胃腸風邪

胃腸風邪に注意! 風邪との症状の違い・ 予防法・治療法を解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

11月も半ばを過ぎ、寒さも厳しくなってきました。そろそろ風邪が流行する季節。一口に風邪と言ってもいろいろな症状がありますが、中でも気を付けなければならないのが胃腸風邪です。たかが風邪、と思っていると重篤な症状になることも珍しくありません。幼児や高齢者は特に危険です。そこで、今回は胃腸風の症状や対処法・予防法などをご紹介しましょう。一般的な風邪では効果的な対処法が、胃腸風邪ではかえって症状を悪化させてしまうこともあります。

  1. 胃腸風邪とはどんな病気?
  2. 胃腸風邪の原因と種類は?
  3. 胃腸風邪の症状とは?
  4. 胃腸風邪を発症したらどうなるの?
  5. 胃腸風邪の治療方法
  6. 胃腸風邪のセルフケア
  7. よくある質問

予防法を知っていれば胃腸風邪に感染するリスクをぐっと減らすことができます。小さなお子さんや高齢者がご家族にいる方やや胃腸風邪をできる限り予防したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.胃腸風邪とはどんな病気?

一般的な風邪がくしゃみや鼻水・咳や熱などの症状がよく出るのに対し、胃腸風邪とは腹痛や吐き気・下痢など胃腸に症状が強く出る風邪のことをいいます。38度を超える高熱が出るケースは少ないですが、その反面嘔吐や下痢・胃腸の不快感に長い間悩まされる方も珍しくありません。

感染力が強いのも特徴です。学校や職場などで感染者が出ると、あっという間に広がってしまうこともあります。しかも、インフルエンザのようにワクチンもありません。

発症してしまった場合は症状を和らげる対処療法が一般的です。胃腸風邪そのもので生命が危険にさらされることはありませんが、嘔吐や下痢によって脱水症状が起こると幼児や高齢者の場合は重篤な状態になることがあります。