急性中耳炎

急性中耳炎とは?症状や原因、ケア・治療方法を徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

急性中耳炎になってしまったとき、どのような対応をすれば良いのでしょうか。今回は、急性中耳炎の正しい知識を解説すると同時に、ケアや治療法についても詳しくお話をします。急性中耳炎について知りたい人は、ご覧ください。

  1. 急性中耳炎とは
  2. 急性中耳炎・慢性中耳炎・滲出(しんしゅつ)性中耳炎の違い
  3. 急性中耳炎と関連する病気について
  4. 急性中耳炎の治療方法
  5. 急性中耳炎のケアや生活習慣で気を付けたいこと
  6. 急性中耳炎にかんするよくある質問

急性中耳炎を早く治すためには、記事を読むことは大変有意義です。適切な治療を行って不快な症状から脱出するためにも、じっくり読んでくださいね。

1.急性中耳炎とは

まずは、急性中耳炎とはどんな病気かについてお話をします。主な症状や原因、どんな人がなりやすいかなどを確認してください。

1-1.急性中耳炎とはどんな病気か

急性中耳炎とは、中耳部分に炎症が起こっていたり膿(う)みが溜(た)まっていたりする状態を言います。中耳とは、鼓膜(こまく)の内側の部分のため、外部から直接見ることはできません。急性中耳炎は、主に鼻から侵入した雑菌やウイルスなどによる炎症が中耳部分に広がったものと考えましょう。なお、急性中耳炎は耳の病気の中でも最もかかりやすいものとなります。

1-2.急性中耳炎の主な症状

急性中耳炎の主な症状は、以下のようなものになります。

  • 耳の痛みが強い
  • 耳だれが出る
  • 発熱する
  • 耳に違和感がある
  • 難聴になる

急性中耳炎は、症状が激しく出ることもあります。痛みが強く出たり発熱したりするほかにも、難聴になることもあるので注意してください。

1-3.急性中耳炎の主な原因

中耳炎の原因は、主に細菌やウイルスと言えるでしょう。風邪(かぜ)を引いたときに体内に入ったウイルスが、鼻腔(びくう)をさかのぼって中耳に達して炎症を引き起こすのです。鼻腔(びくう)と中耳はつながっているため、鼻腔(びくう)でウイルス感染すると同時に急性中耳炎を発症する確率も高くなります。つまり、風邪を引いたり体調を崩したりして鼻腔(びくう)に炎症が起きたときは、中耳炎にも注意するべきなのだと覚えておいてください。

1-4.急性中耳炎にはどんな人がなりやすいか

急性中耳炎になりやすい人には、以下のような特徴があります。

  • 小さな子ども
  • 耳管(じかん)の長さが短い人
  • アレルギー性鼻炎を持っている人
  • 鼻の病気を持っている人
  • スイミングやダイビングが趣味の人

子どもの場合は、耳の機能が未発達なこともあり急性中耳炎になりやすいと考えてください。また、耳管(じかん)が生まれつき短い人も急性中耳炎になりやすいです。さらに、スイミングやダイビングなどのウォータースポーツが趣味の人も、急性中耳炎に注意してください。

1-5.急性中耳炎が日常生活に与える影響

急性中耳炎になると、日常生活にさまざまな影響があると考えましょう。たとえば、耳が痛かったり異物感があったりするためにイライラして集中力に欠ける状態になります。また、難聴の症状が出る場合も外出先で危ない目に遭遇しやすくなったり、人の話を聞き取りにくくなったりするなど、大きな支障があるでしょう。さらに、症状によっては入浴や洗髪の制限があるなど、日常生活の質を落とすことに間違いありません。

1-6.急性中耳炎を放置するとどうなるか

急性中耳炎は、放置すると症状が治まる人もいます。しかし、放置することで一時的に症状が治まったように見えても、完治していないことが多いため、気を付けましょう。急性中耳炎をきちんと治療しないことで、化膿(かのう)している範囲が広がったり慢性化したりすることもあります。急性中耳炎から慢性中耳炎に移行する可能性も高くなるため、放置しないで早急に治療を開始してくださいね。