肥厚性鼻炎の症状

肥厚性鼻炎の症状とは?原因や治療法・予防方法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

あなたは肥厚性鼻炎という病名をご存じですか? ”鼻づまりがひどくて眠れない””鼻呼吸ができないから口が渇く”などの症状でお悩みの方は肥厚性鼻炎を発症している可能性があります。肥厚性鼻炎は悪化すると後鼻漏を引き起こし改善に時間がかかる病気です。早めに治療しなければ手術が必要になるケースも珍しくありません。診断が早ければ薬で治ることもあるのです。そこで、

この記事では肥厚性鼻炎の症状や治療法について詳しく解説していきます。つらい鼻づまりでお悩みの方に役に立つ内容です。

  1. 肥厚性鼻炎の基礎知識
  2. 肥厚性鼻炎の原因について
  3. 肥厚性鼻炎の治療方法
  4. 肥厚性鼻炎のレーザー手術について
  5. 肥厚性鼻炎の予防方法
  6. 肥厚性鼻炎に関するよくある質問

この記事を読むことで肥厚性鼻炎の基礎知識や予防方法などの情報を得ることができます。正しい知識を身につけて慢性的に続く不快な症状を和らげましょう。鼻づまりが長期間続いている方・肥厚性鼻炎について知りたい方はじっくり読んでくださいね。

1.肥厚性鼻炎の基礎知識

肥厚性鼻炎とは”どのような病気か”について詳しく解説します。主な症状や鼻炎との違いを知っておきましょう。

1-1.肥厚性鼻炎(ひこうせいびえん)とは?

肥厚性鼻炎とは”慢性肥厚性鼻炎”とも呼ばれる慢性鼻炎の一種です。鼻腔(びこう)の下鼻甲介(かびこうかい)の粘膜組織が増殖・肥大することで、鼻の粘膜炎症を起こし腫れて厚みがでます。下鼻甲介とは鼻で吸い込んだ空気が最初にぶつかる突起です。重度の鼻づまりがあり、悪化すると鼻水がのどに流れる”後鼻漏”を発症することもあります。肥厚性鼻炎は慢性鼻炎の中でも最も多い疾病で、粘り気のある分泌物が大量に分泌されるのが特徴です。鼻で呼吸ができず口呼吸中心となりますのでさまざまな症状が現れます。

1-2.肥厚性鼻炎の主な症状

肥厚性鼻炎の主な症状は、鼻の粘膜が肥大することで起こる鼻づまりです。日中より就寝時に起こることが多く、睡眠障害などの原因にもなります。肥厚性鼻炎の症状は以下をご覧ください。

  • 常に鼻づまりを感じる
  • 鼻呼吸ができない
  • 臭いを感じなくなる

肥厚性鼻炎は常に鼻がつまっているような状態です。粘膜が腫れて鼻の中が圧迫されています。粘り気のある鼻水が分泌されるため、炎症を起こし症状がどんどん悪化するのです。

1-3.ほかの鼻炎とどう違う?

通常鼻づまりや慢性鼻炎は片方ずつ起こりやすいのですが、肥厚性鼻炎は両側の鼻が同時に鼻づまりを起こす病気です。横向きに寝ているとき、鼻炎なら下になった方の鼻がつまります。鼻づまりや慢性鼻炎は片方ずつ起こるのが一般的です。しかし、肥厚性鼻炎は常時両側の鼻がつまった状態になります。口呼吸が中心になるため口内やのどにもさまざまな症状が出るのです。

2.肥厚性鼻炎の原因について

肥厚性鼻炎の原因とはどのようなものがあるのでしょうか。また、日常生活への影響を確認していきましょう。

2-1.肥厚性鼻炎の原因とは?

肥厚性鼻炎の原因をご紹介します。

2-1-1.風邪が引き金になるケース

鼻炎は風邪のときに表れるよくある症状です。ライノウィルスやコロナウィルスなどにより引き起こされます。症状はくしゃみ・鼻水・鼻づまり・頭痛・発熱などです。通常、風邪に伴う鼻炎は急性鼻炎で、症状が出始めて1~3週間ほどで治ります。しかし、風邪の症状が治まっても鼻炎の症状がなかなか改善せず、慢性化したものが慢性鼻炎になるのです。悪化すると肥厚性鼻炎を引き起こす原因となります。慢性化した症状はなかなか改善することができません。

2-1-2.薬が原因になることも

血管収縮薬の入った点鼻薬にも注意が必要です。血管収縮薬は即効性があり、鼻粘膜にスプレーすると数分で症状緩和につながります。しかし、持続性がないため数時間も経過すると、また鼻がつまってしまうのです。手軽に使えることから、点鼻薬を常用している人も多いでしょう。しかし、点鼻薬を使い続けると薬の刺激で鼻の粘膜が腫れ炎症を起こし、肥厚性鼻炎になってしまいます。

2-1-3.そのほか考えられる原因

肥厚性鼻炎はそのほかにも以下のような原因が考えられます。

  • 大気汚染物質による刺激
  • 長期間に亘るアレルギー性鼻炎
  • 鼻中隔湾曲
  • 生活習慣病の鼻粘膜のうっ血

肥厚性鼻炎の原因として多い疾患にアレルギー性鼻炎があります。アレルギー性鼻炎が長期間続くと鼻粘膜が変化し増殖してしまうのが原因です。また、大気汚染・ほこりや花粉などで鼻粘膜が刺激を受けることでも引き起こされます。糖尿病や肝疾患・肺疾患などで鼻粘膜がうっ血し発症することも少なくありません。肥厚性鼻炎は誰にでもなりうる可能性がある病気なのです。

2-2.肥厚性鼻炎、日常生活の影響は?

肥厚性鼻炎は日常生活にもさまざまな悪影響があります。以下をご覧ください。

  • 集中力がなくなる
  • イライラする
  • 眠たい
  • 食事がおいしくない

食事をしても鼻づまりの影響で香りや味を楽しむことが難しくなります。また、鼻腔(びこう)に溜(た)まる粘り気のある鼻水は、鼻をかんでもなかなか出ません。鼻声で話しづらくなるため会話の多い仕事は支障が出ます。不快感からイライラしてストレスが溜(た)まる原因にもなるでしょう。集中力に欠け注意力が低下することで思わぬ事故やケガにつながる可能性があります。十分注意してください。

2-3.関連する症状について

肥厚性鼻炎が悪化すると現れる症状について確認してみましょう。慢性的に続く頭痛や睡眠障害などの二次的症状も多くなります。

2-3-1.頭痛・めまい

肥厚性鼻炎では鼻づまりのため、口呼吸になりがちです。本来、口は呼吸する器官ではないため、鼻呼吸より取り込む酸素が少なくなります。口呼吸では十分な酸素を取り込むことができず、脳が酸欠状態に陥るのです。脳の酸欠は頭痛やめまいを引き起こします。

2-3-2.口やのどが渇く

鼻づまりによる口呼吸は、口やのどが渇き・痛みを伴います。のどが乾燥した状態では風邪も引きやすくなるでしょう。口内が乾燥すると口内環境が悪化し、むし歯や口臭の原因にもなります。

2-3-3.睡眠障害

自律神経の一つ副交感神経は夜、活発になります。副交感神経には血管を膨張する作用があるため、夜は肥厚性鼻炎の症状もひどくなるのです。

  • 苦しくて目が覚める
  • 不快感で眠れない
  • いびきが出るようになった
  • 息がしづらい

上記のような症状に悩まされると眠りも浅くなるでしょう。寝ているときも口呼吸なのでいびきも増えます。一緒に寝る家族にいびきを指摘される方も多いのです。また、睡眠不足のため日中は眠気を感じることが増えます。車を運転する方は事故を起こす恐れがありますから十分注意してください。

3.肥厚性鼻炎の治療方法

肥厚性鼻炎の治療にはどのような方法があるのでしょうか。治療法についてご紹介します。

3-1.肥厚性鼻炎の診断方法について

肥厚性鼻炎は耳鼻科を受診すればすぐにわかります。肥厚性鼻炎の原因は一つではありません。複数の要因を考え検査していきます。検査方法は主に問診と視診です。まずは、「慢性的な鼻炎やアレルギー症状がないか」を十分に問診します。X線検査やCT検査・血液検査などでアレルギー検査をすることもあるでしょう。さらに、鼻鏡検査で鼻中隔湾曲症・急性鼻炎などの鑑別や合併なども調べます。場合により鼻腔(びこう)通気度検査を行うこともあるでしょう。

3-2.肥厚性鼻炎の治療方法

肥厚性鼻炎の治療方法は、主に薬とレーザー手術の2種類です。2つの治療方法を解説していきます。

3-2-1.レーザー治療

レーザー治療では鼻粘膜へレーザー照射を行います。手術と言っても5分ほどです。塗るタイプの麻酔薬を使うため痛みはほとんどありません。レーザーで鼻の粘膜を焼却しアレルギー反応を起こさないようにします。1回では効果が出ない場合、2~3回追加で照射が必要です。レーザー治療の流れをご案内します。

  1. 麻酔薬の付いたガーゼを鼻の中につめる
  2. 15分ほど時間を置きガーゼを取り出す
  3. レーザー照射(5~10分程度)

手術と聞くと大がかりなものを想像してしまいますよね。しかし、レーザー治療は照射を行うだけの手軽な治療法です。わずらわしい症状をたった5分~10分で改善することができます。

3-2-2.薬による治療

慢性的な症状でも内服薬や点鼻薬で症状が緩和することもあります。使う内服薬は、アレルギーの治療薬で効果が高いとされる”抗ロイコトリエン薬””抗トロンボキサンA2薬”などです。”抗ヒスタミン薬””ステロイドの点鼻薬””漢方薬”などを使うこともあります。アレルギー性鼻炎を合併している場合はアレルギーに対する内服薬も併用することになるでしょう。ネブライザーでステロイドや抗ヒスタミン剤を吸入する治療法を用いることもありますが、毎日通院しなければなりません。薬で一時的に症状が和らいでも、治療を中断すればまた鼻づまりが起きます。薬で改善しない場合は手術を検討することになるでしょう。

3-2-3.そのほかの治療法

通常はレーザー手術が主流ですが、重症のケースでは、下鼻甲介骨切除術や下鼻甲介粘膜切除術などの手術が行われることも多くなりました。肥厚性鼻炎の原因となるアレルギー性鼻炎が神経に関与している場合は、鼻内後鼻神経凍結術という手術を行います。後鼻神経凍結術とは神経を切らずに低温で冷やし変性させる手術です。粘膜の上から後鼻神経を数分間冷却します。レーザー手術と同時に行うことが多い手術です。肥厚性鼻炎の原因が鼻の構造に問題がある場合は、鼻中隔矯正術や粘膜下下甲介骨切除術を行います。骨の構造により引き起こされる症状には薬が効きません。下甲介骨切除術で余分な骨を除去すれば永久的な症状改善が見込まれます。

3-3.治療に関する注意

治療法は、肥厚性鼻炎の原因や症状を総合的に判断して決めます。症状が軽いからと言って市販薬を自分の判断で服用するのは止めてください。肥厚性鼻炎は早めに医師の診断を受けることで改善することもあります。症状が悪化すればそれだけ治療も大変になりますから注意してください。

4.肥厚性鼻炎のレーザー手術について

肥厚性鼻炎のレーザー手術についてもう少し詳しく見ていきましょう。

4-1.どんな場合に手術が必要?

レーザー手術が必要なのは慢性的に鼻がつまっている人です。薬では症状がなかなか改善されず、日常生活に支障をきたしている場合に手術が適しています。また、妊娠中で薬の治療ができない方にもおススメです。夜に鼻がつまり眠れない人、いびきがひどい人にも手術が適しています。

4-1-1.レーザー手術が適さない人

局所麻酔に使うことが多いキシロカインにアレルギーがある方は医師に申し出てください。また、ほかの病気が原因で鼻がつまっている方はレーザー治療が適さないこともあります。

4-2.レーザー手術のメリット・デメリット

レーザー手術のメリットは即効性があることです。レーザー手術を受けた8割~9割の方が症状が改善されたことを実感しているというデータもあります。たった5分の手術で今の苦しい症状を改善することができるのです。効果は2年程度持続します。後遺症や痛み・出血もほとんどありません。投薬治療のような副作用もなく、快適な生活を手に入れることができます。ただし、効果は数年間で永続的なものではありません。効果が落ちたと感じたら繰り返し受けることも可能です。

4-3.手術の時間、入院日数は?

最近では、日帰り手術を行う病院が増えています。局所麻酔で行う病院では日帰りが可能です。全身麻酔になると1泊2日の入院が必要になるでしょう。症状や重症度により異なります。レーザー手術は安全性も高く痛みも出血も少ないため、10分ほどで終わり日帰り手術になることがほとんどです。

4-4.保険は適応される?

肥厚性鼻炎のレーザー治療には保険が適応されます。費用の心配は必要ありません。通院回数も少なく経済的にも有効な治療法です。日帰りの場合は局所麻酔となり入院費も必要ありません。3割負担でも35000円~40000円で行う病院もあります。病院によっても治療方針が変わりますから、入院する時間がなく費用も安く抑えたい方は日帰り手術の実績が多い病院を選びましょう。

4-5.レーザー手術の注意点

炎症を起こしている部分にレーザー照射するとき、照射漏れがあると症状が改善しないこともあります。レーザー治療はとても手軽な治療法ですが、デリケートな粘膜への治療を行うため安全性も重視しなければなりません。また、大学病院では研修医が担当することもあるため注意してください。 レーザー照射を受ける際には、手術実績も多く、経験豊富な医師に丁寧に治療してもらうことが大切です。

年間400件の手術実績
川村耳鼻咽喉科クリニック
http://www.kawamura-jibika.com/

5.肥厚性鼻炎の予防方法

肥厚性鼻炎の予防方法を解説します。

5-1.気を付けたい生活習慣

肥厚性鼻炎の主な原因は”鼻炎の悪化”です。鼻炎を引き起こす要因に気を付けることで肥厚性鼻炎を予防できます。

5-1-1.アレルギー鼻炎や花粉症対策をする

もともとアレルギーや花粉症持ちの方は症状が悪化しないようアレルギー対策をしてください。アレルギーの元になる原因はさまざまです。病院を受診したことがない方は詳しく検査してもらいましょう。タバコを吸う人は鼻炎になるリスクが高いと言われています。タバコを少し控えて鼻炎が慢性化しないように気を付けましょう。

5-1-2.食生活と生活習慣を整える

鼻炎を引き起こす原因は食生活や生活習慣の乱れが関係しています。不規則な生活は免疫力が低下しアレルギーに弱い体質を作ってしまうのです。免疫力が低下するとウィルスや細菌にも弱くなり鼻の粘膜に炎症が起きやすくなります。急性鼻炎が悪化すれば、肥厚性鼻炎を発症するリスクも高まるため注意しましょう。朝起きたら太陽の光を浴び軽いストレッチやウォーキングをすると、免疫力アップにつながります。食事に玄米や海藻類を取り入れるのも効果的です。

5-1-3.部屋を清潔に保つ

ほこりなどのハウスダストやペットの毛・カビはアレルギー性鼻炎の原因になります。部屋の掃除はマメに行い、鼻炎を引き起こさないようにしましょう。布団は天日干しして、部屋の換気は十分に行ってください。掃除機をかけるときは窓を開け、空気清浄機などを活用すると良いでしょう。大掃除などをするときはマスクを忘れずに着用してください。

5-1-4.疲れやストレスを溜(た)めない

ストレスは免疫力低下を招きます。睡眠不足や疲れが続くとストレスを感じることも多くなるでしょう。十分な睡眠を心がけ気分転換をするなど、ストレス解消を意識してください。湯船に浸(つ)かると湯気でのども潤い、リラックス効果も高いですよ。お気に入りの入浴剤でバスタイムを楽しみましょう。

5-2.やってはいけないこと

鼻水や鼻づまりが辛(つら)く長引く場合にやってはいけないことをチェックしてください。

  • 原因を自己判断しない
  • 市販薬を使い続けない
  • 点鼻薬を頻繁に使わない

鼻水や鼻づまりは珍しい症状ではありません。”これくらいたいしたことない”と自己判断しがちです。また、”鼻づまりで受診なんて”と病院に行くのをためらう方も多いでしょう。しかし、鼻づまりの原因が肥厚性鼻炎や後鼻漏などの疾患なら早めに治療することが1番なのです。悪化すると改善も難しくなります。たかが鼻づまりと考えず、症状が長引くようでいたら早めに病院を受診してください。

5-3.血管収縮剤の点鼻薬を常用しないこと

血管収縮剤の点鼻薬を常用すると粘膜を刺激し肥厚性鼻炎の原因になります。市販の点鼻薬にも血管収縮剤が含まれているものが多くありますから注意してください。すでに肥厚性鼻炎を発症している方は血管収縮剤の点鼻薬を止めたからと言って症状が緩和するわけではありません。点鼻薬の使用を控え、早めに病院を受診しましょう。

6.肥厚性鼻炎に関するよくある質問

肥厚性鼻炎に関する質問をQ&A形式でご紹介します。肥厚性鼻炎の治療や改善を望む方は必ずチェックしましょう。

Q.何科を受診したらいいのでしょうか?
A.鼻づまりや鼻水の症状がある場合は耳鼻咽喉科を受診してください。のどの炎症や痛みも耳鼻咽喉科です。

Q.レーザー治療は子供でも受けられますか?
A.手術の間の10分程度じっとできれば大丈夫です。小学校低学年でも、歯の治療などで病院に慣れているお子さんなら受けられることもあります。

Q.レーザー治療をすればアレルギー性鼻炎も治るのですか?
A.レーザー治療は肥厚した粘膜を焼き凝固して縮めることで、空気のとおりをよくするものです。アレルギー体質を改善するものではありません。しかし、治療前よりは薬の量も減り症状が軽くなるというメリットがあります。アレルギーに関しては抗アレルギー薬や点鼻薬で治療していきましょう。生活習慣や食生活の改善もアレルギー鼻炎の改善に効果的です。

Q.レーザー治療の効果はどのくらい持続しますか?またすぐに効果があるものなのですか?
A.レーザー治療後は一時的に粘膜が腫れ、鼻がつまっているように感じます。1~2週間ほどで症状が改善し安定してくれば”楽になった”と実感できるでしょう。効果は人に異なりますが、1年~3年持続します。効果が薄れてきたら再度レーザー治療を行いましょう。レーザー治療は何度でもできるところがメリットです。

Q.レーザー治療後、気を付けることはありますか?
A.治療当日の入浴は控え、シャワー程度にしてください。激しい運動やサウナ・飲酒も控えた方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? この記事では肥厚性鼻炎の症状や治療法についてご紹介しました。肥厚性鼻炎の最もつらい症状は鼻づまりによる口やのどの渇き・睡眠障害です。放っておくと生活の質を落とすことは間違いありません。寝不足が続けば大きな事故を招く恐れもあるのです。症状が悪化すれば手術が必要になります。

肥厚性鼻炎を引き起こしている原因を検査して治療しなければ症状は改善されません。この記事でご紹介した症状に心当たりのある方は早めに病院を受診しましょう。