鼻づまりが頭痛を引き起こす? その理由や治療方法を紹介!


鼻づまりが起こると頭痛も一緒に起こる…と悩んでいる方はいませんか? 鼻づまりと頭痛、片方だけでもつらいのに、同時に起こってしまうと日常生活に支障が出ることもあるでしょう。また、鼻づまりが慢性化している人の中には、アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などの病気を発症している人も少なくありません。

そこで今回は、鼻づまりが頭痛を引き起こす原因や対処法をご紹介しましょう。

  1. 鼻づまりと頭痛の関係
  2. 頭痛が起こりやすい鼻づまりの原因は?
  3. 鼻づまり由来の頭痛を解消する方法
  4. 鼻づまりの治療方法
  5. 鼻づまりと頭痛に関するよくある質問

対処法が分かれば、つらい症状を少しずつでも緩和していくことができます。鼻づまりと頭痛が同時に起きて悩んでいるという方や、慢性副鼻腔炎を患っていて頭痛がよく起こるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.鼻づまりと頭痛の関係

はじめに、鼻づまりが起きるメカニズムや頭痛が併発する原因をご紹介します。なぜ、つらい症状が同時に起こるのでしょうか?

1-1.鼻づまりが起こる原因とは?

私たちの体は、健康な状態でも毎日1リットルくらいの鼻水を作っています。健康な時の鼻水は水のようにさらさらとしているので、できた鼻水は喉の奥から体の中へ自然に流れ落ちていくのです。しかし、細菌やウイルスに感染すると体の中では細菌などと白血球の戦いが始まり、両方の死骸が鼻水に混じって体外へ排出されます。すると、鼻水がねばねばとしてきて透明から黄色っぽい色に変化するのです。

鼻水の粘度が高まれば、排出もスムーズにいかなくなります。そのため、鼻づまりが起こるのです。

1-2.頭痛のメカニズム

頭痛が発症する原因は様々です。脳出血などの病気由来の原因以外では酸素不足と神経への刺激で頭痛が起こることが多いでしょう。脳は体の中で最も多くの酸素を消費する器官です。そのため、酸素不足になると頭痛が起こります。

また、頭の付近に通っている三叉神経という神経が刺激されても頭痛が起こるのです。頭の片側だけ痛むという片頭痛も三叉神経が刺激されることが原因で起こります。

1-3.頭痛と鼻づまりの関係

鼻づまりが起こると、鼻で呼吸ができなくなります。鼻で呼吸ができなくなると人は口で呼吸をするようになりますが、口は本来呼吸器官ではないので、鼻よりも効率よく酸素を取り込めません。そのため、脳が酸素不足になって頭痛が起こりやすいのです。また、鼻水が粘度を増すと鼻の奥まで鼻水がつまることがあります。すると、鼻水が三叉神経を刺激して頭痛が起こるのです。

2.頭痛が起こりやすい鼻づまりの原因は?

この項では、頭痛が起こりやすい鼻づまりの原因をご紹介します。風邪の他にはどのような原因があるのでしょうか?

2-1.病気

風邪症候群や副鼻腔炎は細菌やウイルスに感染することで発生します。副鼻腔炎とは、鼻の両側にある副鼻腔という空洞内部が炎症を起こす病気です。風邪に感染して鼻づまりが起こると、副鼻腔内部にも細菌やウイルスが入りこんで炎症を起こします。風邪をひいた後、鼻づまりだけがいつまでも改善しないという場合は、副鼻腔炎を発症している可能性があるのです。

また、花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎になっても副鼻腔炎を発症することがあります。この場合はウイルスや細菌ではなく、白血球の一種である好酸球菌が副鼻腔内にまん延することによって発症するのです。花粉症などのアレルギー性鼻炎にかかっており、さらさらした鼻水が急に粘度を増した場合は注意してください。

2-2.鼻の構造

副鼻腔炎には急性と慢性があります。慢性副鼻腔炎は別名蓄膿症とも呼ばれ、鼻づまりが長期にわたって続く厄介な病気です。適切な治療を行なわないと再発をくりかえし、鼻の粘膜が厚くなることもあります。この他、鼻づまりをくり返していると、鼻たけと呼ばれる良性のポリープができることもあるのです。鼻の粘膜が厚くなったり鼻たけができたりすると、鼻がよりつまりやすくなります。

3.鼻づまり由来の頭痛を解消する方法

では、鼻づまり由来の頭痛はどのように解消すればよいのでしょうか?この項では、その一例をご紹介します。

3-1.鼻を温める

鼻を温めると一時的に鼻づまりが解消して呼吸が楽になります。入浴が最も効果的ですが、鼻の上に蒸しタオルを置いても同様の効果があるのです。お湯が用意できる場合は、洗面器にお湯を張り、毛布やシーツなどをかぶって洗面器から立ち上る湯気を鼻から吸ってみてください。

3-2.鼻うがい

鼻うがいとは、水を鼻から入れて口から吐き出すうがいのことです。鼻と口はつながっていますので、鼻うがいをおこなうと鼻の奥につまった鼻水も取ることができます。専用の器具もドラッグストアで販売されていますので、利用してみてください。

3-3.鼻水を吸う

子どもの場合は、親が鼻吸い器で鼻水を吸ってあげましょう。こまめに吸うより時間を決めて一気に吸ったほうがたくさん鼻水が取れます。

3-4.やってはいけないこと

鼻水を強くすすると、余計に三叉神経が刺激されて頭痛がひどくなることがあります。鼻水はすすらずにかんでください。片方ずつ鼻を抑えてかむと、効果的です。

頭痛薬の乱用もやめましょう。頭痛薬を使えば一時的に痛みは治まりますが、効果が切れればまた痛みが再発します。頭痛薬を使い続けると、今度は「薬物乱用頭痛」が起こる可能性があるのです。頭痛薬はどうしても痛みが我慢できない時だけ使用し、鼻づまりの解消に努めましょう。

4.鼻づまりの治療方法

この項では、鼻づまりの治療方法についてご紹介します。たかが鼻づまりと軽視せず、病院で治療を行うことが大切です。

4-1.病院を受診した方がよいケースは?

  • 風邪をひいた後、鼻水だけがいつまでも長引いている
  • ひどい鼻づまりが2週間以上まったく改善しない
  • 花粉症などのアレルギー性鼻炎を患っていたが、急に鼻水の粘度が増した

このような症状が出たら、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。子どもや赤ちゃんも同様です。特に、風邪が流行する季節は副鼻腔炎も発症しやすくなるので、かかりつけの耳鼻咽喉科を作っておくとよいでしょう。

4-2.病院選びのポイント

鼻づまりの治療は時間がかかります。週に1~2度の通院を数か月することも珍しくありません。ですから、通いやすい病院を選びましょう。

また、慢性副鼻腔炎をくり返し発症している人の場合は、レーザー治療を受けた方がよい場合もあります。その場合は、レーザー治療の症例数が多い病院がおすすめです。今はホームページを開設している病院も多いので、それを見比べた上で通いやすい耳鼻咽喉科を探してみましょう。

4-3.治療の流れ

耳鼻咽喉科を受診すると、まずは鼻づまりの原因を突き止めるための検査を行います。レントゲン撮影が一般的ですが、病院によってはCT検査をしたりアレルギーの有無を確かめたりする検査を行うこともあるでしょう。

鼻づまりの原因が突き止められたら、それを解消する治療を行います。鼻づまりの治療は、投薬やネプライザーと呼ばれる霧状の薬を鼻の中に噴霧する方法が一般的です。

4-4.レーザー治療や手術について

鼻たけができていたり、長年の慢性副鼻腔炎により粘膜が厚くなっている場合は、レーザーでそれらを焼く手術をすすめられることがあります。麻酔をかけて行うので痛くはありません。
また、副鼻腔炎が重症化している場合は、内視鏡手術で病巣を切り取る施術をすすめられることもあります。どちらの施術も医師とよく相談をして日程などを決めましょう。

5.鼻づまりと頭痛に関するよくある質問

Q.さらさらした鼻水でも鼻づまりになることはあるのでしょうか?
A.アレルギー性鼻炎の場合はさらさらした鼻水が大量に出るようになります。さらさらした鼻水の場合は鼻づまりになりにくいのですが、鼻呼吸がしづらくなることには変わりありません。また、アレルギー性鼻炎が重症化している場合は、鼻の粘膜が腫れたり増殖したりして鼻がつまることもあります。そのため、鼻づまりにならなくても酸素不足による頭痛が起こる場合があるのです。

Q.副鼻腔炎が自然治癒することはあるのでしょうか?
A.絶対ないとはいいきれませんがその可能性は低く、放置しておくほどに症状は悪化しやすくなります。早めに耳鼻咽喉科を受診してください。

Q.子どもでも副鼻腔炎を発症することはあるのですか?
A.子どもでも副鼻腔炎を発症することはあります。慢性化もしやすいので、鼻風邪をひいたら耳鼻咽喉科を受診してください。

Q.長年副鼻腔炎に苦しんでいますが、手術した方がよいのでしょうか?
A.素人判断は禁物です。かかりつけの耳鼻咽喉科が手術を行っていない場合は、行っている病院を受診してみましょう。手術が必要なら、医師が提案してくれます。

Q.鼻づまりで頭痛がひどい場合はどうしたらよいのでしょうか?
A.がまんできないほど頭痛がひどい場合は、耳鼻咽喉科の医師に相談してください。痛み止めなどを処方してくれます。

おわりに

いかがでしたか? 今回は鼻づまりで頭痛が起こる原因や治療法をご紹介しました。鼻づまりは誰もが一度は経験したことのある体の不調です。そのため、軽く見られがちですが、鼻づまりを放置しておくと頭痛の他に集中力の低下や顔面痛などの症状が出ます。鼻づまりが2週間以上続いて改善の様子が見られない場合は、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診してください。


住所:大阪府大阪市城東区古市3丁目23-21
電話:06-6939-8700

年間400件の手術実績!
耳・鼻の日帰り手術、1泊2日手術にも対応。

当クリニックは全国的にも数少ないCTスキャナーを完備している耳鼻咽喉科クリニックです。日帰り手術・短期入院手術の実績も豊富です。

当クリニックの紹介
・耳の病気の解説と治療法
 ・急性中耳炎
 ・滲出性中耳炎
・鼻の病気の解説と治療法
 ・アレルギー性鼻炎
 ・副鼻腔炎
・その他病気の解説と治療法
 ・いびき・睡眠時無呼吸症候群