くしゃみが止まらない原因とは? 対処法や予防法をご紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

『くしゃみ』というと、風邪のひき始めというイメージがあります。
しかし、風邪以外にもくしゃみがでる病気があり、しかも場合によってはくしゃみが止まらなくなることもあるのです。
たかがくしゃみ、されどくしゃみ。
止まらないくしゃみは鬱陶しいばかりでなく、体に悪影響を与える可能性もあるのです。
そこで今回は、くしゃみが止まらなくなる原因や対処の仕方・予防法などをご紹介しましょう。
「最近、鼻がしょっちゅうむずむずする」という方や、「一度くしゃみが出だすとなかなか止まらない」という方はぜひ読んでみてくださいね。

1 くしゃみが止まらなくなる原因とは?

くしゃみが止まらなくなる原因は様々ですが、この項では、その中でも代表的なものをご紹介しましょう。
意外なものが原因であることもあるのです。

風邪などで炎症が起きたとき

風邪をひくと、症状のひとつとしてくしゃみが出ます。
これはウィルスを体外へ排出しようとする体の防御反応のひとつで、風邪が治っていくにつれて症状も軽くなっていくでしょう。
部屋が乾燥しているとくしゃみが出やすくなりますので、部屋の湿度にも気を配ることで「くしゃみが止まらなくなる」ということを防ぐことができます。

刺激物質を吸い込んだとき

くしゃみは鼻に異物が入りこんだときの防御反応でもあります。
ですから、ほこりっぽい場所など細かい異物がたくさんある場所に入った場合、くしゃみが止まらなくなることもあるでしょう。
この場合は、その場から離れればくしゃみは収まります。
ほこりっぽい場所に行ったり、大掃除をしたりする場合はマスクを付けるようにしましょう。

アレルギー反応

最近は、アレルギーが原因でくしゃみが止まらなくなる人が増えています。
いわゆる『アレルギー性鼻炎』と診断されるもので、その原因はさまざま。
代表的なのがスギ花粉ですが、ほこりやペットの毛・ハウスダストなどでもアレルギー反応が起こることも多いです。
アレルギー反応が原因の場合は、「アレルギーの原因を取り除かない限りくしゃみが止まらない」ということも少なくなく、日常生活に支障が出る場合もあります。

2 くしゃみを止める方法とは?

くしゃみは生理現象ですから、止めようとして止まるものではありません。
しかし、あまりにも長時間くしゃみが続けば体力も消耗しますし、時と場合によっては他人の迷惑になることもあるでしょう。
そこでこの項では、くしゃみを止める方法をいくつかご紹介します。

薬の投与

アレルギーが原因でくしゃみが止まらなくなる場合は、抗ヒスタミン剤などを飲んだり点鼻したりすることで、くしゃみをおさえることができます。
ただし、このような薬は医師の診察を受けないと処方されません。
くしゃみがなかなか止まらなくて辛い、という場合はまず医師の診察を受けましょう。

原因を除去する

薬などでくしゃみを一時的にとめても根本的な解決にはなりません。
やはり一番大切なのはくしゃみが出る原因の除去です。
そのためには、まず病院を受診し、アレルギーの原因である物質を特定しなくてはなりません。
この場合、受診するのはアレルギー科が最も望ましいですが、くしゃみが止まらない原因がアレルギーなのかどうかわからない場合は、まず耳鼻科を受診しましょう。
原因を除去する方法はいろいろありますが、花粉が原因の場合は『洗濯物を外へ干さない』『外出先から帰ってきたら玄関先で衣服をすべて着替える』などのことをすると効果的です。
ハウスダストやペットの毛の場合は、ペットに服を着せたり、掃除をこまめにするだけでくしゃみが出なくなる場合も多いです。

3 くしゃみを予防する方法とは?

この項では、くしゃみを予防する方法をご紹介していきましょう。
ちょっとした工夫でくしゃみが出なくなるものなんですよ。

部屋の温度や湿度をあげる

これは、風邪が原因でくしゃみが止まらなくなった場合に有効な方法です。
くしゃみは空気が乾燥しすぎていたり、空気が冷たすぎたりしても止まりにくくなるもの。
部屋を暖かくして湿度を一定に保つだけでも、くしゃみが出にくくなります。

部屋を片付けてすみずみまで掃除をする

ハウスダストがくしゃみの原因になっている場合は、こまめな掃除こそ最大の予防法です。
こまめに部屋のすみずみまで掃除をするためには、部屋がすっきりと片付いていることが大切。
服や日常品が出しっぱなしだったり、荷物が床に置きっぱなしという人は、暇を見て片付けていきましょう。
また、ムートンやフェイクファーなど細かい毛が飛び散るものは、くしゃみの原因になります。
ハウスダストアレルギーと診断されたら、クッションなどはできるだけ起毛の少ない物を選んでください。

ストレスをためず、規則正しい生活を心がける

アレルギー性鼻炎の場合は、体の抵抗力が落ちると症状もひどくなりやすいです。
ですから、日頃から規則正しい生活を心がけてストレスを貯めすぎないように注意しましょう。
仕事などで忙しい場合は、休日はゆっくり休むことを心がけてください。
無理をして動き回ると、今までは大丈夫だった場所でもくしゃみが止まりにくくなるかもしれません。

4 病院を受診する際の注意点

花粉症が広く世間に認知されてきたおかげで、くしゃみが止まらない場合は病院を受診する人が増えてきました。
しかし、花粉をはじめとするアレルギー源のおかげでくしゃみが止まらない、という場合、原因の特定が難しいこともあるのです。
そこで、病院を受診する場合は以下のことをまとめておくと良いでしょう。

  • くしゃみが出始めた時期
  • くしゃみが出る場所
  • くしゃみが出る頻度
  • くしゃみと同時に出る症状

これらのことがわかっていれば、医師も原因が特定しやすいでしょう。
なお、花粉症などはある時期に突然発症する場合もあります。
「今まで大丈夫だったから」と思い込むのはやめましょう。
また、前述したようにアレルギーが原因と分っている場合はアレルギー科をいきなり受信しても大丈夫ですが、「アレルギーが原因でくしゃみが止まらないのかどうかまだわからない」という場合はまず耳鼻科を受診しましょう。
また、アレルギーが原因の場合は完治までに長い時間がかかります。
医師の指示をよく守って治療を続けましょう。
「症状が出なくなったから」といって薬を飲むのをやめてしまったりすると、症状が返ってひどくなってぶり返すこともあるのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回はくしゃみが止まらない原因やその対処法をご紹介しました。
まとめると

  • くしゃみが止まらない原因は病気やアレルギーなど様々な原因がある。
  • アレルギー反応でくしゃみが止まらない場合は、その原因を取り除かない限り根本的な解決にはならない。
  • アレルギー物質を特定するためにはまず医師の診察を受けよう。

ということです。
くしゃみは、一回一回は大したことはありませんが、長いこと止まらないと健康や日常生活にも悪影響が出てきます。
「長時間くしゃみが止まらないことが度々ある」等という場合は、できるだけ早く病院へ行き、原因を特定しましょう。