鼻の奥が痛い

鼻の奥が痛い!!その原因はいったい何?対処法と共にご紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻の奥がツーンと痛い。このような感覚を覚えたことはありませんか?一度や二度くらいなら問題ありませんが、頻繁に痛みを感じる場合は病院での治療が必要です。そこで今回は、鼻の奥が痛い原因や対処法をご紹介しましょう。鼻の奥が痛むことは決して珍しいことではありません。しかし、たかが痛みと思って放置しておくと他の症状が出てくることもあるのです。

  1. 鼻の奥が痛くなる原因とは?
  2. 鼻の奥の痛みが症状として現れる病気
  3. 鼻の奥の痛みを解消する方法
  4. 病院へ行くべき症状とは?
  5. よくある質問

自分でできる鼻の痛み解消法も紹介しています。鼻の奥が頻繁に痛くなるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

1.鼻の奥が痛くなる原因とは?

まず初めに、鼻の奥が痛くなる原因の代表的なものをご紹介します。どのような原因で鼻の奥が痛くなるのでしょうか?

1-1.乾燥

鼻の中は常に粘膜で覆われています。しかし、外気が乾燥していたり点鼻薬を常用していたりすると鼻の中が乾燥してしまいがちです。鼻の中の乾燥が長く続くとドライノーズになり、常時鼻の奥が痛むようになります。特に、点鼻薬の常用によるドライノーズは病院での治療が必要になるケースも多いのです。

1-2.気温の変化

冬になると鼻の奥が痛くなりやすいという方は珍しくありません。これは鼻の奥に冷たい空気が入ると、血管が収縮して痛みを感じやすくなります。温かい屋外から冷たい戸外に出る場合は、できるだけ呼吸を小さく行うようにするといいでしょう。

1-3.鼻のかみ過ぎによる粘膜の炎症

鼻の中の粘膜はとてもデリケートです。そのため、鼻をかみ過ぎると粘膜が炎症を起こし、鼻をかむたびに痛みを感じるようになります。鼻をかまなければ炎症も徐々に収まってくるでしょう。しかし、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の場合は長期間鼻詰まりが起こりやすいので、炎症も治りにくいのです。

1-4.鼻血が出る前兆

人によっては、鼻血が出る前に鼻の奥が痛むことがあります。鼻血は人によって出やすい、出にくいの差が激しいですが、すぐに鼻血が出るからといって病気ではありません。気になる方は一度耳鼻咽喉科を受診しましょう。