口臭を改善する方法

ひどい口臭は蓄膿症が原因?蓄膿症による口臭を改善する方法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

蓄膿症を患っている人の多くが、ひどい口臭に悩んでいると言います。歯をしっかり磨いても、ガムを噛(か)んでも気になる口臭。臭いの発生理由が蓄膿症なら、どんなに口の中を清潔に保とうと、 歯磨きやガムだけでは口臭は改善できないのです。

そこでこの記事では、蓄膿症と口臭の関係についてご紹介します。蓄膿症による口臭を改善する方法や治療法もご案内していますので、チェックしてみてください。

蓄膿症の症状が軽いと、病気に気づくのが遅れる人も少なくありません。蓄膿症は悪化すると、とても厄介な病気です。口臭が気になる人は、蓄膿症を疑ってみましょう。

  1. 蓄膿症は口臭の原因になる?
  2. 蓄膿症による口臭チェックの仕方
  3. 蓄膿症による口臭の改善
  4. 蓄膿症を治療法

1.蓄膿症は口臭の原因になる?

蓄膿症と口臭にはどのような関係があるのでしょうか?

1-1.蓄膿症とは?

蓄膿症は、鼻の奥に膿(うみ)が溜(た)まり、さまざまな症状を引き起こす鼻の病気です。正式名称は「慢性副鼻腔(ふくびくう)炎」と言います。鼻の奥には、副鼻腔(ふくびくう)という穴があり、そこが何らかの原因で炎症を起こし、症状が長引いてしまったものです。

代表的な症状は、鼻づまり・鼻水・頭痛で、粘着性のある黄色や緑がかった鼻水が出ます。症状が軽い内は、アレルギー性鼻炎と間違いやすく悪化してから蓄膿症と気づく人も少なくありません。

1-2.蓄膿症の原因

蓄膿症になる原因はいくつかありますが、ここでは代表的なものをご紹介します。

  • 風邪
  • アレルギーによるもの
  • 鼻の形
  • 虫歯
  • 食生活
  • 顔面のケガ
  • 鼻水中の好酸球

主な発症原因は、風邪やアレルギーによるものです。風邪で鼻の粘膜が炎症を起こし、副鼻腔(ふくびくう)まで広がってしまうと蓄膿症になることがあります。花粉症やカビなどのアレルギーも、鼻の粘膜が炎症を起こすため、注意が必要です。

ハウスダストなどもアレルギーの原因になります。虫歯や偏った食生活も、蓄膿症を引き起こす原因です。生まれつきやケガなどで鼻中隔が曲がると、鼻のとおりが悪くなり、炎症を起こしやすくなります。

また、最近では鼻水の中に好酸球が増える、好酸球性副鼻腔炎という体質的な副鼻腔炎が注目されています。

1-3.蓄膿症と口臭の関係

鼻の病気である蓄膿症が、なぜ口臭と関係があるのでしょうか?蓄膿症が引き起こす口臭は、膿(うみ)の臭いが原因です。鼻と口はつながっているので、口からも 膿(うみ)の臭いが口臭として臭います。

また、蓄膿症の人は鼻が詰(つ)まっているため、口呼吸をしていることが多いでしょう。口呼吸は、口内が乾き、唾液の分泌も減ります。唾液は、口内を清潔に保つ働きをしているため、口内の細菌も増え、口臭の原因となるのです。口臭を気にして病院で診察を受けたところ、蓄膿症だったという人も珍しくありません。

2.蓄膿症による口臭チェックの仕方

では、あなたの口臭が蓄膿症によるものなのかをチェックしてみましょう。蓄膿症は、いくつかの特徴的な症状が見られます。当てはまるものがないか、確認してみてください。

  • 鼻が詰(つ)まっている
  • 鼻水が黄色い(または緑色)
  • 鼻水がどろっとしている
  • 頭痛
  • 目・鼻が痛い
  • 発熱
  • ほほが痛い、腫れている
  • 耳が聞こえずらい
  • 口臭が生臭い(肉が腐ったような臭い)
  • 鼻息も臭う

以上の項目にいくつか当てはまる場合は、蓄膿症の可能性が考えられます。蓄膿症は一般的には慢性の副鼻腔炎のことですが、特に急性の場合は細菌が増殖して膿みっぽい鼻水が充満していることも少なくなく、くさい臭いの原因となりやすいのです。

早めに対策をしないと治療が長引き悪化するでしょう。治療は早ければ早いほど、短期間で改善できます。

3.蓄膿症による口臭の改善

口臭がきつくなるのは、蓄膿症の症状の1つです。蓄膿症による口臭は、病院で蓄膿症を治療しないと改善できません。しかし、膿(うみ)の臭いをできるだけ抑えるためにできることもあります。病院で、蓄膿症の治療を受けながら、ぜひ試してみてください。

3-1.ドライマウスを改善する

鼻が詰(つ)まり、口呼吸が多くなると、口内は乾燥します。この状態をドライマウスと言い、口臭の原因の1つです。乾燥すると、口内に細菌が増殖することで臭いが発生します。ドライマウスを改善するには、水分をこまめに飲み、口内が乾燥しないようにしましょう。こまめな歯磨きやマウスウォッシュも効果があります。

3-2.唾液の分泌をよくするために

ドライマウスにならないために、唾液の分泌をよくします。ガムや梅干し・レモンなどで唾液の分泌を促しましょう。食事をよく噛んで食べることも効果的です。

4.蓄膿症の治療法

蓄膿症を治さないと、ひどい口臭は増すばかり。どんなに口臭予防をしても、症状を抑えることしかできないでしょう。蓄膿症は早めに治療することが、1番大切です。

4-1.早めに病院へ行こう

蓄膿症の治療は、病院で膿(うみ)を吸引する方法があります。昔は悪化すると膿(うみ)を取り除く手術が行われていました。しかし、最近では、重症の場合でも内視鏡を使い治療する方法が主流となっています。

昔の手術に比べると出血や痛みも少なく、顔が腫れる事もほとんどありません。鼻の詰め物も昔に比べると圧迫感や痛みの軽い物に変わってきています。施設によっては日帰りや一泊で行っているところもあります。

また、蓄膿症が軽度の場合は、薬を口と鼻から吸引する治療法や、炎症を抑える薬を服用し治せるようになってきました。蓄膿症は、悪化する前に病院へ行き、きちんとした治療を行えば、治ることも少なくありません。できるだけ早めに耳鼻科で診てもらいましょう。

4-2.自宅でできること

偏った食事やストレスを溜(た)める生活は、蓄膿症を発症する原因になります。日頃からバランスのいい食事、規則正しい生活を心がけてください。

また、蓄膿症になるきっかけで最も多いのは風邪からのウイルスや細菌の感染です。規則正しい生活や充分な睡眠、適度な運動、マスクや加湿などで風邪をひかないように注意しましょう。

5.まとめ

この記事では、蓄膿症と口臭の関係についてお話しました。蓄膿症による口臭を改善する方法や治療法はご理解いただけましたでしょうか?

  • 蓄膿症は口臭の原因になる
  • 蓄膿症による口臭チェックの仕方
  • 蓄膿症による口臭の改善
  • 蓄膿症の治療法

蓄膿症は、アレルギーや鼻炎と間違えやすいため、自己判断は危険です。軽度の内に耳鼻科を受診すれば、早く治すことができます。特に蓄膿症による口臭が気になる人は、周りの人の迷惑になっている可能性もあるでしょう。蓄膿症を治せば、口臭も改善できます。治療中は、口臭をできるだけ抑えるために、口くう内を清潔に保ち、唾液の分泌を促すよう心がけましょう。