鼓膜

鼓膜が破れる4つの原因とは? 対処法とともにご紹介しましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

私たちの耳が聞こえるのは、「鼓膜」という器官があるからです。
膜という名前のとおり薄いものですから、何かの拍子に破れることも珍しくありません。
そこで、今回は鼓膜が破れる原因と対処法についてご紹介します。
鼓膜が破れると耳が一生聞こえなくなる、と思っている方もいるでしょう。
しかし、鼓膜が破れても慌てることはありません。
でも、そのまま放っておいてもよくないのです。
今回は鼓膜が破れた際の注意点もご紹介しましょう。
興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 鼓膜の役割とは?
  2. 鼓膜が破れる原因とは?
  3. 鼓膜が破れるとどうなるの?
  4. 鼓膜が破れた場合の治療法とは?
  5. おわりに

1.鼓膜の役割とは?

鼓膜は、外耳(耳の穴)と内耳を隔(へだ)てている器官です。
薄い膜状をしており、外耳がから入ってきた音を振動として受け止め、内耳に伝える役目を担(にな)っています。
また、鼓膜は内耳と外耳の空気圧が同じときはピンと張っていますが、空気圧のバランスが崩れるとどちらかへ大きくへこむでしょう。
トンネルの中に入ったり、飛行機が離陸したりする際に耳が痛くなるのは鼓膜がへこむからなのですね。
また、鼓膜の厚さは約0.1ミリしかありません。
ですから、私たちが思っている以上に鼓膜は破れやすいのです。
では、鼓膜が破れる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?
それを次の項でご紹介します。