耳鼻科でCT検査を受けるとわかることは?

耳鼻科でCT検査を受けるとわかることは?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

CT検査というと、肺や胃腸などの内臓を検査する装置というイメージがあります。
しかし、耳鼻科でもCT検査を受けられます。
では、この検査でどのようなことがわかるのでしょうか?
今回は耳鼻科で受けるCT検査についてご紹介します。
CT検査を受けて初めてわかる病気もあります。
耳鼻科に通い続けているけれど今ひとつ症状が良くならないという方や、耳鼻科でCT検査を受けてみたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. CT検査とは?
  2. 耳鼻科でCT検査をするメリットとは?
  3. 耳鼻科でCT検査を行うにはどうしたらいいの?
  4. CT検査を受けられない場合がある人とは?

1.CT検査とは?

この項では、CT検査の仕組みや検査でわかることなどをご紹介していきます。
内臓の検査というイメージが強いCT検査ですが、実際はどうなのでしょうか?

1-1.CT装置の仕組みとは?

CTとは、Computed Tomography の略です。
日本語に訳すとコンピューター断層撮影といい、X線を用いて体の横断図(輪切り)を撮影できます。
人間ドックなどで受けた方も多いでしょう。
現在はコンピューターの進化により立体的な3D画像を作成できます。

1-2.レントゲンとどこが違うの?

X線を用いて体の内部を撮影する、という点ではCTもレントゲンでも同じです。
でも、CTは骨と軟部組織(粘膜や筋肉)の描出にすぐれており、撮影部位を数ミリ単位の断面で画像を作成することも可能です。
つまりレントゲン撮影では見つけられなかった疾患を発見できるのですね。
CT検査は人間ドックなどで用いられる他に、レントゲン検査では疾患の原因がわからなかった場合に用いられることが多いです。

1-3.CT検査で検査できる部位とは?

CT検査は全身に用いることができます。
CTで全身を検査することをCTスキャンとも言いますが、必要があれば頭のてっぺんからつま先まで撮影することが可能です。
頭部や内臓の検査にCTが良く使われる理由は、レントゲンでは発見できない疾患が多いことと、軟部組織が多く、そこに病巣があることも少なくないからです。
もちろん鼻や耳をスキャンすることも可能です。
ただ、CT装置は大型なものが多いので、耳鼻科の専門医院では置いてあるところが少ないのが現状です。