鼻水を止める方法

鼻水が出っぱなしでつらい人必見!!効率的に鼻水を止める方法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻水は最もありふれた体の不調のひとつです。ちょっと寒くなっただけでも鼻水が出るという方は多いでしょう。しかし、鼻水が長い間止まらなかったり黄色い鼻水が出続けたりすると、深刻な体の不調である可能性があります。また、赤ちゃんの鼻水は大人が思っている以上につらいのです。

そこで、今回は鼻水を止める方法や病院に行った方がよい症状などをご紹介しましょう。

  1. 鼻水ってそもそも何?
  2. ​鼻づまりが起こる原因とは?
  3. 鼻水から考えられる風邪以外の病気とは?
  4. 鼻水を一時的にでも止める方法
  5. 鼻水を止める薬の使い方
  6. 子どもや赤ちゃんの鼻水、鼻づまりの注意点
  7. 鼻水の治療鼻水にかんするよくある質問

この記事を読めば、病院へ行った方がよい鼻水の色や状態なども分かるでしょう。しょっちゅう鼻水が出て止まらないという方やしつこい鼻水に悩んでいるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.鼻水ってそもそも何?

この項では、鼻水が出る原因やメカニズムをご紹介します。鼻水は身近なものでありながら、意外と知らないことが多いのではないでしょうか?

1-1.鼻水はなぜ出るの?

鼻水は、「鼻腺(びせん)や杯細胞から分泌された粘液」と「鼻内部の血管から染み出てくる浸出液(けっしょう)」が混じりあったものです。鼻水は、主に体温調節や異物の侵入を防ぐために分泌されます。

寒いときに風邪をひいてもいないのに鼻水がやたらと出る、という経験をしたことがある方もいるでしょう。これは、冷たい空気を吸わないように鼻に血液が集中しているため、鼻水の元となる浸出液も多量に分泌されます。

このように、環境の変化でも鼻水は増減するのですね。ちなみに、健康な状態でも鼻水は1日1リットルくらいは出ます。

1-2.鼻水が出ると現れる症状とは?

鼻水が多く出ると、くしゃみや鼻づまりといった症状が現れやすくなります。しかし、これは鼻水だけが原因ではありません。鼻づまりが起こるときは、鼻の粘膜などもはれていることが多いのです。

また、くしゃみも鼻が不用意に外気を吸いこまないようにしたり異物を追い出したりするための現象になります。ですから、鼻水が出るからくしゃみや鼻づまりが起こるというわけではなく、くしゃみや鼻づまりの原因となる現象によって鼻水も出るということなのです。