などをご紹介します。咳以外ではどのような症状がでるのでしょうか?

1-1.気管支炎とは?

気管支は喉(気管)の下、肺のすぐ手前にある管状の器官です。ここで気管が左右の肺に枝分かれするので、気管支と呼ばれています。気管支炎はこの部位が炎症を起こす病気です。性別や年齢にかかわらず発症し、慢性化することもあります。

1-2.気管支炎の症状とは?

気管支炎の代表的な症状は、痰が絡んだ咳です。咳と一緒にねばついた痰が出ることも珍しくありません。この他、背中や喉の痛み・発熱などが伴うこともあります。

1-3.気管支炎の種類と原因とは?

1-3-1.感染性気管支炎

感染性気管支炎とは、ウィルスや細菌が原因で発生する気管支炎です。風邪から移行することも多く、他の症状は治まったのにしつこい咳だけが続く場合は気管支炎を発症している可能性があります。また、肺炎球菌やマイコプラズマなど肺炎の原因となる細菌が気管支炎を起こすこともあり、気管支炎から肺炎に移行することもあるのです。

1-3-2.刺激性気管支炎

刺激性気管支炎はタバコの煙や大気汚染物質などが原因で発症する気管支炎です。喫煙者だけでなく、喫煙者の家族も副流煙によって発症することがあります。また、大気汚染がひどい外国に長期間滞在した場合に発症することもあるでしょう。

1-3-3.慢性気管支炎

慢性気管支炎は、痰が絡んだ咳が長期間続くと診断されます。痰が絡んだ咳が1年のうち3か月以上続き、なおかつその状態が2年以上改善しない場合が診断基準です。ただし、咳や痰が肺疾患や心疾患に由来するなど明確な原因がある場合は、慢性気管支炎とは診断されません。慢性気管支炎を発症する原因はいろいろありますが、タバコの煙も原因の一つです。ですから、喫煙者・喫煙者と同居している方に発症しやすい傾向にあります。また、冬になると悪化する傾向にあるのも特徴の一つです。

1-4.気管支炎になりやすい人とは?

感染性気管支炎は、抵抗力が低下した方が発症しやすい病気です。ですから、小さな子どもや赤ちゃん・高齢者などが風邪をひいた場合はより注意が必要になります。抵抗力が強い成人でも、ストレスや生活習慣の乱れなどで抵抗力が低下していると発症率が高まるでしょう。風邪をひいても仕事を休めないという方は、要注意です。

刺激性気管支炎・慢性気管支炎は空気が汚れている場所に住んでいる方や長期間喫煙を続けている人、そしてその家族は特に発症しやすく、禁煙が最も有効な症状の改善方法になります。

1-5.気管支炎と肺炎・風邪との違い

気管支炎の代表的な症状は咳ですが、肺炎や風邪でも咳が出ます。風邪の咳に比べると、気管支炎や肺炎の咳は激しく、長期間続く傾向にあるのです。また、一度咳が出だすと中々止まりません。また、風邪の場合は軽い咳と鼻水が合わさった症状が出ることも多いのですが、気管支炎や肺炎は、咳と熱が組み合わさった症状が現れやすいのです。

一方肺炎は、気管支炎よりも高い熱が出やすく肺の痛みも加わります。ただし、気管支炎も激しい咳が続くと胸のあたりが痛むため、素人判断は難しいでしょう。病院を受診し、レントゲン検査を受ければ確実に肺炎か気管支炎か分かります。

1-6.気管支炎と紛らわしい病気とは?

気管支炎とよく似た症状が出る病気は、肺炎の他に気管支ぜんそくや肺結核・百日咳・肺がんなどがあります。咳や痰・発熱などは比較的よくある体の不調なので、「寝ていれば治る」と思っている方も多いことでしょう。しかし、単なる風邪の場合は発症して1週間もすれば、症状はかなり軽減します。1週間以上激しい咳が続きまったく改善の気配がない場合は、病院を受診しましょう。