耳がかゆい!その原因は耳カビ!? 治療法と予防法を知ろう

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

耳がかゆいとき、耳掃除をするととても気持ちがいいですよね。
しかし、この行為は耳によくないということをご存じでしょうか?
かゆいからと言ってかくことは、さらに症状が悪化してしまうことにつながるのです。
耳のかゆみには、さまざまな原因があります。
なんと、カビが原因になっていることも。
耳のかゆみに困っている人は、まずかゆみの原因を知ることから始めましょう。

  • 耳の中がかゆくて困っている
  • 耳がかゆくなる原因にはどのようなものがあるのか
  • 耳カビについて知りたい

そんな人たちのために、耳がかゆくなる原因と耳カビについてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 耳がかゆくなる原因
  2. 耳カビの原因と治療法
  3. 耳カビを予防する方法
  4. まとめ

1.耳がかゆくなる原因

耳がかゆくなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
自分の症状に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

1-1.耳掃除のしすぎ

耳がかゆくなると耳掃除をして耳の中をかいてしまいがちです。
しかし、耳掃除こそが耳のかゆみを引き起こす原因になっている場合も。
耳掃除をしすぎると、耳の中を傷つける、炎症を起こすなどの症状が出やすくなるでしょう。
その結果、出血や耳だれなどの症状につながり、かゆみを伴う場合もあります。
そうなると余計に耳が気になり、耳掃除をしたり触ったりしてしまい、症状が悪化してしまうのです。

1-2.アレルギー

耳のかゆみは、アレルギーが原因になっている場合もあります。
アレルギー物質として考えられるものには、花粉やハウスダスト、PM2.5などが挙げられるでしょう。
このようなアレルギー物質に耳の粘膜が反応し、赤くなる、腫れる、かゆくなるなどの症状が現れます。

1-3.異物が入る

異物が入ることで耳の中がかゆくなる場合もあります。
たとえば、髪の毛を洗っているときに耳のかゆみを感じるのは、シャンプーなどの成分が混じったお湯が入った可能性が考えられるでしょう。
また、汗が耳の中に入ることでかゆみを感じることもあります。

2.耳カビの原因と治療法

今回は、耳カビが原因で起こるかゆみについてご紹介したいと思います。
耳カビの原因と治療法はどのようなものなのでしょうか。

2-1.正式名称は「外耳道真菌症」

外耳道にカビが生える「外耳道真菌症」を起こす人は意外と多くなっています。
本来、生体にカビが生えることはないのです。
しかし、免疫や防御機能のバランスが崩れたとき、カビが生えることがあります。
耳の構造は湿気がこもりやすくなっており、触りすぎが原因でカビが生えることがあるのです。
外耳道真菌症の主な症状は、以下のとおり。

  • 耳の聞こえが悪くなる
  • 耳汁が出る
  • かゆい
  • 痛い

2-2.耳カビの原因

耳カビの原因として主なものは、耳掃除のしすぎです。
耳を衛生的に保つための耳掃除が、カビの原因になってしまっています。
また、音楽を聴くためのイヤホンが耳カビの原因になる場合もあるのです。
最近のイヤホンは気密性が高く、装着すると耳に栓をすることになります。
性能がよく違和感がないため、長時間イヤホンをつけっぱなしにする人も多いでしょう。
その結果、通気が悪くなり、カビが生えやすい環境になってしまうのです。
日常的にイヤホンを入れる補聴器が原因で、耳カビが発生することもあります。

2-3.耳カビの治療法

耳カビは、繰り返し治療することが必要になります。
1度の治療で終了することは、まずないでしょう。
手術用顕微鏡を使用して、真菌を少しずつ取り除いていくことになります。
ただ、慎重に治療をすすめなければ、カビが勢いを取り戻し、再び大繁殖してしまうことも。
普段から耳を触らないように注意して過ごすことを心がけ、繰り返し通院して根気よく治していくことになるでしょう。

3.耳カビを予防する方法

最後に、耳カビを予防する方法をご紹介します。
普段からどのように気をつけていれば、耳カビを防ぐことができるのでしょうか。

3-1.正しい耳かきの方法を身につける

耳カビは耳掃除のしすぎや間違った耳掃除が原因で起こることが多いため、予防するには正しい耳掃除の方法を身につける必要があります。
そもそも耳あかは、耳あか腺が分泌する皮脂にほこりや古い皮膚がくっついたものです。
耳あか腺は耳の入り口から鼓膜までの間にあり、一番耳あかがたまりやすいのは、耳の入り口から1cmくらいの場所。
つまり、耳掃除をするときは、奥まで入れる必要はないのです。
耳の入り口から1cmくらいの場所を、外に押し出すようにして掃除してください。
耳あかには鼓膜を守る役割もあるため、毎日耳掃除をする必要はありません。
耳掃除の頻度としては、1~2週間に1度くらいのペースで十分なのです。

3-2.耳の中を清潔に保つ

カビは劣悪な環境でこそ繁殖します。
カビが発生、繁殖しないようにするには、耳の中を清潔に保つ必要があるでしょう。
たとえば、シャワーを浴びる際に耳の中に水が入らないようにすること。
むやみに耳を触らないようにすることも大切でしょう。
右利きの人は右耳を、左利きの人は左耳を、無意識に触ってしまいがちです。
そのようなクセがある人は、意識的に耳を触らないよう心がけるようにしてください。
耳を触ってしまうと、そこから雑菌が入り込んでカビの増殖につながってしまいます。
長時間のイヤホン装着も、おすすめできないでしょう。

3-2.症状が軽いうちに徹底的に治療する

耳カビは、放置すればするほど繁殖して症状がひどくなります。
悪化すると、かゆみだけでなく耳の痛みや聞こえにくさが出てくるでしょう。
前述したとおり、耳カビの治療には時間がかかります。
症状が軽いうちに治療を始めることで、完治しやすくなるでしょう。
また、耳カビは再発を繰り返しやすい病気です。
できるだけ早い段階で耳鼻科を受診し、徹底的に治療してもらってください。

4.まとめ

耳のかゆみについてご紹介しました。

  • 耳がかゆくなる原因
  • 耳カビの原因と治療法
  • 耳カビを予防する方法

「耳のかゆみに困っている」「耳カビの原因や治療法について知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。