嗅覚障害の原因

嗅覚障害の原因にはどのようなものがあるの?治療法と共に紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

ものの匂いが分からなくなった。ほかの人と同じように匂いが感じられない。このような症状に悩んでいる方は意外と多いものです。匂いは鼻にある神経が、匂い分子をキャッチすることで感じます。そのため、鼻がつまっていると匂いが感じにくくなるのです。また、ストレスなどでも一時的に匂いが感じられなくなることがあります。鼻もつまっておらず強いストレスを感じている自覚もないのに匂いがうまく感じ取れない場合は、嗅覚障害の可能性があるのです。

そこで、今回は嗅覚障害の原因や治療方法をご紹介しましょう。

  1. 嗅覚障害とは?
  2. 嗅覚障害のセルフチェック
  3. 嗅覚障害の治療法
  4. 嗅覚障害で悩んでいる方のよくある質問

嗅覚障害がどういうものか分かれば、いざという時に役立ちますし早めに治療を始めることもできます。最近匂いが感じづらくなったという方や自分は嗅覚障害なのかもと悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.嗅覚障害とは?

はじめに、嗅覚障害とはどのような症状をさすのかということや嗅覚障害が起こる原因をご紹介します。匂いを感じなくなる以外にどのような症状が起こるのでしょうか?

1-1.嗅覚障害の症状とは?

嗅覚障害とは、嗅覚が正常に働かなくなる症状の総称です。匂いが分からない・分かりづらいという症状を訴える方が多いですが、その他にも

  • わずかな悪臭にも耐えられない嗅覚過敏
  • 良い匂いなのに悪臭に感じる嗅覚錯誤(異臭症)
  • 味覚の鈍化

などの症状が出る方もいます。特に嗅覚と味覚は密接な繋がりがあるため、嗅覚が鈍ると味覚も鈍くなるのです。

1-2.嗅覚障害を起こす病気

匂いは、鼻の奥にある嗅上皮(きゅうじょうひ)という場所で感じ取ります。ここに匂いを感じる嗅覚神経が集まっているのですが、何らかの原因でここまで匂いが届かなくなると匂いが感じられなくなるのです。

  • アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎が原因の粘膜の腫れ
  • 鼻中隔湾曲症による鼻腔内の形状異常
  • ポリープができた
  • 風邪やインフルエンザで嗅上皮が委縮した

このように病気が原因で嗅覚異常を起こすこともあります。これらが原因の場合は、病気の症状が治まれば嗅覚も復活する可能性が高いのです。

1-3.外傷などで嗅覚障害が起こるケース

嗅覚の末梢神経である嗅糸(きゅうし)が断裂しても、匂いを感じられなくなります。こちらは頭部打撲などの外傷が原因で起こることが多く、一度断裂した嗅糸が元のように戻ることは難しいのです。交通事故にあった後で匂いが分からなくなったという場合は、嗅糸断裂を起こしている可能性があります。

1-4.鼻以外で発症した病気が原因のケース

脳腫瘍や脳出血などで、脳の中にある匂いを感じる部分にダメージを受けても匂いを感じなくなります。また、パーキンソン病やアルツハイマー病の初期症状で嗅覚の異常が起こることもあるのです。

なお、病気の治療に使われる薬の副作用で嗅覚障害が発症することもあります。中でも抗がん剤であるテガフールを長期に使用すると嗅糸断絶が起こりやすいのです。

1-5.嗅覚障害を放置するとどうなるの?

嗅覚に異常が出ると匂いだけでなく味も分かりにくくなります。ですから、腐敗したものなどを気づかずに食べてしまうこともあるでしょう。また、異臭症になると日常生活に支障が出ることもあります。調理をする人が嗅覚障害になると、うまく料理を作れなくなることも多いのです。