鼻ポリープ

鼻の中にできる良性腫瘍・鼻茸とは? 治療法や手術の方法を紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻茸とは、鼻ポリープとも呼ばれる鼻腔内に生ずる良性の腫瘍です。粘膜が変形してできるものであり、ぶよぶよとしていて形がきのこに似ています。鼻の奥の方にできるために、ごく小さいうちは鼻の中を覗いても見えません。大きくなってくると鼻から出てくることもあり、取り除くには手術が必要です。鼻茸はひどい鼻づまりの原因となり、嗅覚障害を引き起こす可能性もあります。
そこで、今回は鼻茸の原因や治療方法をご紹介しましょう。

  1. 鼻茸とは?
  2. 鼻茸ができているかどうかのセルフチェック
  3. 鼻茸の治療方法
  4. 鼻茸を予防するためにできること
  5. 鼻茸で悩んでいる方のよくある質問

鼻茸がどういうものかという知識があれば、鼻茸を予防することもできます。鼻がつまりやすいという方や鼻茸がどのようなものか知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.鼻茸とは?

はじめに、鼻茸の症状や鼻茸ができる原因などをご紹介します。どのような人の鼻に発生しやすいのでしょうか?

1-1.鼻茸とはどのようなもの?

鼻茸とは、鼻の奥にある粘膜が変形した良性の腫瘍です。つららのように鼻の上部から垂れさがっており、ものによっては親指の先くらいの大きさにまで成長します。小さいうちは気づきませんし、自覚症状もありません。鼻茸が大きくなると、鼻腔内がふさがれてひどい鼻づまりを起こすこともあるのです。また、鼻から出られなくなった鼻水が喉の奥に落ち込む後鼻漏という症状が起こることも珍しくありません。

1-2.鼻茸ができる原因とは?

鼻茸は、粘膜の炎症が重症化した場合に発生します。粘膜が炎症を起こす原因として代表的なものは副鼻腔炎です。特に喘息を伴う好酸球性副鼻腔炎といわれるタイプでは鼻茸が発生しやすいことが知られています。

鼻茸は基本的に良性ですが鼻茸と鑑別の難しいものとして乳頭腫や癌に伴う腫瘍があります。やや表面がざらざらしている、少し固い感じがある、出血しやすいなどの特徴もありますが、見た目では鑑別しにくいことも多く、最終的には一部を切り取って顕微鏡で調べる専門的な検査が必要です。

1-3.鼻茸ができると併発しやすい症状

鼻茸が原因の鼻づまりは、取り除かない限り完治しません。鼻づまりがひどくなると鼻呼吸ができなくなります。すると、体内へ取りこまれる酸素が不足して集中力の低下や頭痛が起こることもあるのです。また、口呼吸で眠るといびきをかきやすくなり、睡眠時無呼吸症候群をはじめとする睡眠障害も起こりやすくなります。

1-4.鼻茸が日常生活に及ぼす影響

鼻茸ができると鼻づまりの他、鼻水の量も増えます。鼻水をしょっちゅうすすり上げたりどこでもかまわず鼻をかんだりすれば、人に与える印象も悪くなるでしょう。また、鼻がつまれば匂いも分からなくなります。すると、食べ物の腐敗やガス漏れ・火事などにも気がつきにくくなるのです。