鼻づまりが頭痛を引き起こす

鼻づまりが頭痛を引き起こす? その理由や治療方法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻づまりが起こると頭痛も一緒に起こる…と悩んでいる方はいませんか? 鼻づまりと頭痛、片方だけでもつらいのに、同時に起こってしまうと日常生活に支障が出ることもあるでしょう。また、鼻づまりが慢性化している人の中には、アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などの病気を発症している人も少なくありません。

そこで今回は、鼻づまりが頭痛を引き起こす原因や対処法をご紹介しましょう。

  1. 鼻づまりと頭痛の関係
  2. 頭痛が起こりやすい鼻づまりの原因は?
  3. 鼻づまり由来の頭痛を解消する方法
  4. 鼻づまりの治療方法
  5. 鼻づまりと頭痛に関するよくある質問

対処法が分かれば、つらい症状を少しずつでも緩和していくことができます。鼻づまりと頭痛が同時に起きて悩んでいるという方や、慢性副鼻腔炎を患っていて頭痛がよく起こるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.鼻づまりと頭痛の関係

はじめに、鼻づまりが起きるメカニズムや頭痛が併発する原因をご紹介します。なぜ、つらい症状が同時に起こるのでしょうか?

1-1.鼻づまりが起こる原因とは?

私たちの体は、健康な状態でも毎日1〜2リットルくらいの鼻水を作っています。健康な時の鼻水は水のようにさらさらとしているので、できた鼻水は喉の奥から体の中へ自然に流れ落ちていくのです。しかし、細菌やウイルスに感染すると体の中では細菌などと白血球の戦いが始まり、両方の死骸が鼻水に混じって体外へ排出されます。すると、鼻水がねばねばとしてきて透明から黄色っぽい色に変化するのです。

鼻水の粘度が高まれば、排出もスムーズにいかなくなります。そのため、鼻づまりが起こるのです。

1-2.頭痛のメカニズム

頭痛が発症する原因は様々です。脳出血などの病気由来の原因以外では酸素不足と神経への刺激で頭痛が起こることが多いでしょう。脳は体の中で最も多くの酸素を消費する器官です。そのため、酸素不足になると頭痛が起こります。

また、頭の付近に通っている三叉神経という神経が刺激されても頭痛が起こるのです。頭の片側だけ痛むという片頭痛も三叉神経が刺激されることが原因で起こります。

1-3.頭痛と鼻づまりの関係

鼻づまりが起こると、鼻で呼吸ができなくなります。鼻で呼吸ができなくなると人は口で呼吸をするようになりますが、口は本来呼吸器官ではないので、鼻よりも効率よく酸素を取り込めません。そのため、脳が酸素不足になって頭痛が起こりやすいのです。また、鼻水が粘度を増すと鼻の奥まで鼻水がつまることがあります。すると、鼻水が三叉神経を刺激して頭痛が起こるのです。