鼻水を止める方法

鼻水が出っぱなしでつらい人必見!!効率的に鼻水を止める方法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻水は最もありふれた体の不調のひとつです。ちょっと寒くなっただけでも鼻水が出るという方は多いでしょう。しかし、鼻水が長い間止まらなかったり黄色い鼻水が出続けたりすると、深刻な体の不調である可能性があります。また、赤ちゃんの鼻水は大人が思っている以上につらいのです。

そこで、今回は鼻水を止める方法や病院に行った方がよい症状などをご紹介しましょう。

  1. 鼻水ってそもそも何?
  2. ​鼻づまりが起こる原因とは?
  3. 鼻水から考えられる風邪以外の病気とは?
  4. 鼻水を一時的にでも止める方法
  5. 鼻水を止める薬の使い方
  6. 子どもや赤ちゃんの鼻水、鼻づまりの注意点
  7. 鼻水の治療鼻水にかんするよくある質問

この記事を読めば、病院へ行った方がよい鼻水の色や状態なども分かるでしょう。しょっちゅう鼻水が出て止まらないという方やしつこい鼻水に悩んでいるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.鼻水ってそもそも何?

この項では、鼻水が出る原因やメカニズムをご紹介します。鼻水は身近なものでありながら、意外と知らないことが多いのではないでしょうか?

1-1.鼻水はなぜ出るの?

鼻水は、「鼻腺(びせん)や杯細胞から分泌された粘液」と「鼻内部の血管から染み出てくる浸出液(けっしょう)」が混じりあったものです。鼻水は、主に体温調節や異物の侵入を防ぐために分泌されます。

寒いときに風邪をひいてもいないのに鼻水がやたらと出る、という経験をしたことがある方もいるでしょう。これは、冷たい空気を吸わないように鼻に血液が集中しているため、鼻水の元となる浸出液も多量に分泌されます。

このように、環境の変化でも鼻水は増減するのですね。ちなみに、健康な状態でも鼻水は1日1リットルくらいは出ます。

1-2.鼻水が出ると現れる症状とは?

鼻水が多く出ると、くしゃみや鼻づまりといった症状が現れやすくなります。しかし、これは鼻水だけが原因ではありません。鼻づまりが起こるときは、鼻の粘膜などもはれていることが多いのです。

また、くしゃみも鼻が不用意に外気を吸いこまないようにしたり異物を追い出したりするための現象になります。ですから、鼻水が出るからくしゃみや鼻づまりが起こるというわけではなく、くしゃみや鼻づまりの原因となる現象によって鼻水も出るということなのです。

2.鼻づまりが起こる原因とは?

中には、鼻づまりが起こりやすいという方もいるでしょう。そんなとき、鼻の中はどんな風になっているのでしょうか? この項ではそれもご紹介しつつ、鼻づまりになる原因をご紹介します。

2-1.鼻水の変調と体の具合との関連

鼻水は、通常水のようにさらさらとしています。しかし、風邪をひいたときや何らかの原因で鼻の中が炎症を起こしているときは、黄色くてネバネバした鼻水が出ることが多いでしょう。これは、鼻水の中に白血球やウィルスの死骸が混ざっているからです。

体の中に病原菌が入ったり体のどこかで炎症が起こったりすると、ウィルスと白血球などが戦います。その結果、それらの死骸が鼻水に混じって出てくるのです。このネバネバとした鼻水は鼻の中にとどまりやすく、うまく鼻をかめないと「鼻が詰まった」状態になりやすいでしょう。

ですから、大人よりも子ども、子どもよりも赤ちゃんがねばついた鼻水で苦しみやすいのです。

2-2.鼻水が止まらないとはどういうこと?

風邪が原因で鼻水が出た場合、遅くとも2週間あれば鼻水の量は減少するでしょう。しかし、鼻水がい詰までたっても止まらないということもあります。その原因は大きく分けて二つ。一つは、副鼻腔炎(ふくびくうえん)を発症した。そしてもう一つが、アレルギー性鼻炎の発症です。

アレルギー性鼻炎は、アレルゲンが原因で発症する鼻炎のこと。アレルゲンが鼻に取りつくと粘膜が炎症を起こして充血します。すると、前述したように血管から出た浸出液由来の鼻水が止まらなくなるのです。毎年春になると多くの方を悩ませる「花粉症」もアレルギー性鼻炎の一種になります。

副鼻腔炎(ふくびくうえん)とは、鼻の脇にある副鼻腔(ふくびくう)という空洞に鼻水がたまり、炎症を起こす病気のこと。鼻水をすすり上げているうちに発症することが多いのです。これが3か月以上続くと、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)といわれる病気になります。

この病気は完治と再発をくりかえす厄介なもので、鼻汁が常に止まらず鼻が詰まった状態になりやすいのです。

2-3.鼻水が出やすい季節や出やすい人とは?

鼻水は四季を通じて出ますが、中でも春と冬に出やすいでしょう。春は花粉症などアレルギー性鼻炎の発症率が一番高くなる季節です。一方冬は外と内の寒暖差が最も激しくなり、鼻の中を守る意味でも鼻水が出やすくなります。

また、空気が乾燥しているので風邪の原因となる細菌やウィルスが増殖しやすく、したがって鼻水が出やすくなるでしょう。さらに、風邪が治っても副鼻腔炎(ふくびくうえん)になると鼻水が長引きます。

なお、鼻水が出やすい人の特徴としては、アレルギー体質と粘膜の弱さ、が挙げられるのです。アレルギー体質の場合は、アレルゲンを鼻から吸いこんだだけで鼻の粘膜が炎症を起こします。すると、鼻水が止まりにくくなるでしょう。

さらに、人によっては粘膜がすぐに炎症を起こす人もいるのです。この体質の場合も鼻水が出やすいでしょう。

2-4.鼻水をずっと放置しておくとどうなるの?

鼻水が止まらない、というのは実は異常事態です。鼻の粘膜が常にはれているか、何らかの原因で分泌の異常が起こっているのか、さらに副鼻腔炎(ふくびくうえん)も考えられます。

鼻水が止まらないと粘膜の炎症がひどくなったり、頭痛や集中力の低下などほかの症状も現れたりするでしょう。ですから、たかが鼻水と思わず、治療が必要です。

3.鼻水から考えられる風邪以外の病気とは?

鼻水が出る病気というと、真っ先に思い浮かべるのは「風邪」です。しかし、それ以外にも鼻水が出る病気は少なくありません。まずは鼻炎。この「炎」は炎症を指します。何らかの原因で鼻の粘膜が炎症を起こし、充血することで鼻水も多量に出るのです。

アレルギー性鼻炎の場合は、アレルゲンによって鼻炎が起こります。このほかにも膠原病(こうげんびょう)の中にも粘膜がはれて鼻水が止まらないといった症状が起こるケースもあるのです。

さらに、何度もご紹介している副鼻腔炎(ふくびくうえん)は、症状が長引く厄介な病気でもあります。どちらにせよ、これらの病気になると、鼻水が2週間以上おとろえることなく続くでしょう。それが風邪との大きな違いです。

4.鼻水を一時的にでも止める方法

鼻水が止まらないと、見た目も悪くなります。特に、ビジネスの場では鼻水がたれていては仕事になりません。この項では、鼻水を一時的にでも止める方法をご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

4-1.ツボを押す

鼻の両側、目が疲れたときなどに押さえる部分がありますね。そこを思い切り強く推してみましょう。また、頬骨(きょうこつ)の最も高い部分を左右均等に押しても効果が期待できます。

4-2.食べ物

ビタミンCやビタミンAを含んだ食品を食べると鼻水が止まりやすくなります。一例を挙げるとレモンなどのかんきつ類やニンジンなどです。サプリメントでも取れますが、できれば食事から取った方が効果的。なお、ビタミンAは油に溶けやすいので、野菜のいためものやあげものもよいでしょう。

4-3.子どもや赤ちゃんには鼻水吸引機を使おう

まだ鼻をうまくかめない子どもや赤ちゃんには、鼻水吸引機を使ってあげましょう。薬局などで手に入ります。電動鼻水吸引機などもありますが、それほど鼻づまりの回数が多くなければ、単純な作りのもので十分です。

赤ちゃんの鼻の吸い取り方には、コツがあります。出なくなるまでしっかり吸ってあげてください。そうすれば鼻水が止まりやすくなるだけでなく、中耳炎の予防にもなります。

4-4.生活習慣とNG行為

鼻水を止めるには規則正しい生活が一番です。過度な飲酒や喫煙は慎みましょう。また、温度差の激しい場所にひんぱんに出入りするのも、鼻水が止まらない原因になります。さらに、鼻をすすり上げてはいけません。これは副鼻腔炎(ふくびくうえん)の原因にもなるのです。

5.子どもや赤ちゃんの鼻水・鼻づまりの注意点

この項では、子どもや赤ちゃんの鼻水、鼻づまりの注意点をご紹介しましょう。大人よりも子どもの鼻水はほかの病気の原因となることが多いのです。

5-1.赤ちゃんや子どもの鼻づまりの危険性

赤ちゃんや子どもは、通常鼻呼吸ですですから、鼻水によって鼻が詰まると苦しくて仕方がありません。特に、赤ちゃんの場合は母乳やミルクがうまく飲めなくなってしまいます。すると、機嫌が悪くなって泣きっぱなしということも珍しくないでしょう。

子どもの場合は、うまく鼻がかめずにすすり上げてしまいます。すると、副鼻腔炎(ふくびくうえん)や中耳炎の原因になるのです。ですから、鼻づまりが起こったら病院へ行きましょう。

5-2.鼻づまりくらいで病院へ行ってもいいの?

大人ならば、鼻づまりで病院へ行くというと「大げさだ」と思われるかもしれません。しかし、前述したように赤ちゃんや子どもの場合は鼻が詰まると中耳炎や副鼻腔炎(ふくびくうえん)を発症する可能性が非常に高くなります。ですから、鼻が詰まったら耳鼻咽喉科を受診し、鼻水を吸ってもらいましょう。

「ネプライザー」という機械で鼻に直接薬を噴射すると、鼻の治りが早くなります。ですから、かかりつけの病院をひとつ作っておくと安心でしょう。

5-3.中耳炎かな?と思ったら

赤ちゃんが急に激しく泣きだしたり、耳を触りだしたら中耳炎を疑いましょう。急性中耳炎は激しい痛みを伴います。また、子どもが呼んでも振り向かなかったりテレビの音量をいつもよりもあげていたりすするようであっても、中耳炎の可能性があるのです。

中耳炎は放っておくと聴力の低下を招きます。ですから、このような状態になってもすぐに耳鼻咽喉科を受診してください。子どもや赤ちゃんの中耳炎はくりかえす傾向にありますが、年齢があがるにつれて発症しにくくなります。

5-4.妊娠中の鼻水について

子どもや赤ちゃんがいると、お母さんも風邪がうつりやすくなります。妊娠している場合は薬が飲めずにつらい思いをする方もいるでしょう。妊娠中の薬の投与は医師と相談しながら行っていってください。漢方薬など体に負担の少ない薬はたくさんあります。不用意に市販薬には頼らず、症状が鼻水だけだったとしても耳鼻咽喉科を受診しましょう。

6.鼻水の治療

この項では、鼻水の治療方法についてご紹介します。中には手術を勧められることもあるのです。

6-1.治療が必要な鼻水とは?

2週間以上鼻水が全く止まる気配がない場合は、ほかに症状がなくても病院を受診しましょう。前述したように、単なる風邪ならば2週間もあれば症状が治まります。ですから、それ以上鼻水が続く場合はほかの病気である可能性が高いのです。

6-2.何科を受診したらいいの?

鼻水の治療は、基本的に耳鼻咽喉科です。総合病院でも個人病院でもかまいません。通いやすい場所の病院を受診してください。

6-3.検査方法と治療方法

耳鼻科では、レントゲンや鼻の内診、さらに耳の具合などを診ます。鼻と耳はつながっているので、鼻水が長期間続いている場合は大人でも中耳炎を発症することがあるでしょう。さらに、アレルギー性鼻炎が疑われる場合は、アレルギーのテストをします。血液検査をすれば、すぐに分かるでしょう。

治療は投薬、ネプライザー、鼻洗浄が中心になります。どれも数分で終わりますが、治療が長引くことも珍しくありません。鼻水が止まってしまうと、病院通いをやめてしまう人もいます。しかし、それでは症状がぶり返しやすいでしょう。医師から完治を告げられるまでしっかり通ってください。

6-4.手術を勧められる場合とは?

副鼻腔炎(ふくびくうえん)が慢性化し、投薬では効果が薄いと判断された場合。また、鼻茸(はなたけ)という良性のポリープができた場合、さらに鼻の構造によって鼻が詰まりやすい場合などは手術を勧められます。手術といってもレーザーで鼻の粘膜を焼いたりする簡単なもの。部分麻酔をかけて20分ほどで終わるでしょう。ですから、手術というよりも少し大がかりな治療という感じです。もちろん日帰りで、入院など必要ありません。

手術をやっている病院とやっていない病院があるので、やっていない病院を受診していた場合は、やっている病院へ紹介状を書いてもらいましょう。費用は健康保険が効いて1万円前後になります。

8.鼻水にかんするよくある質問

Q.花粉症はある日突然発症することがあるって本当?

A.本当です。アレルゲンの摂取量が限界を超えた時点で発症するので、今まで平気だったのに急に、ということもあるでしょう。

Q.蓄膿症(ちくのうしょう)は市販薬で治せる?
A.難しいでしょう。今では慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)という名で呼ばれていますが、治療には抗生物質がよく使われます。市販薬にはありませんので、必ず耳鼻咽喉科を受診してください。

Q.赤ちゃんを受診させるコツは?
A.お母さんが一緒にいすに座り、しっかりと後ろから抱いてあげましょう。そうすれば、赤ちゃんが暴れてもお母さんが支えてあげられます。

Q.耳鼻咽喉科がないので内科ではダメですか?
A.内科は耳鼻咽喉の専門外。ですから風邪以外のものが原因だと気づかれなかったりします。遠くても耳鼻咽喉科に通いましょう。

Q.鼻水がつらくて夜も眠れない場合は?
A.マスクをして寝ると、自分の吐息で湿度が高くなり鼻が通りやすくなります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は鼻水の原因や対処法をいろいろとご紹介しました。たかが鼻水、されど鼻水です。甘く見ずに、おかしいなと思ったら病院を受診してください。