急性中耳炎とは?症状や原因、ケア・治療方法を徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

急性中耳炎になってしまったとき、どのような対応をすれば良いのでしょうか。今回は、急性中耳炎の正しい知識を解説すると同時に、ケアや治療法についても詳しくお話をします。急性中耳炎について知りたい人は、ご覧ください。

  1. 急性中耳炎とは
  2. 急性中耳炎・慢性中耳炎・滲出(しんしゅつ)性中耳炎の違い
  3. 急性中耳炎と関連する病気について
  4. 急性中耳炎の治療方法
  5. 急性中耳炎のケアや生活習慣で気を付けたいこと
  6. 急性中耳炎にかんするよくある質問

急性中耳炎を早く治すためには、記事を読むことは大変有意義です。適切な治療を行って不快な症状から脱出するためにも、じっくり読んでくださいね。

1.急性中耳炎とは

まずは、急性中耳炎とはどんな病気かについてお話をします。主な症状や原因、どんな人がなりやすいかなどを確認してください。

1-1.急性中耳炎とはどんな病気か

急性中耳炎とは、中耳部分に炎症が起こっていたり膿(う)みが溜(た)まっていたりする状態を言います。中耳とは、鼓膜(こまく)の内側の部分のため、外部から直接見ることはできません。急性中耳炎は、主に鼻から侵入した雑菌やウイルスなどによる炎症が中耳部分に広がったものと考えましょう。なお、急性中耳炎は耳の病気の中でも最もかかりやすいものとなります。

1-2.急性中耳炎の主な症状

急性中耳炎の主な症状は、以下のようなものになります。

  • 耳の痛みが強い
  • 耳だれが出る
  • 発熱する
  • 耳に違和感がある
  • 難聴になる

急性中耳炎は、症状が激しく出ることもあります。痛みが強く出たり発熱したりするほかにも、難聴になることもあるので注意してください。

1-3.急性中耳炎の主な原因

中耳炎の原因は、主に細菌やウイルスと言えるでしょう。風邪(かぜ)を引いたときに体内に入ったウイルスが、鼻腔(びくう)をさかのぼって中耳に達して炎症を引き起こすのです。鼻腔(びくう)と中耳はつながっているため、鼻腔(びくう)でウイルス感染すると同時に急性中耳炎を発症する確率も高くなります。つまり、風邪を引いたり体調を崩したりして鼻腔(びくう)に炎症が起きたときは、中耳炎にも注意するべきなのだと覚えておいてください。

1-4.急性中耳炎にはどんな人がなりやすいか

急性中耳炎になりやすい人には、以下のような特徴があります。

  • 小さな子ども
  • 耳管(じかん)の長さが短い人
  • アレルギー性鼻炎を持っている人
  • 鼻の病気を持っている人
  • スイミングやダイビングが趣味の人

子どもの場合は、耳の機能が未発達なこともあり急性中耳炎になりやすいと考えてください。また、耳管(じかん)が生まれつき短い人も急性中耳炎になりやすいです。さらに、スイミングやダイビングなどのウォータースポーツが趣味の人も、急性中耳炎に注意してください。

1-5.急性中耳炎が日常生活に与える影響

急性中耳炎になると、日常生活にさまざまな影響があると考えましょう。たとえば、耳が痛かったり異物感があったりするためにイライラして集中力に欠ける状態になります。また、難聴の症状が出る場合も外出先で危ない目に遭遇しやすくなったり、人の話を聞き取りにくくなったりするなど、大きな支障があるでしょう。さらに、症状によっては入浴や洗髪の制限があるなど、日常生活の質を落とすことに間違いありません。

1-6.急性中耳炎を放置するとどうなるか

急性中耳炎は、放置すると症状が治まる人もいます。しかし、放置することで一時的に症状が治まったように見えても、完治していないことが多いため、気を付けましょう。急性中耳炎をきちんと治療しないことで、化膿(かのう)している範囲が広がったり慢性化したりすることもあります。急性中耳炎から慢性中耳炎に移行する可能性も高くなるため、放置しないで早急に治療を開始してくださいね。

2.急性中耳炎・慢性中耳炎・滲出(しんしゅつ)性中耳炎の違い

中耳炎の種類には、急性中耳炎のほかにも慢性中耳炎や滲出(しんしゅつ)性中耳炎があります。それぞれ、どのように違いがあるのかを学びましょう。

2-1.慢性中耳炎とは

慢性中耳炎とは、急性中耳炎を繰り返したり不完全な治り方をしたりしたときに発症する中耳炎のことです。慢性中耳炎になると、鼓膜(こまく)にできた小さな穴から耳だれがたくさん出てきたり難聴になったりするので注意しましょう。難聴の症状は、放置すると悪化して治りにくくなってしまいます。慢性中耳炎が原因の難聴の疑いがあるときは、速やかに医師の治療を受けてください。

2-2.滲出(しんしゅつ)性中耳炎とは

滲出(しんしゅつ)性中耳炎とは、急性中耳炎から慢性中耳炎に移行する中間の状態を言います。また、急性中耳炎の治療が不十分だったときも滲出(しんしゅつ)性中耳炎になることが多いと考えましょう。滲出(しんしゅつ)性中耳炎は、急性中耳炎によって溜(た)まった膿(う)みが中耳に残っている状態です。自覚症状としては、耳が痛いと感じることも無く、耳だれが出たり耳に違和感があったりする程度が特徴と覚えてください。ただし、中には軽い難聴を伴う人もいます。

2-3.急性中耳炎と慢性中耳炎の違いを理解しよう

急性中耳炎と慢性中耳炎の違いは、中耳炎の初期が急性中耳炎で後期が慢性中耳炎と考えてください。また、急性中耳炎には発熱や痛みなどの自覚症状が強いことが特徴です。対して、慢性中耳炎は自覚症状がほとんどありません。慢性中耳炎の場合は、耳だれが多い程度で不快な症状が無いために放置しがちになることが問題と言えるでしょう。

2-4.慢性中耳炎と滲出(しんしゅつ)性中耳炎の違いを理解しよう

急性期を過ぎた中耳炎の種類に、慢性中耳炎や滲出(しんしゅつ)性中耳炎があります。慢性中耳炎と滲出(しんしゅつ)性中耳炎の違いは、鼓膜(こまく)に穴が開いている状態かどうか、繰り返して発症しているかどうかで判断しましょう。また、慢性中耳炎は滲出(しんしゅつ)性中耳炎と比べて難聴がひどくなりやすいことも特徴です。なお、滲出(しんしゅつ)性中耳炎の後に、慢性中耳炎に移行することもあるので注意してください。

2-5.中耳炎の種類を判断するための簡単なチェックリスト

以下に、中耳炎の種類を判断するためのチェックリストをご紹介します。中耳炎の疑いがあるときに、やってみてください。

  • 耳がひどく痛い:A
  • 耳に違和感がある:A・B
  • 耳だれが出る:A・B・C
  • 発熱がある:A
  • 難聴がある:B・C

Aに当てはまる場合は急性中耳炎、Bに当てはまる場合は滲出(しんしゅつ)性中耳炎、Cに当てはまる場合は、慢性中耳炎を疑ってください。チェックリストを確認して中耳炎の疑いがあるときは、自己判断で満足しないで医師の診断を受けることが大切です。中耳炎は、どんな種類であっても医師による適切な治療を受けてこそ完治するものだと考えましょう。

3.急性中耳炎と関連する病気について

急性中耳炎と関連する病気についても、知っておきましょう。中耳炎の原因となる病気や、似た症状を持つ病気にはどのようなものがあるかご覧ください。

3-1.中耳炎の原因となる病気を学ぼう

中耳炎の原因となる病気には、主に以下のものを挙げることができます。

  • 風邪(かぜ)
  • インフルエンザ
  • アデノイド肥大
  • 副鼻腔(びくう)炎
  • アレルギー性鼻炎

耳と鼻は、つながっています。鼻の病気の悪化により、化膿(かのう)が耳にまで進むことが中耳炎の大きな原因となることを頭に入れておきましょう。

3-2.中耳炎と似た症状を持つ病気を学ぼう

中耳炎と似た症状を持つ病気については、以下のものを参考にしてください。

  • 外耳炎:耳の穴で外側(がわ)から見える部分に炎症が起きること
  • 咽頭(いんとう)炎:喉(のど)の奥に炎症が起きること
  • 顎(がく)関節症:顎(がく)関節部分に違和感を覚えたり炎症を起こしたりすること

いずれも、耳が痛くなったり難聴の症状が出たりすることがあります。自己判断で納得しないで、耳鼻科の診断を仰ぎましょう。

4.急性中耳炎の治療方法

では、急性中耳炎の治療方法について解説をします。診断方法から治療法の種類・薬など、現在行っている治療方法の詳細について確認してください。

4-1.急性中耳炎の診断方法や検査

では、急性中耳炎の診断方法や検査についても学びましょう。急性中耳炎の診断や検査の詳細は、下記を参考にしてください。

  • 医師による問診:耳の痛みや不快な症状を患者より問診すること
  • 耳鏡(じきょう)検査:耳の中を詳しく視診して状況を調べること
  • ティンパノメトリー:鼓膜(こまく)の動きや中耳の状態を調べること
  • 純音聴力検査:難聴の程度と起きている場所を調べること

実際には、上記の診断方法や検査をいくつか組み合わせて行うことになります。たとえば、問診や耳鏡(じきょう)検査だけでは難聴の程度を把握ができません。難聴の疑いがあるときは、ティンパノメトリーや純音聴力検査も必要になります。

4-2.急性中耳炎にはどんな治療法があるか

急性中耳炎の治療法には、投薬治療と外科手術があります。通常は、投薬治療が先になると考えてください。まずは、痛みを抑えたり炎症を鎮静したりするための投薬治療が始まります。急性中耳炎の症状は、1週間程度がピークのため多くの場合は投薬治療で終了するでしょう。ただし、投薬治療の効果が出にくい場合は、外科手術に切り替わることもあります。急性中耳炎の外科手術は、鼓膜(こまく)切開を行って中の膿(う)みを出す方法になると覚えましょう。

4-3.急性中耳炎の薬について

急性中耳炎では、治療のときに以下の薬を使うことになります。症状の程度によって、複数の種類の薬を組み合わせることになると理解しましょう。

  • 鎮痛薬
  • 解熱鎮痛薬
  • 抗菌薬・抗生物質
  • 点耳(てんじ)薬

急性中耳炎の治療は、痛みや発熱など現在出ている症状を緩和する目的で行うものと炎症を抑えるために細菌を殺すためのものがあります。体質や体調によっては、抗菌薬・抗生物質の投与で、じんましんが出たりお腹(なか)がゆるくなったりするので気を付けましょう。

4-4.子どもが急性中耳炎になった場合

子どもが急性中耳炎になった場合は、大人と違って症状を上手(じょうず)に伝えることができないケースが多いです。耳が痛いにもかかわらず、泣き叫ぶだけのこともあるでしょう。また、難聴になっていることに気付かないで普段と同様に過ごしていることもあります。しかし、急性中耳炎は放置すると慢性中耳炎などの治りにくい病気に移行する可能性も否定できません。プールの後など、耳の中のチェックを行うことを忘れないでください。また、子どもに直接話しかけて反応が鈍(にぶ)いなどを認めることができた場合は、早急に医師に相談しましょう。

4-5.急性中耳炎の治療にかんする注意点

急性中耳炎の治療は、早期に開始するに越したことはありません。急性中耳炎の疑いを持ったときは、速やかに医師に相談してください。急性中耳炎のうちに治療を開始することは、完治までの期間を短縮することになります。また、治療法については医師にきちんと説明を受けて納得してから始めてください。投薬治療で済むのか手術になるのか、治療方法について理解してから進めることが大切です。

4-6.急性中耳炎が完治するまでの期間

急性中耳炎が完治するまでの期間は、おおよそ1か月を見ておいてください。ただし、急性中耳炎の症状は最初の1週間でほぼ治ります。しかし、完治となると話は別だと思ってください。中耳炎の症状は、最初の1週間は痛みや腫(は)れなどが気になります。その後は、少しずつ症状が治まってくるのが通常だと考えましょう。1週間が過ぎて気になる症状が無くなっても、安心してはいけません。医師から許可が出るまでは、お風呂の入り方に気を配ったり公衆浴場やプール・海水浴に通ったりすることはやめておきましょう。

5.急性中耳炎のケアや生活習慣で気を付けたいこと

急性中耳炎になった場合、ケアや生活習慣で気を付けたいことは何でしょうか。症状を悪化しないためにも、しっかり学んでください。

5-1.急性中耳炎を予防するために気を付けたい生活習慣

急性中耳炎は、普段の生活習慣に気を付けることで予防が可能です。急性中耳炎を予防するためにも、以下に気を付けて過ごしましょう。

  • 風邪(かぜ)を引かないようにすること
  • 風邪(かぜ)を引いたらすぐに治すこと
  • 鼻の掃除をこまめに行うこと
  • 鼻の病気の治療を行うこと

急性中耳炎は、風邪(かぜ)を引いたときにウイルスが耳まで届いて炎症を起こすことが大きな原因となります。そのため、風邪(かぜ)を引かないようにすることが大切だと認識してください。また、風邪(かぜ)を引いたときは、すぐに治すことも大切です。さらに、鼻の掃除をこまめに行って清潔にしたり鼻の病気の治療を行ったりすることも、意識してください。

5-2.急性中耳炎を予防するためにやってはいけないこと

急性中耳炎を予防するためにやってはいけないことは、以下をご覧ください。意識して気を付けることで、急性中耳炎を効果的に予防することができます。

  • 鼻水が出ても放置する
  • 鼻を強くかむ
  • 耳を必要以上にいじる
  • 大きなストレスを抱える

鼻と耳のケアをしっかりすることが、急性中耳炎の予防に効果的です。しかし、鼻を強くかむなどやり過ぎはいけません。また、免疫力が下がるので大きなストレスを抱えないように注意しましょう。

5-3.急性中耳炎の合併症状で注意したいもの

急性中耳炎の合併症状としては、以下のようなものに注意してください。

  • 急性乳様突起炎:耳の後ろにある乳様突起が炎症を起こしている状態
  • 頭蓋(ずがい)内合併症:中耳の炎症が頭蓋(ずがい)内に広がった状態
  • 顔面神経麻痺(まひ):顔面神経が炎症などによって障害を起こし自由に動かない状態
  • 頚部膿瘍(けいぶのうよう):顎(あご)が赤く腫(は)れたり熱や痛みを持ったりする状態

いずれの場合も、急性中耳炎の膿(う)みが体のほかの部分に広がったことで炎症を起こしている状態となります。場合によっては、重大な後遺症が出ることがあるので気を付けましょう。

5-4.乳幼児や子どもの中耳炎について

子どもは、中耳炎になりやすいと考えましょう。理由は、免疫力が未発達だったり風邪(かぜ)を引きやすかったりするからです。また、遊んでいるときに体内に雑菌が入りやすいことも否定できません。子どもの様子を親がしっかり観察して、耳を痛がるなどの症状出ていて急性中耳炎の疑いがあるときには速やかに耳鼻科を受診してください。また、乳幼児でも急性中耳炎になります。乳幼児の場合は、急性中耳炎になっても自分が不快であることを親にはっきり伝えることができません。急に泣き出したり発熱があったりしたときは、耳の中もそっとのぞいてみてください。また、耳に触れると嫌がったり自分で耳を頻繁(ひんぱん)に触れたりすることも、急性中耳炎のサインである可能性があります。できるだけ早く、かかりつけの医師の診断を受けてください。

5-5.急性中耳炎のケアや生活習慣にかんするそのほかのこと

急性中耳炎のケアや生活習慣では、たっぷりの睡眠を取ったり食事の栄養バランスを整えたりすることにも気を配りましょう。急性中耳炎を早く治すためには、体内の免疫力を上げることも大切です。免疫力を上げるには、睡眠と栄養が大きなカギを握っていることに注目してください。急性中耳炎になるときは、体が疲労している証拠とも言えます。治療効果を上げるためにも、守ってくださいね。

6.急性中耳炎にかんするよくある質問

急性中耳炎にかんするよくある質問に、回答していきます。多くの皆さんが勘違いしやすい点について、確認しておきましょう。

6-1.急性中耳炎と気付かないでプールに入ったのですがほかの人に感染しますか?

中耳炎は、基本的に耳の内部の炎症ですからプールに入ったことで人に感染することは考えることができません。つまり、ほかの人が中耳炎になっても直接の原因にはならないので安心してください。しかし、急性中耳炎のときにプールに入ることは自分の症状を悪化することになるので避けましょう。また、プールには想像以上に雑菌が存在しているものです。プールから出た後は、きちんとシャワーで流したり入浴したりして体を清潔にすることも忘れないようにしましょう。

6-2.妊娠中に急性中耳炎になった場合に胎児にリスクはありますか?

妊娠中に急性中耳炎になっても、胎児に影響はありませんので安心してください。しかし、妊娠中は、治療のための薬の種類が心配なのも事実です。まずは、耳鼻科を受診して妊娠中であることを告知しましょう。すると、投薬治療となったとき、妊娠中でも安心して飲むことができる薬を処方してくれます。最もいけないのは、急性中耳炎を放置することです。妊娠中だからこそ、安心して過ごすために急性中耳炎の治療は確実に行っておきましょう。

6-3.薬アレルギーがあるので急性中耳炎の治療が心配なのですが?

急性中耳炎の治療は、最初に投薬治療を検討することになります。薬アレルギーがある場合は、必ず医師に申告してください。また、どのような薬でどんなアレルギー症状が出るのかも詳しく話しておきましょう。薬アレルギーがあることを申告しないで急性中耳炎の治療を受けることは、重大な副作用を発症する原因となります。医師に事前に申告をすることで、薬アレルギーを考慮した治療方針を考えてもらいましょう。

6-4.急性中耳炎の治療中に旅行に行くことは可能ですか?

急性中耳炎の治療中に旅行の予定がある場合は、念のため医師に相談してください。発熱や激しい痛みがあるときは、旅行がきっかけになって症状が悪化することがあるのでおすすめはできません。また、飛行機に乗る予定がある場合は、機内の気圧差が耳に大きな負担になることもあります。旅行先で辛(つら)い思いをしないためにも、医師と相談して旅行の可否を判断してくださいね。

6-5.現在通っている耳鼻科の治療方針や医師を信頼できない場合は?

家の近くにあるという理由だけで耳鼻科を選んではいけません。複数の耳鼻科がある場合は、評判をチェックしてから通ってください。中でも、現在中耳炎の治療で通っている耳鼻科に不審点がある場合は、ほかの耳鼻科にセカンドオピニオンを求めることも検討しましょう。良い耳鼻科は、親切にわかりやすく説明をしてくれることでしょう。なお、耳鼻科を選ぶときには、下記も参考にしてください。
川村耳鼻咽喉科クリニック:http://www.kawamura-jibika.com

まとめ

急性中耳炎は、特に子どもがなりやすい耳の病気です。急性中耳炎も適切な治療を行うことで、早期回復を期待できるでしょう。しかし、間違ったケアや生活習慣のために悪化してしまうこともあります。早期治療を基本に、適切な治療方法を受けることと正しいケアや生活習慣を送ることできちんと対応しましょう。また、急性中耳炎になった場合は、腕の良い耳鼻科医院で治療を受けることも忘れないでくださいね。