口臭を改善する方法

ひどい口臭は蓄膿症が原因?蓄膿症による口臭を改善する方法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

蓄膿症を患っている人の多くが、ひどい口臭に悩んでいると言います。歯をしっかり磨いても、ガムを噛(か)んでも気になる口臭。臭いの発生理由が蓄膿症なら、どんなに口の中を清潔に保とうと、 歯磨きやガムだけでは口臭は改善できないのです。

そこでこの記事では、蓄膿症と口臭の関係についてご紹介します。蓄膿症による口臭を改善する方法や治療法もご案内していますので、チェックしてみてください。

蓄膿症の症状が軽いと、病気に気づくのが遅れる人も少なくありません。蓄膿症は悪化すると、とても厄介な病気です。口臭が気になる人は、蓄膿症を疑ってみましょう。

  1. 蓄膿症は口臭の原因になる?
  2. 蓄膿症による口臭チェックの仕方
  3. 蓄膿症による口臭の改善
  4. 蓄膿症を治療法

1.蓄膿症は口臭の原因になる?

蓄膿症と口臭にはどのような関係があるのでしょうか?

1-1.蓄膿症とは?

蓄膿症は、鼻の奥に膿(うみ)が溜(た)まり、さまざまな症状を引き起こす鼻の病気です。正式名称は「慢性副鼻腔(ふくびくう)炎」と言います。鼻の奥には、副鼻腔(ふくびくう)という穴があり、そこが何らかの原因で炎症を起こし、症状が長引いてしまったものです。

代表的な症状は、鼻づまり・鼻水・頭痛で、粘着性のある黄色や緑がかった鼻水が出ます。症状が軽い内は、アレルギー性鼻炎と間違いやすく悪化してから蓄膿症と気づく人も少なくありません。

1-2.蓄膿症の原因

蓄膿症になる原因はいくつかありますが、ここでは代表的なものをご紹介します。

  • 風邪
  • アレルギーによるもの
  • 鼻の形
  • 虫歯
  • 食生活
  • 顔面のケガ
  • 鼻水中の好酸球

主な発症原因は、風邪やアレルギーによるものです。風邪で鼻の粘膜が炎症を起こし、副鼻腔(ふくびくう)まで広がってしまうと蓄膿症になることがあります。花粉症やカビなどのアレルギーも、鼻の粘膜が炎症を起こすため、注意が必要です。

ハウスダストなどもアレルギーの原因になります。虫歯や偏った食生活も、蓄膿症を引き起こす原因です。生まれつきやケガなどで鼻中隔が曲がると、鼻のとおりが悪くなり、炎症を起こしやすくなります。

また、最近では鼻水の中に好酸球が増える、好酸球性副鼻腔炎という体質的な副鼻腔炎が注目されています。

1-3.蓄膿症と口臭の関係

鼻の病気である蓄膿症が、なぜ口臭と関係があるのでしょうか?蓄膿症が引き起こす口臭は、膿(うみ)の臭いが原因です。鼻と口はつながっているので、口からも 膿(うみ)の臭いが口臭として臭います。

また、蓄膿症の人は鼻が詰(つ)まっているため、口呼吸をしていることが多いでしょう。口呼吸は、口内が乾き、唾液の分泌も減ります。唾液は、口内を清潔に保つ働きをしているため、口内の細菌も増え、口臭の原因となるのです。口臭を気にして病院で診察を受けたところ、蓄膿症だったという人も珍しくありません。