肥厚性鼻炎の症状

肥厚性鼻炎の症状とは?原因や治療法・予防方法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

あなたは肥厚性鼻炎という病名をご存じですか? ”鼻づまりがひどくて眠れない””鼻呼吸ができないから口が渇く”などの症状でお悩みの方は肥厚性鼻炎を発症している可能性があります。肥厚性鼻炎は悪化すると後鼻漏を引き起こし改善に時間がかかる病気です。早めに治療しなければ手術が必要になるケースも珍しくありません。診断が早ければ薬で治ることもあるのです。そこで、

この記事では肥厚性鼻炎の症状や治療法について詳しく解説していきます。つらい鼻づまりでお悩みの方に役に立つ内容です。

  1. 肥厚性鼻炎の基礎知識
  2. 肥厚性鼻炎の原因について
  3. 肥厚性鼻炎の治療方法
  4. 肥厚性鼻炎のレーザー手術について
  5. 肥厚性鼻炎の予防方法
  6. 肥厚性鼻炎に関するよくある質問

この記事を読むことで肥厚性鼻炎の基礎知識や予防方法などの情報を得ることができます。正しい知識を身につけて慢性的に続く不快な症状を和らげましょう。鼻づまりが長期間続いている方・肥厚性鼻炎について知りたい方はじっくり読んでくださいね。

1.肥厚性鼻炎の基礎知識

肥厚性鼻炎とは”どのような病気か”について詳しく解説します。主な症状や鼻炎との違いを知っておきましょう。

1-1.肥厚性鼻炎(ひこうせいびえん)とは?

肥厚性鼻炎とは”慢性肥厚性鼻炎”とも呼ばれる慢性鼻炎の一種です。鼻腔(びこう)の下鼻甲介(かびこうかい)の粘膜組織が増殖・肥大することで、鼻の粘膜炎症を起こし腫れて厚みがでます。下鼻甲介とは鼻で吸い込んだ空気が最初にぶつかる突起です。重度の鼻づまりがあり、悪化すると鼻水がのどに流れる”後鼻漏”を発症することもあります。肥厚性鼻炎は慢性鼻炎の中でも最も多い疾病で、粘り気のある分泌物が大量に分泌されるのが特徴です。鼻で呼吸ができず口呼吸中心となりますのでさまざまな症状が現れます。

1-2.肥厚性鼻炎の主な症状

肥厚性鼻炎の主な症状は、鼻の粘膜が肥大することで起こる鼻づまりです。日中より就寝時に起こることが多く、睡眠障害などの原因にもなります。肥厚性鼻炎の症状は以下をご覧ください。

  • 常に鼻づまりを感じる
  • 鼻呼吸ができない
  • 臭いを感じなくなる

肥厚性鼻炎は常に鼻がつまっているような状態です。粘膜が腫れて鼻の中が圧迫されています。粘り気のある鼻水が分泌されるため、炎症を起こし症状がどんどん悪化するのです。

1-3.ほかの鼻炎とどう違う?

通常鼻づまりや慢性鼻炎は片方ずつ起こりやすいのですが、肥厚性鼻炎は両側の鼻が同時に鼻づまりを起こす病気です。横向きに寝ているとき、鼻炎なら下になった方の鼻がつまります。鼻づまりや慢性鼻炎は片方ずつ起こるのが一般的です。しかし、肥厚性鼻炎は常時両側の鼻がつまった状態になります。口呼吸が中心になるため口内やのどにもさまざまな症状が出るのです。