耳閉感

耳閉感を治したい!…とお悩みの方へ〜原因や対処法3つのポイント〜

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

耳が詰まっている感じがする、音が遠くに感じる…このような症状を「耳閉感(じへいかん)」と呼びます。聞き慣れない言葉ですが「高い場所に登ったり、プールで泳いだりした後になる感覚」といえば思い当たる人は多いでしょう。耳閉感は、継続すると耳鳴りやめまいに発展するケースもあります。耳の病気が原因のこともあるので放置は禁物です。耳閉感の症状や原因、対処法などをご紹介しましょう。

  1. 耳閉感の症状
  2. 耳閉感の原因
  3. 耳閉感の対処法
  4. まとめ

1.耳閉感の症状

「耳閉感(じへいかん)」と聞くと、日常ではなじみのない症状のように感じます。けれども、耳閉感は誰でも体験したことがある症状…といっても過言ではありません。どのような症状なのでしょうか。

  1. 耳の穴が閉まっているような感じで音が遠くに聞こえる。
  2. 耳が詰まっているような感じがする。
  3. 飛行機に乗ったときのような耳がふさがったような感じがする。
  4. プールで耳に水が入ったときのような感じがする。
  5. しゃべると自分の声が耳の中でひびく。

上記のような症状を感じたことがある人は多いでしょう。これらの症状を耳閉感と呼びます。

実は、耳閉感自体は病気ではありません。そのため、耳閉感があってもすぐ元に戻るようなら問題はないのです。けれども、症状が数日間続いたり、何度も繰り返したりするようなら要注意でしょう。

耳閉感だけではなく、耳鳴り・耳の痛み・めまい・頭痛などの症状が現れる人もいます。耳閉感は、耳鼻科系疾患(しっかん)の症状として現れることも多いのです。