鼻水が長期間止まらない方必見!!後鼻漏の原因や治療法とは?


後鼻漏とはあまり聞きなれない病名ですが、成人の3割はこの病気で悩んでいるという調査結果もあります。特に、鼻水が長い間止まらないと悩んでいる方は、後鼻漏の可能性があるでしょう。鼻水は最もポピュラーな体の不調です。だからこそ、放置して症状を悪化させてしまう方も少なくありません。

そこで、今回は後鼻漏の原因や症状、さらに治療の方法などをご紹介します。

  1. 後鼻漏とはどんな病気?
  2. 後鼻漏の治療法とは?
  3. 後鼻漏と鼻うがいについて
  4. 後鼻漏の予防・治療方法
  5. 後鼻漏の治療についてよくある質問

後鼻漏は命にかかわる病気ではありません。しかし、この記事を読めば、日常生活に与える影響が決して軽くないことが分かるでしょう。しつこい鼻水に悩まされている方も、ぜひこの記事を読んで治療法の参考にしてください。

1.後鼻漏とはどんな病気?

始めに後鼻漏の症状や原因、そしてなりやすい人やセルフチェックの方法などをご紹介しましょう。知らないうちに後鼻漏を発症していたという方も少なくないのです。

1-1.後鼻漏の症状

かぜをひいていなくても、私たちは毎日1リットル程度の鼻水が出ます。それらは大抵鼻の穴から外へ出ていくのですが、これを「前鼻漏」というのです。鼻漏とは、鼻水のこと。後鼻漏とは鼻水が喉の奥へ落ちこんでいく症状のことを指します。

鼻が詰まっているとき、鼻水が喉の奥へ落ちこんで気持ちが悪い思いをしたことがある方も多いでしょう。後鼻漏とは、その症状が1週間以上続く状態を指します。

主な自覚症状として、喉の違和感、痰の増加、湿った咳が出る、などがあるのです。ひどくなると、ことあるごとに痰が絡み、発語にも支障が出るようになるでしょう。ここまで来ると常に喉の奥が気持ち悪く、眠っているときでも鼻水が止まらないため、いびきの症状も出てきます。

1-2.後鼻漏の原因

後鼻漏の主な原因は、かぜ、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(ふくびくうえん)などです。これらの病気になると、粘り気のある鼻水が増加します。すると、鼻水が喉の奥に落ちやすくなり、しかも喉に絡みやすくなるのです。

鼻水が粘り気を増しているのは、そこに細菌や白血球の死骸がたっぷりと含まれているため。
この粘膜が喉を痛め、咳を誘発するのです。この鼻水が気管の方まで流れてしまうと、肺炎や気管支炎の原因にもなるでしょう。また、鼻が詰まっていなくても自律神経が乱れたり低血圧になったりすると、後鼻漏を発症することもあります。

1-3.慢性副鼻腔炎の方は要注意!?

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)とは、鼻のすぐわきにある副鼻腔(ふくびくう)という空洞の中に膿がたまり、長期間炎症を起こした状態のことです。かつては「蓄膿症(ちくのうしょう)」ともいわれていました。副鼻腔炎(ふくびくうえん)が慢性化すると、鼻の粘膜が変質し、常に鼻水が大量に出る状態になってしまいます。

つまり、かぜやアレルギー性鼻炎より後鼻漏になりやすくなってしまうのですね。ですから、慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)の経験がある方やすでに発症している方は後鼻漏になりやすく、しかも重症化しやすいので注意が必要になります。

1-4.後鼻漏のセルフチェック

後鼻漏は、患者数が多い割には知名度が低い病気です。ですから、自分は後鼻漏だったとは気がつかなかったという方も少なくありません。次のような症状に当てはまる方は後鼻漏の可能性が高いでしょう。

  • 常に鼻水が喉に下りてくる感覚がある
  • 喉に鼻水がへばりついて違和感を覚える
  • 痰や湿った咳がよく出る
  • 寝ていると口の中や喉に鼻水がたまり、息苦しい
  • 喉が痛み、口臭がする

特に、慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)が原因の後鼻漏の場合は、膿状の鼻水が落ちるため、症状がひどくなりやすいでしょう。

1-5.後鼻漏を放っておくとどうなるの?

かぜ、副鼻腔炎(ふくびくうえん)、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎の副症状のような後鼻漏ですが、それだけでも厄介な症状です。また、かぜならば時間がたてば治りますが、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎(ふくびくうえん)は自然治癒がほぼ望めません。

つまり、後鼻漏も放っておけばずっと治らないのです。ちなみに、後鼻漏だけを治す薬などは現在のところ、開発されてはいません。ですから、必ず病院で治療を受けましょう。

鼻水は最もポピュラーな体の不調なので、喉に鼻水が落ちてきても「このくらいで」と思うかもしれません。しかし、放っておくと日常生活もつらくなってくるでしょう。鼻が詰まっていると集中力が低下してくるうえに、ものの味も分からなくなります。また、鼻をすすりあげるという行為や人前で大っぴらに鼻をかむことは、決して見栄えがよくありません。特に、ビジネスの場面では自分の印象が悪くなるでしょう。

また、後鼻漏になると夜中に息苦しくなって起きるため、睡眠不足にもなりがちです。いびきの症状が出ると、家族にも迷惑がかかるでしょう。

2.後鼻漏の治療法とは?

この項では、後鼻漏の治療法についてご紹介します。いったいどうすればよくなるのでしょうか?

2-1.後鼻漏の診断方法

後鼻漏は、耳鼻咽喉科で診察を受ければすぐに判明します。ただし、後鼻漏になる原因の特定に時間がかかることもあるでしょう。副鼻腔炎(ふくびくうえん)ならば、レントゲンを撮ります。アレルギーの場合は血液検査で判明することが多いでしょう。

ただし、自律神経の失調や低血圧では耳鼻咽喉科では診断がつかないこともあります。この場合は、内科などと連携して治療をする可能性もあるのです。

2-2.後鼻漏の治療法

後鼻漏の治療法は、基本的に後鼻漏の原因となっている鼻の疾患を治療する方法が採られます。ですから、花粉症の場合は花粉症を軽くする薬、副鼻腔炎(ふくびくうえん)の場合は、それを治す治療が用いられるでしょう。

ネプライザーという鼻に直接噴霧する薬などを利用すると、症状が改善しやすくなることが多いのです。ただし、後鼻漏は1度病院に通ったからといってすぐに治るものではありません。

花粉症や慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)の治療が長いのは皆様ご存じのとおりです。ですから、医師から「もう大丈夫ですよ」といわれるまで通い続けましょう。そのため、通院に便利な耳鼻咽喉科のかかりつけを作っておくと安心です。

2-3.後鼻漏の治療薬とは?

後鼻漏の治療薬は、基本的に病院で処方された薬になります。鼻水を止める薬の中には、眠気を誘うものもありますので、そのようなものが処方されたら車の運転などは注意しましょう。

また、花粉症に効果があるといわれるサプリメントも発売されていますし、病院によっては漢方薬が処方されることもあります。特に、花粉症は症状が現れる前から「甜茶(てんちゃ)」や「なたまめ茶」「シソサプリメント」などを取っておくと症状が軽くなるという方が少なくありません。

また、漢方薬は体質を改善する効果があるため、花粉症の症状を軽減させたりかぜをひきにくくしたりする効果が期待できます。漢方薬による治療を望む方は、その旨を医師に伝えましょう。

2-4.後鼻漏の手術とは?

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)が悪化していると、鼻たけといって良性のポリープが鼻の中にできていたり、粘膜が厚くなって鼻の穴が狭くなっていたりする可能性もあります。

特に、何度も再発をくりかえす場合は、手術を勧められることもあるでしょう。後鼻漏の手術は、レーザーで鼻の粘膜を焼いて鼻のとおりをよくする手術です。時間は20分ほどで、局部麻酔で行います。そのため、日帰りですむでしょう。もちろん、保険もききますので、1万円~2万円で手術が受けられます。

副作用はほとんどありませんが、たまに鼻血が出やすくなったり鼻声になったりするケースがあるのです。そのため、手術の経験が豊富な病院で手術を受ければ間違いないでしょう。

3.後鼻漏と鼻うがいについて

鼻うがいとは、生理用食塩水を鼻から入れて口から出す洗浄法です。こうすることにより、膿のような鼻水を水とともに口の方へ押し流すことができ、鼻がすっきりとするでしょう。鼻うがいの専用機は薬局に売っていますので、試してみたい方は買い求めてください。

また、鼻うがいは必ず生理用食塩水で行いましょう。真水で行うと、鼻の粘膜への刺激が強すぎ鼻の奥が痛くなります。さらに、鼻うがいをしたときに喉の奥に落ちた液体を飲みこんでしまうと、それが耳の方へ行き、中耳炎の原因になるのです。ですから、必ず鼻から入れた水は、口から吐き出してください。

4.後鼻漏の予防・治療方法

この項では、生活習慣を改めて後鼻漏を予防したり治療したりする方法をご紹介します。
実践できそうなことは、ぜひ参考にしてくださいね。

4-1.後鼻漏の予防方法とは?

後鼻漏の予防法はアレルギー性鼻炎やかぜ、副鼻腔炎(ふくびくうえん)の予防法と同じです。特に、花粉症の方はある日急に症状が出始めることもあるでしょう。ですから、水のような鼻水がずっと出っぱなしになったり目がかゆくなったりしたら、すぐに病院で治療や検査を受けてください。

すでに花粉症の方は毎年1月くらいから、サプリメントや漢方薬を飲み続けると症状が軽くなるようです。また、かぜ予防にはマスクをつけましょう。副鼻腔炎(ふくびくうえん)を発症しやすい方は、鼻水が出たらできるだけ早く病院へ行って治療を受けることです。

そうすれば、後鼻漏になる前に症状が治まるでしょう。たかが鼻水、とあなどらないことです。さらに、ビタミンCやAを意識して取れば、かぜ予防になります。

4-2.のど鼻吸引機を使ってみよう

のど鼻吸引機とは、喉や鼻に温かい霧状の蒸気を送る機器のことです。これを吸引することにより、鼻がとおってすっきりとするでしょう。入浴すると一時的に鼻づまりが治るのと同じ原理です。鼻水が出てつらい、鼻づまりをすぐに治したいという場合、病院の治療と並行して行うと効果が出ます。

4-3.やってはいけないこととは?

後鼻漏は放っておいても治るものではありません。また、鼻を強くすすりあげたりすると、鼻水が耳の方へ行って中耳炎の原因となります。さらに、口の中の乾燥は後鼻漏の症状を悪化させるでしょう。かぜで喉がつらい場合などは、マスクをして寝るなどの工夫をしてください。また、鼻水をすすってばかりいても後鼻漏は悪化します。できるだけ1回1回きちんと鼻をかみましょう。たかが鼻水とあなどって無理をしても症状は悪化します。

5.後鼻漏についてよくある質問

Q.後鼻漏は完治までどのくらいかかるのでしょうか?
A.後鼻漏の原因の病気によります。かぜならば早いですが花粉症ですと花粉の季節が終わるまで症状が続くかもしれません。

Q.市販薬で後鼻漏は治りますか?
A.市販薬だけで治るのは風邪がせいぜいでしょう。特に、副鼻腔炎(ふくびくうえん)は病院での治療が一番効果的です。

Q.たかが鼻水くらいで病院に行っても大丈夫ですか?
A.たかが鼻水、とあなどるのが一番危険です。つらい症状は一刻も早く改善した方が体のためにもよいでしょう。耳鼻咽喉科を受診してください。

Q.鼻水が止まったらもう病院に行かなくても大丈夫ですか?
A.症状によるでしょう。鼻水が止まったからといって無理をするとぶり返します。医師完治を告げられるまで、服薬等を続けてください。

Q.手術をしないと治らない後鼻漏はありますか?
A.重度の慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)が原因の後鼻漏の場合は、手術が必要になる可能性が高いです。医師ときちんと治療の方針を話し合いましょう。ただ、手術をした方が早く治ります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、後鼻漏の治し方やその方法の種類についてご紹介しました。たかが鼻水くらい、と放置しておくと日常生活に支障が出ます。もしかして、と思ったらできるだけ早く病院に行ってください。


住所:大阪府大阪市城東区古市3丁目23-21
電話:06-6939-8700

年間400件の手術実績!
耳・鼻の日帰り手術、1泊2日手術にも対応。

当クリニックは全国的にも数少ないCTスキャナーを完備している耳鼻咽喉科クリニックです。日帰り手術・短期入院手術の実績も豊富です。

当クリニックの紹介
・耳の病気の解説と治療法
 ・急性中耳炎
 ・滲出性中耳炎
・鼻の病気の解説と治療法
 ・アレルギー性鼻炎
 ・副鼻腔炎
・その他病気の解説と治療法
 ・いびき・睡眠時無呼吸症候群