聴覚を回復するための方法

聴覚を回復するための方法~聴覚が衰える原因や対処法について~

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

年を取るたびに「聴覚」の衰えを感じることがあります。
言葉が聞き取りにくい、聞き直すことが多くなったなど、会話に支障をきたすこともあるでしょう。
コミュニケーションを取るためには大切な耳です。
いったいどうすれば聴覚が回復するのでしょうか。
聴覚の回復方法や音が聞こえにくくなる原因、治療法について詳しく説明します。
聴覚の回復方法を知りたい人は、ぜひチェックしてください。

目次

  1. 聴覚の回復方法
  2. 音が聞こえにくくなる原因
  3. 聴覚の衰えを改善する治療法
  4. まとめ

1.聴覚の回復方法

加齢によって衰えてしまった聴覚の回復方法について説明します。
どのような回復方法があるのか、チェックしていきましょう。
聴覚の衰えで悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。

1‐1.補聴器を利用する

聴覚が衰えてくると会話もスムーズにできなくなります。
人とコミュニケーションを取ることができなくなるのはとても悲しいことです。
そこで、聴覚の回復方法としておすすめしたいのが「補聴器」になります。
加齢からくる聴覚はなかなか回復ができません。
長期的な視野で考えなければすぐに聞き取りやすくならないため、補聴器の利用をおすすめします。
補聴器はすぐに周囲の声が聞こえるようになりますが、自分の力で回復したとはいえません。
補聴器をつけなければ言葉を聞き取ることができなくなるでしょう。
そのため、補聴器は最終手段として考えた方が良いです。
いろいろな方法を試してみても回復できなかったときに補聴器の利用を考えましょう。

1‐2.薬で聴覚を回復する

「薬」を利用して聴覚が回復できます。
海外の医学団体によると、薬を使うことで有毛細胞の再生ができたという報告がありました。
一般的な聴覚の衰えは、内耳の中にある有毛細胞の衰えが原因になっているといわれています。
人間の有毛細胞は自力で再生できません。
そのため、薬剤を投与して再生を促すのです。
また、急に聞こえづらくなる突発性難聴の場合はステロイド系の薬剤を使うこともあるでしょう。
難聴の状態によって投与する薬剤も異なります。
副作用の危険性がある薬もあるので使う前にしっかり説明を聞いてくださいね。自分で判断してはいけません。
必ず耳鼻科で検査を受け、適切な薬を使いましょう。

1‐3.脳トレで聴覚を回復する

脳と耳はつながっています。
聴覚を回復するには「脳トレ」も効果的だといわれているのをご存じでしょうか。
実際、聴覚テストを実施したノースウェスタン大学では、1日1時間の聴覚テストをした人たちの聴力が回復しました。
脳トレによる聴覚回復の研究結果も出てきているのです。
衰えによる聴覚がまだ軽症の場合は、脳トレが効果的になるでしょう。
似ている言葉の聞き取りや瞬発力を養う聴覚テスト、トレーニングをできるだけ毎日続けてください。
インターネットの通販サイトでは、聴覚トレーニング専用のCDが発売しているのでチェックしてみると良いでしょう。
リハビリテーション病院や脳神経などでは実際に実施しているところもあります。
毎日の生活に脳トレトレーニングを取り入れてくださいね。