耳の奥が痛い

これって病気?耳の奥が痛い! 耳の痛みがあるときの原因・改善法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「耳の後ろが痛い」「耳の奥が痛い」など、耳の痛みに悩まされている方は不安でいっぱいになっているでしょう。耳は相手や自分の声を聞き、コミュニケーションをとるために必要不可欠な部位です。一時的な痛みでもくり返し起こるのは、何かしら理由があります。大きな病気にかかっている恐れもあるのです。放置しているとさらに症状が悪化することがあるため、できるだけ早めに正しい処置をしなければなりません。

そこで、本記事では、耳の奥が痛くなる原因や考えられる病気・改善方法など詳しく説明します。

  1. 耳の奥が痛くなる原因とは?
  2. 耳の奥が痛いときに考えられる病気は?
  3. 耳の奥の痛みを改善する方法
  4. 耳の奥の痛みにかんしてよくある質問

この記事を読むことで、耳の奥が痛くなる原因を知り、正しい処置で治すことができます。耳の奥が痛い方や治したい方は、ぜひ参考にしてください。

1.耳の奥が痛くなる原因とは?

「耳が詰まった感じがする」「耳が聞こえにくい」など、痛みのほかにもさまざまな症状が出てきます。症状を改善するには、最初に原因を知ることが大切です。そこで、耳の奥が痛くなる主な原因をチェックしておきましょう。

1-1.ストレス

ストレスは大病のもとだといわれています。耳の奥が痛くなるのも、ストレスが原因になっている可能性が高いです。過剰なストレスを受けると自律神経の1つである交感神経が活性化します。交感神経が活発になるほど体は緊張し、血行が悪くなるのです。結果、筋肉へ十分な酸素が行き渡らなくなります。首や肩の筋肉が硬くなり、後頭神経が圧迫されるのです。よって、耳の奥に痛みを感じることになります。また、ストレスが原因の場合、首・肩のこりだけでなく、頭痛も起こりやすいです。

1-2.耳掃除のやりすぎ

耳掃除をするときって気持ちがいいですよね。しかし、耳かきをやりすぎてしまうと耳の奥に痛みが走ることがあります。耳の中は非常にデリケートな部分です。刺激を強く与えてしまうことで、耳の中が傷ついて痛みが出てきます。さらに、傷ついた部分から菌が入ると外耳炎を起こす恐れもあるのです。耳掃除は1~2週間に1回がベストといわれています。やりすぎないように注意してくださいね。

1-3.気圧変化

飛行機に乗っているとき、耳の奥が痛くなること、よくありませんか? 実は、気圧変化が耳の奥の痛みと関係しているのです。気圧変化が原因の場合、中耳(ちゅうじ)という部分が関係しています。中耳(ちゅうじ)は、空気のとおり道である空間が耳の奥にまでつながっているのです。気圧の変化によって、空気がとおりにくくなり耳の奥に痛みが出てきます。とおり道が生まれつき細い人ほど、気圧変化による痛みを感じやすいでしょう。

1-4.リンパ節の腫れ

耳の奥がズキズキと痛いとき、首のリンパ節が腫れている可能性が高いです。首と耳は密接につながっているため、首のリンパ節が腫れると耳にまで悪影響をおよぼします。また、首のリンパ節が腫れる原因もさまざまです。最も多いのが肩こりになります。肩こりによって、リンパ節の中を流れているリンパ液が一か所にたまってしまうのです。リンパ液が一か所にたまると、リンパ節が腫れて痛みが起こります。

1-5.のどの炎症

神経痛によって耳の奥が痛くなることもあります。舌咽(ぜついん)神経と呼ばれている痛みを感じる神経が耳の奥にあるのです。舌咽(ぜついん)神経が圧迫されると耳の奥に痛みを感じます。そして、神経痛を起こしている原因がのどの炎症なのです。風邪などのウイルス感染によって、のどの炎症が起こります。

1-6.そのほか

ほかの原因としては、「イヤホンの長時間使用」「耳に入った水」が挙げられます。外出時、耳にイヤホンをつけて音楽を聴いている方は多いです。しかし、長時間のイヤホン使用は耳の中の湿度を高くする要因になります。湿度が高くなると細菌が繁殖しやすくなるのです。結果、耳の奥に痛みを感じることになります。また、耳の中に水が入ったまま放置していると外耳炎などの病気になりやすいです。必死に水を綿棒でとろうとして傷つける恐れもあります。

1-7.注意すべき併発症状

耳の奥の痛み以外にも、頭痛やめまい・吐き気・肩こり・難聴・耳だれなどの症状があれば、すぐに病院へ行ってください。特に、耳だれはすぐに対処しなければなりません。耳だれとは膿(うみ)のことです。耳だれは中耳炎を起こしている可能性があります。自分で解決しようとせず、専門家に診てもらったほうがいいですよ。