嗅覚障害の原因にはどのようなものがあるの?治療法と共に紹介します。


ものの匂いが分からなくなった。ほかの人と同じように匂いが感じられない。このような症状に悩んでいる方は意外と多いものです。匂いは鼻にある神経が、匂い分子をキャッチすることで感じます。そのため、鼻がつまっていると匂いが感じにくくなるのです。また、ストレスなどでも一時的に匂いが感じられなくなることがあります。鼻もつまっておらず強いストレスを感じている自覚もないのに匂いがうまく感じ取れない場合は、嗅覚障害の可能性があるのです。

そこで、今回は嗅覚障害の原因や治療方法をご紹介しましょう。

  1. 嗅覚障害とは?
  2. 嗅覚障害のセルフチェック
  3. 嗅覚障害の治療法
  4. 嗅覚障害で悩んでいる方のよくある質問

嗅覚障害がどういうものか分かれば、いざという時に役立ちますし早めに治療を始めることもできます。最近匂いが感じづらくなったという方や自分は嗅覚障害なのかもと悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.嗅覚障害とは?

はじめに、嗅覚障害とはどのような症状をさすのかということや嗅覚障害が起こる原因をご紹介します。匂いを感じなくなる以外にどのような症状が起こるのでしょうか?

1-1.嗅覚障害の症状とは?

嗅覚障害とは、嗅覚が正常に働かなくなる症状の総称です。匂いが分からない・分かりづらいという症状を訴える方が多いですが、その他にも

  • わずかな悪臭にも耐えられない嗅覚過敏
  • 良い匂いなのに悪臭に感じる嗅覚錯誤(異臭症)
  • 味覚の鈍化

などの症状が出る方もいます。特に嗅覚と味覚は密接な繋がりがあるため、嗅覚が鈍ると味覚も鈍くなるのです。

1-2.嗅覚障害を起こす病気

匂いは、鼻の奥にある嗅上皮(きゅうじょうひ)という場所で感じ取ります。ここに匂いを感じる嗅覚神経が集まっているのですが、何らかの原因でここまで匂いが届かなくなると匂いが感じられなくなるのです。

  • アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎が原因の粘膜の腫れ
  • 鼻中隔湾曲症による鼻腔内の形状異常
  • ポリープができた
  • 風邪やインフルエンザで嗅上皮が委縮した

このように病気が原因で嗅覚異常を起こすこともあります。これらが原因の場合は、病気の症状が治まれば嗅覚も復活する可能性が高いのです。

1-3.外傷などで嗅覚障害が起こるケース

嗅覚の末梢神経である嗅糸(きゅうし)が断裂しても、匂いを感じられなくなります。こちらは頭部打撲などの外傷が原因で起こることが多く、一度断裂した嗅糸が元のように戻ることは難しいのです。交通事故にあった後で匂いが分からなくなったという場合は、嗅糸断裂を起こしている可能性があります。

1-4.鼻以外で発症した病気が原因のケース

脳腫瘍や脳出血などで、脳の中にある匂いを感じる部分にダメージを受けても匂いを感じなくなります。また、パーキンソン病やアルツハイマー病の初期症状で嗅覚の異常が起こることもあるのです。

なお、病気の治療に使われる薬の副作用で嗅覚障害が発症することもあります。中でも抗がん剤であるテガフールを長期に使用すると嗅糸断絶が起こりやすいのです。

1-5.嗅覚障害を放置するとどうなるの?

嗅覚に異常が出ると匂いだけでなく味も分かりにくくなります。ですから、腐敗したものなどを気づかずに食べてしまうこともあるでしょう。また、異臭症になると日常生活に支障が出ることもあります。調理をする人が嗅覚障害になると、うまく料理を作れなくなることも多いのです。

2.嗅覚障害のセルフチェック

  • 匂いを感じなくなった、あるいは匂いが感じにくくなったという自覚がある
  • 常に嫌な匂いを感じるようになった
  • 他の人と自分では匂いの感じ方が異なっていることが多い
  • 味覚が鈍くなり、何を食べてもあまり味を感じない

このような自覚がある方は、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。風邪をひいて鼻がつまり、匂いが分かりにくくなっているという場合はしっかりと鼻をかんで鼻水をすすり上げないことが大切です。鼻がつまって鼻をかんでもすっきりしない場合は、鼻から生理食塩水を入れて口から出す鼻うがいを行いましょう。

3.嗅覚障害の治療法

この項では、嗅覚障害の診断方法や治療法をご紹介します。何科を受診すればよいのでしょうか?

3-1.嗅覚障害かなと思ったら

風邪などが原因の鼻づまりで一時的に匂いを感じにくくなっても、通常は鼻づまりが解消すれば匂いも分かるようになります。鼻づまりが治ったのに匂いを感じにくかったり他の症状は治ったのに鼻づまりだけいつまでも長引くという場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。
交通事故などにあった後、匂いを感じなくなった場合も同様です。

3-2.嗅覚障害の診断方法

嗅覚障害かどうかを検査する場合、内視鏡検査や基準嗅覚検査が用いられます。内視鏡検査は、鼻の粘膜に腫れがないかどうかをチェックするために行われるのです。
基準嗅覚検査はT&Tオルファクトメーターとも呼ばれる検査方法で、5種類の匂いを紙につけ、その匂いが感じ取れるかどうか検査します。匂いは8段階の濃度に分けてつけられており、どの濃度で匂いを感じたかによって、嗅覚がどのくらい鈍っているかを確かめるのです。最近は、鼻の粘膜に直接匂いを噴射するジェットスクリーム法で検査を行う病院も増えてきています。
また、静脈性嗅覚検査(じょうみゃくせいきゅうかくけんさ)といって、ビタミンB1を静脈に注射する検査方法が用いられることもあるでしょう。静脈にビタミンB1を注射すると、やがて鼻の奥からニンニクの匂いがしてきます。これを感じ取れるかどうかの検査をするのです。

3-3.嗅覚障害の治療方法

嗅覚障害の治療法は原因によって異なります。アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の場合は、鼻炎そのものの治療を行うのです。粘膜の腫れが治まれば、自然に嗅覚も戻ります。
原因が分からない嗅覚障害の場合は、点鼻薬を用いた治療が一般的です。ステロイド剤を点鼻して粘膜の炎症などを鎮めます。これと並行して亜鉛・ビタミンA・ビタミンB群などの錠剤を摂取し、神経細胞の再生を促すのです。治療効果の現れ方は人によって異なります。最短でも1か月は病院に通院し、治療を受けましょう。それ以上長引いても焦らないことです。
鼻中隔湾曲症の場合は、余分な軟骨を削り取る手術を医師から勧められることもあります。手術は、症状によっては日帰りで行うこともでき、1時間以内で終わるのでそれほど大がかりな手術ではありません。鼻炎を患って鼻の粘膜が厚くなっていたり鼻の構造に大きな問題を抱えている場合は、数日間の入院が必要です。

4.嗅覚障害で悩んでいる方のよくある質問

Q.匂いを感じなくなってどのくらいの期間が経過すれば、病院を受診した方がよいのでしょうか?
A.嗅覚障害の治療は早いほど予後がよくなります。ですから、匂いの感じ方がおかしいと思ったらすぐに病院を受診してください。

Q.匂いは気のせいだといわれましたが、本当でしょうか?
A 強いストレスを感じると幻臭と呼ばれる、ありもしない匂いを感じることがあります。幻覚と同じ頻度で起こり、悩んでいる方もたくさんいるのです。幻臭の場合は神経や精神科で治療を受けると症状が改善しやすいでしょう。

Q.加齢で嗅覚障害が起こることはあるのですか?
A.あります。年を取ると嗅覚の細胞がおとろえて匂いを感じにくくなるのです。加齢で失われた細胞は元に戻りません。この場合は日常生活にもケアが必要なこともあります。

Q.副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の治療はどのようなもの?
投薬・ネプライザーと呼ばれる医療器具で薬を吸引する・レーザーで粘膜を焼くなどのいろいろな方法があります。詳しくは医師と相談してみましょう。

Q.点鼻薬の上手なさし方を教えてください。
A.仰向けに寝るより横向きに寝てさした方が嗅覚細胞の近くまで薬が届きます。また、必ず時間と容量・用法を守りましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は嗅覚障害の原因や治療法をご紹介しました。嗅覚障害にはいろいろな原因がありますが、治療が早い方が匂いを取り戻しやすいのです。そのうち嗅覚も戻るだろう、と放っておいてはいけません。また、鼻炎もちの方はこまめに耳鼻咽喉科に通って治療を受けましょう。そうすれば、嗅覚障害を事前に予防できます。


住所:大阪府大阪市城東区古市3丁目23-21
電話:06-6939-8700

年間400件の手術実績!
耳・鼻の日帰り手術、1泊2日手術にも対応。

当クリニックは全国的にも数少ないCTスキャナーを完備している耳鼻咽喉科クリニックです。日帰り手術・短期入院手術の実績も豊富です。

当クリニックの紹介
・耳の病気の解説と治療法
 ・急性中耳炎
 ・滲出性中耳炎
・鼻の病気の解説と治療法
 ・アレルギー性鼻炎
 ・副鼻腔炎
・その他病気の解説と治療法
 ・いびき・睡眠時無呼吸症候群