耳が詰まった感じがする。聞こえにくい。原因と治療法を紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

耳が詰まった感じがして耳が聞こえにくい。耳の不快感や違和感を覚えている。こんな症状に悩まされている方はいませんか? 耳が詰まった感じは、多くの方が一度は悩んだことがある耳の不調です。医学用語では「耳閉感」といい、一時的なことですぐに治る場合もあれば重篤な病気の症状であるケースもあります。

そこで、今回は耳の詰まった感じや耳が聞こえにくい原因や対処法をご紹介しましょう。

  1. 耳が詰まった感じとはどういうこと?
  2. 耳が詰まった場合のセルフチェック
  3. 耳が詰まった感じがする場合の治療方法
  4. 耳の詰まった感じが気になる方のよくある質問

「耳が詰まった感じがする」という症状が出る病気についての知識があれば、すぐに耳鼻咽喉科を受診して早めに治療を始めることができます。最近耳が詰まった感じを覚えることが多いという方や、耳が聞こえにくいという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.耳が詰まった感じとはどういうこと?

はじめに、耳が詰まった感じとは具体的にどのような症状を指すのかということや、その原因をご紹介しましょう。中にはすぐに治療を始めないと聴力の低下が起こるケースもあります。

1-1.耳が詰まった感じとは?

飛行機が離着陸する際や電車がトンネル内に入ったとき、耳の内側が引っ張られるような感じがしたり急に周囲の音がくぐもって聞こえたりする方は多いと思います。これが耳が詰まった感じです。

耳は鼓膜の外側にある外耳という部分と鼓膜の内側である中耳、三半規管などで構成された内耳の3つに分かれています。中耳から内側の気圧は常に一定なので、飛行機の離着陸などで気圧が変化すると耳が詰まったような感じがするのです。このような場合は、時間がたてば元に戻ります。しかし、病気で中耳や内耳に異常が起こったした場合は、このような感じがいつまでも続くのです。また、それに伴って痛みなどが起こるケースもあります。

1-2.耳閉感が症状として現れる病気とは?

  • 耳管開放症
  • 突発性難聴
  • 急性低音障害型感音難聴
  • メニエール病
  • 中耳炎(滲出性・好酸球性など)

このような病気を発症すると、耳が詰まった感じを覚えることがあります。病気が原因の耳閉感の場合は、耳の痛みやめまい・耳が聞こえにくいなどの症状が現れることも多いのです。ただし、耳閉感を覚えたからといって必ずしも病気が原因とは限りません。素人判断は禁物です。

1-3.耳の病気になる主な原因

耳の病気はストレスと大いに関係があります。特に突発性難聴やメニエール病は強いストレスがかかっている人が発症しやすいのです。一方、中耳炎や耳管開放症は鼻づまりが原因で発生することがあります。特に、鼻すすりを頻繁に行っていると鼻水が中耳内に侵入して炎症を起こし、中耳炎が発症するのです。耳管開放症は中耳炎の治療が遅れた場合、中耳の中が変形して発症することもあります。ですから、鼻炎の方や鼻をかまずにすする習慣がある方は、耳の病気にもかかりやすいのです。

1-4.耳の病気の主な治療法

耳の病気の治療法は、大きく分けて投薬と手術の2種類があります。メニエール病・突発性難聴は投薬が治療の中心です。中耳炎の場合は、投薬で治る場合もありますし、重症化した場合は鼓膜を切開して中にたまった膿を出す治療がおこなわれます。どちらの治療法でも、早期に始めるほど予後がよくなりますので、耳が詰まった感じが1週間続く場合は、病院を受診してください。

1-5.病気以外が原因の耳閉感

耳垢が耳の奥で固まってしまう耳垢塞栓や耳の中に異物を入れた場合も耳が詰まった感じがあり、音が聞こえにくくなります。耳掃除を頻繁にしている方でも、掃除の仕方によっては耳垢を耳奥の方へ押し込んでしまうことも珍しくありません。耳垢が耳奥で固まってしまうと、耳鼻咽喉科で耳垢を取ってもらう必要があります。

耳の穴の中に異物が入ってしまうケースもよくあることです。アウトドアスポーツなどを楽しんでいると、大きめの砂粒などが入ってしまうことがあります。また、水も異物の一種です。耳に水が入るとやはり詰まったような感じを覚えます。また、子どもがいたずらで耳の穴に何かを入れてしまうケースもあるのです。この場合も、耳鼻咽喉科で摘出が必要になることもあります。
これらの場合は、原因が取り除かれれば耳閉感は治まることがほとんどです。

1-6.耳閉感を放置しておくとどうなるの?

耳垢や異物が耳に詰まった場合の耳閉感は、早くそれらを取り除かないと外耳が炎症を起こすことがあります。また、耳が聞こえにくくなり日常生活にも支障が出るでしょう。
病気の場合は、聴力が低下したが失われてしまったりすることもあります。さらに、治療を始めるのが遅くなるほど症状の回復が難しくなるのです。

2.耳が詰まった感じのセルフチェック

  • 耳が詰まった感じ以外に痛みやめまい・耳が聞こえにくいなどの症状がある
  • 耳が詰まった感じが3日以上続き、改善の気配がない
  • 耳の中にそっと綿棒を入れると異物感がある
  • 子どもの耳の中に異物が見える

このような場合は、至急耳鼻咽喉科を受診しましょう。耳閉感が症状として現れる病気はたくさんありますので、素人判断は禁物です。また、子どもの耳の奥に異物が見える場合は無理に取ろうとしてはいけません。ピンセットなどでうまく掴めそうな場合以外は、耳鼻咽喉科で取ってもらいましょう。

3.耳が詰まった感じがする場合の治療方法

この項では、耳が詰まった感じがする場合の治療方法などをご紹介します。どんな治療法があるのでしょうか?

3-1.セルフケアはできるの?

水をはじめとした異物が入ってしまった場合は、異物が入った方の耳を下にしてかるく片足でケンケンしてみましょう。その振動で異物が出てくる場合があります。子どもがある程度大きい場合は、親が指導してやらせてください。ケンケンをしながら口を大きく開けたり閉めたりするとより取れやすくなります。

3-2.耳鼻咽喉科での検査方法

耳が詰まった感じがする場合は、耳鼻咽喉科を受診します。この際、詰まった感じを覚えるようになった時期や、ほかに出ている症状などをあらかじめメモ等にまとめておいて医師に伝えると診断がつきやすいでしょう。
耳の内部を診たり聴力検査をおこなったりして原因を突き止めていきます。なお、慢性副鼻腔炎や好酸球性副鼻腔炎を患っている方はその旨を必ず伝えてください。鼻と耳は体の内部でつながっているので、鼻の不調が耳に影響を及ぼすこともあります。

3-3.耳鼻咽喉科での治療方法

病気が原因で耳閉感がある場合は、投薬による治療が一般的です。ステロイド剤が使われることも多いので、用法や容量を必ず守りましょう。
中耳炎が原因で耳閉感がある場合は、手術をすすめられることもあります。この場合は医師と相談して受けるかどうかを決めてください。投薬による治療も手術も、治療開始が早いほど効果が期待できます。

3-4.鼻の治療と並行して行われることもある

慢性副鼻腔炎や好酸球性副鼻腔炎を患っている人の場合は、膿のような鼻水や好酸球が原因で中耳炎を発症する場合があります。中耳炎というと子どもが発症することの多い病気ですが、大人が発症することもあるのです。大人の場合は、滲出性中耳炎や好酸球性中耳炎など痛みが少ないかわりに治りにくい中耳炎を発症することが多く、治療に時間がかかります。中耳炎になると耳から粘性の高い体液が出ることも多いので、そのような場合はすぐに耳鼻咽喉科を受診しましょう。耳と鼻を同時に治療していくことが大切です。

3-5.耳鼻咽喉科の選び方

耳鼻咽喉科には、それぞれ得意分野があります。今はサイトを開設している医院も多いので、まず病院のサイトをチェックしてみましょう。まだ治療法がはっきりと確立されていないメニエール病や突発性難聴が疑われる場合は、それらの治療を得意としている耳鼻咽喉科を受診するといいですね。
また、耳が詰まった感じの治療は時間がかかることもあります。そのため、通いやすい耳鼻咽喉科を受診することも大切です。個人院を受診してより大きな病院での治療が必要と判断された場合は、医師が紹介状を書いてくれます。

4.耳の詰まった感じが気になる方のよくある質問

Q.耳が詰まった感じは年齢・性別問わずに感じるものでしょうか?
A.はい、感じます。飛行機の発着する際に赤ちゃんが泣くことが多いのは耳閉感が不快だからです。すぐに機嫌がよくなれば問題ありません。

Q.副鼻腔炎になると耳の異常が起きやすいのはなぜでしょうか?
A.副鼻腔炎はウィルスや細菌・好酸球が原因で発生します。前述したように耳と鼻は体の内部でつながっていますので、細菌などが中耳に悪影響を与えることがあるのです。

Q.なぜ、耳の詰まった感じを覚えたら早めに病院へ行った方がよいのでしょうか?
A.耳の詰まった感じが症状として現れる病気は、自然治癒する可能性がほとんどありません。そのため、放置しておくほどに症状が悪化するのです。

Q.中耳炎を放置しておくとよくないのでしょうか?
A.中耳炎を放置しておくと内耳にまで悪影響が出て、聴力の大幅な低下を引き起こしたり、場合によっては耳が聞こえなくなったりします。中耳炎は決して珍しい病気ではありませんが、放置しておいてはいけません。特に、好酸球性副鼻腔炎の方は要注意です。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は耳が詰まった感じがする場合の原因や対処法をご紹介しました。異物や耳垢が原因の場合は、それらを取り除けばすぐによくなりますが、病気が原因の場合は根気強い治療が必要なケースもたくさんあります。焦らずに治療を続けていきましょう。効果がないからと耳鼻咽喉科での治療を素人判断で中止してはいけません。また、投薬は必ず医師と薬剤師の指示に従ってください。