鼻うがいの効果

正しい鼻掃除で不快な症状を100%スッキリ!鼻うがいの効果とは?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

正しい鼻の掃除方法をご存じですか? 鼻風邪をひくと、鼻がムズムズかゆい・鼻水が詰まって苦しい、ということがありますよね。鼻をほじってきれいにしたいけれど、人前ではなかなか恥ずかしくてできないもの。また、間違った方法で行ってしまうと鼻血の原因になり危険です。そのようなことにならないように、いつ、どのように鼻掃除を行えばよいのか知っておきましょう。

この記事では、鼻を安全に掃除する方法や赤ちゃんの鼻掃除にかんする情報をまとめてご紹介します。ぜひ、鼻の悩みを解消してください。

  1. 鼻垢の存在について
  2. 鼻を安全に掃除するには?
  3. 赤ちゃんの鼻掃除
  4. こんなときは耳鼻科へ
  5. 鼻掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、鼻を常に清潔にしておくための方法がわかります。不快なムズムズを解消して、スッキリしましょう。

1.鼻垢の存在について

まずは、鼻垢について解説します。鼻垢はなぜ溜まり、どう対処するものなのか知ってください。

1-1.鼻垢って何?

鼻垢とは、一般的に言う「鼻くそ」のことです。その正体は、「鼻水」と「ホコリ」であるということをご存じでしょうか。風邪をひいたとき鼻水が出るのは、体がウイルスや菌を追い出そうとするためです。その鼻水が乾燥すると鼻垢になります。また、呼吸によって入ってくるホコリが鼻毛にからまり、鼻垢になることも。そのほかにも、風邪をひいた後に発生する白血球の死骸が原因になることもあります。

1-2.なぜ溜まるのか?

鼻腔(びくう)から分泌される粘液とホコリやダニ・ウイルスなどが混ざり合ったものが鼻水です。そのため、風邪をひいたときやアレルギー性鼻炎を発症したときなどに、鼻垢が溜まりやすくなります。そのほかにも、空気が悪い環境が原因になることもあるでしょう。ホコリの多い部屋や通勤ルートの排気ガスなどには十分注意してください。自分で改善することができない場合は、マスクを着用するなどして鼻を守ってあげましょう。

1-3.取り除いた方がよいのか?

鼻垢が溜まると不快です。定期的に掃除をして取り除き、鼻の中を清潔な状態にしてあげましょう。ただし、そのために鼻をいじりすぎると、粘膜が傷ついて皮膚腺から分泌される液の量が多くなります。かえって鼻垢を増やしてしまうことになるのです。このような悪循環を防ぐためにも、鼻掃除は正しい方法と頻度で行うように心がけましょう。