頭痛を緩和する方法

蓄膿症のつらい頭痛を緩和する方法とは?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

蓄膿症による頭痛を緩和する方法をご紹介します。
蓄膿症とは、副鼻腔炎が慢性化した状態です。
蓄膿症が原因で頭痛や吐き気、歯痛などの症状が起こることもあり、放置しておくと中耳炎になる可能性もあります。
場合によっては、発熱や寒気を訴える人も少なくないでしょう。
蓄膿症による頭痛は、もちろん蓄膿症を治療することで改善できます。
しかし、治療の効果が現れるまではつらい思いをすることになるでしょう。

  • 蓄膿症による頭痛の治し方を知りたい
  • 冷やすことで緩和できるのか?

そんな悩みを解決するために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

1.蓄膿症とは?

まずは、蓄膿症とはどのような病気なのかをご紹介します。
そのメカニズムや症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.蓄膿症=慢性副鼻腔炎

風邪が長引いたことで「急性副鼻腔炎」になったことがある人は多いでしょう。
急性副鼻腔炎とは、細菌やウイルスによって副鼻腔の粘膜に炎症が起こり、膿がたまってしまった状態です。
風邪が治っても「いつまでたっても鼻水や鼻詰まりがよくならない」というとき、耳鼻科を受診するとそう診断される人がほとんどでしょう。
副鼻腔は頬、両目の間、額の下にあり、粘膜でおおわれた空洞になっています。
それぞれが鼻の中とつながっているのです。
この部分の炎症が慢性化することを「慢性副鼻腔炎」または「蓄膿症」と言います。

1-2.蓄膿症の原因

蓄膿症の原因は、ほとんどが風邪です。
風邪がきっかけで急性鼻炎になり、症状が3か月以上続くと慢性副鼻腔炎を発症することが多くなります。
鼻水や鼻詰まりなどの症状が長引くと、鼻の粘膜が腫れて鼻腔へ空気が流れにくくなるのです。
そして、分泌物が出て行きにくくなり、副鼻腔に膿や菌がたまってしまいます。
そのほかにも、カビによって副鼻腔炎が起こることもあるのです。
体が健康なときは問題ありませんが、抵抗力が弱くなっているときはカビに感染しやすくなります。

もう一つの原因は好酸球です。好酸球とはご自身の白血球の一種で、これが鼻水の中に多く出てくると粘膜の炎症を起こして副鼻腔炎になります。

1-3.蓄膿症の症状

蓄膿症の症状は鼻水や鼻詰まりだけではありません。
以下のような症状が現れた場合は、蓄膿症を疑いましょう。

  • 息苦しいほど鼻が詰まっている
  • 何度鼻をかんでも鼻水が出てくる
  • 粘り気のある黄色や緑色の鼻水が出る
  • 両頬や目の周囲などが痛む
  • 鼻水が喉まで落ちてくる
  • 鼻詰まりで嗅覚が鈍り、食事の味が分かりにくい
  • 鼻の中から悪臭がする
  • 頭痛

蓄膿症を放置していると、中耳炎や目の痛み、脳膿症や髄膜炎などの合併症を引き起こす場合もあります。
「ただの鼻詰まり」と油断せず、早めに耳鼻科を受診してください。