耳の詰まり

【お悩み解決】耳の詰まりを解消したい人へ! 良い治療法を教えます!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「耳の詰まりが気になって仕方が無い」「耳の詰まりのためか集中力が無い」など、耳の詰まりで悩みを持っている人は多いです。実際に、耳の詰まりがあることで気分がスッキリしないだけでなく、集中力が低下して学業や仕事に影響することもあります。不快な症状は、1日も早く治してしまいたいものですよね。そこで、今回は、耳の詰まりを解消したい人のために知っておくべき知識をあらゆる点から解説することにします。

  1. 耳の詰まりについて
  2. 耳の詰まりで考えることができる病気
  3. 耳の詰まりの治療法について
  4. 耳の詰まりのセルフケアをやってみよう
  5. 耳の詰まりにかんするよくある質問に回答

記事を読んだ人は、耳の詰まりが起きる原因や主な症状を理解するだけでなく、治療法やセルフケアの方法についても学ぶことができます。耳の詰まりを治したい人には、必読です。また、耳の詰まりから考えることができるほかの病気の知識も身に付けることができます。とても有益な情報が満載ですから、ぜひ読んでみてください。

1.耳の詰まりについて

まずは、耳の詰まりにかんする基本的な知識を学びましょう。主な症状や原因だけでなく、耳のメカニズムや併発症状についても解説します。

1-1.耳の詰まりとはどんな症状か

耳の詰まりといっても、人によってさまざまな感じ方をします。

  • 耳が詰まった感じがする
  • 耳が聞こえにくい
  • 耳鳴りがする(キーンとする)
  • めまいを感じる
  • 鈍痛を感じる

いずれにしても、不快な症状であることには間違いありません。

1-2.耳の詰まりを引き起こす主な原因

耳の詰まりは、さまざまな原因によって起こります。特に多いものにかんしては、以下を参考にしてください。

  • 外耳部分に耳垢(あか)が溜(た)まり過ぎている
  • 耳に炎症が起きている
  • 耳管(鼻と耳をつなぐ管)に異常が起きている
  • 聴神経に異常が起きている

1-3.耳のメカニズムについて学ぼう

どうして耳の詰まりが起きるのでしょうか。実は、耳のメカニズムが大きくかかわっているのです。さて、耳は、外耳・中耳・内耳と3つの部分に分けることができます。

  • 外耳:鼓膜(こまく)より外側の部分で耳そのものも含む
  • 中耳:中耳腔(ちゅうじくう)と耳小骨(じしょうこつ)と耳管(じかん)の部分
  • 内耳:蝸牛(かぎゅう)・前庭(ぜんてい)・三半規管(さんはんきかん)の部分で中耳よりもさらに奥にある部分

それぞれの部分に役割があり相互に連動することによって、音を聴いたり・平衡感覚を保ったりすることができるのです。耳の中は想像以上に複雑な形をしています。そのため、水や空気の流れが悪くなったり異物が詰まったりしやすいのです。耳の詰まりでも外耳に原因があるものは、比較的治しやすくなります。

1-4.注意すべき併発症状とは

耳の詰まりを感じると同時に、強い吐き気やめまい・頭痛があるときは注意してください。併発症状として出た場合は、速やかに医師の診断を受けるべきです。中には、脳に病気が発生している例もあり、手遅れになると命にかかわります。耳は、頭の中にある部分でもあるので脳の異常を察知しやすいのです。