副鼻腔炎の治療法

副鼻腔炎に悩んでいる方必見! 手術を含む有効な治療法を紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

副鼻腔炎とは、鼻や目の周りにある副鼻腔と呼ばれる空洞内が炎症を起こす病気です。鼻風邪から移行することが多く、年齢や性別に関係なく発症します。また、アレルギー性鼻炎を患っている場合は、白血球の一種である好酸球が副鼻腔内で増殖して副鼻腔炎を発症する場合もあるのです。これを、好酸球性副鼻腔炎といいます。副鼻腔炎の症状が軽い場合は投薬や鼻水を吸引する治療がおこなわれますが、重症化していたり鼻にポリープができている場合は、手術をすすめられることもあるのです。

そこで、今回は副鼻腔炎の手術についてご紹介しましょう。

  1. 副鼻腔炎とはどのような病気?
  2. 副鼻腔炎のセルフチェック
  3. 副鼻腔炎の治療や手術について
  4. 副鼻腔炎の手術方法や術後のケアについて
  5. 副鼻腔炎のセルフケア
  6. 副鼻腔炎に悩んでいる方のよくある質問

どのような手術がおこなわれるのかが分かれば治療方法の選択肢も増えますし、手術にも安心して臨むことができます。副鼻腔炎の治療方法を知りたいという方や、副鼻腔炎を患っているという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.副鼻腔炎とはどのような病気?

はじめに副鼻腔炎の症状や原因、発症した場合の日常生活への影響などをご紹介します。副鼻腔炎は決して珍しい病気ではありませんが、慢性化すると非常に厄介です。

1-1.副鼻腔炎の原因とは?

副鼻腔炎は、前述したように副鼻腔内が炎症を起こす病気です。炎症は風邪やインフルエンザなどの細菌やウィルスの他、白血球の一種である好酸球菌が原因となっておこります。そのため、副鼻腔炎はいきなり発症するのではなく、鼻風邪やインフルエンザ・アレルギー性鼻炎から移行するケースがほとんどです。

1-2.副鼻腔炎の症状とは?

副鼻腔炎の主な症状はどろりとした粘り気のある膿状の鼻水と鼻づまりです。副鼻腔炎はくり返し発症することも多い病気で、慢性化した副鼻腔炎は慢性副鼻腔炎(蓄膿症)とも呼ばれます。慢性副鼻腔炎になると鼻づまりが原因で頭痛や顔面痛が起こることも珍しくありません。また、後鼻漏といって鼻水が喉の奥へ落ちこむ症状が現れる方もいます。

副鼻腔炎が再発をくり返すなどして長期化すると、鼻たけと呼ばれる良性のポリープができたり鼻の粘膜が肥大・増殖したりして肥厚性鼻炎に移行するケースもあるのです。

1-3.副鼻腔炎を発症しやすい人とは?

副鼻腔炎は性別や年齢を問わずに発症する病気です。

  • 花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎を発症している
  • 鼻水をかまずにすすり上げることが多い
  • 生まれつき鼻中隔が曲がっている(鼻中隔湾曲症)

中でもこのような方は副鼻腔炎を発症しやすいでしょう。また、ごくまれにですが虫歯の細菌が副鼻腔に入り炎症を起こす場合もあるのです。なお、鼻の構造の異常は耳鼻咽喉科を受診すればすぐに分かります。

1-4.副鼻腔炎を放置するとどうなるの?

副鼻腔炎には前述したように急性と慢性があります。急性副鼻腔炎は発症直後の副鼻腔炎のことです。この時に治療をしていれば、投薬や膿状の鼻水を吸引するだけで症状が改善するケースが多く、日常生活にもそれほど支障はでません。しかし、急性副鼻腔炎を放置していると慢性副鼻腔炎に移行します。炎症もひどくなっていますので、治療には時間がかかるのです。また、治療を受けても再発する可能性が高まります。
慢性副鼻腔炎になると鼻づまりが常習化し、鼻呼吸ができにくくなるでしょう。すると、酸素不足による集中力の低下や頭痛などが起こりやすくなるのです。さらに症状が長引くと、鼻づまりがどんどん悪化して口呼吸でしか呼吸ができなくなります。すると、いびきや口臭が強くなり、対人関係にも支障がでることもあるのです。